柔道部

第11回KOBE自他共栄CUP-学生柔道大会 女子初優勝!

3月8日にグリーンアリーナ神戸において第11回KOBE自他共栄CUP-学生柔道大会-が行われた。本大会は、全国から強豪大学が集まり、男子は7人制の体重別団体戦、女子は3人制の体重別団体戦で争われる大会。また、参加チームには、出場資格として「自他共栄の実践」に関するレポート提出が義務付けられており、学生達にとっては良い学習の機会にもなっている大会。

大会結果は、女子が厳しい試合の連続を見事に制し初優勝に輝いた。

女子団体戦は、ヨーロッパ遠征組3名に怪我人を欠く万全なチーム状態ではない中での戦い。初戦こそ3-0の圧勝で勝利したものの2回戦以降は紙一重の戦いをチームワークで制し決勝戦に進出。決勝戦では昨年11月に行われた湊谷杯の決勝戦で敗れている強豪の淑徳大との再戦。試合は、先鋒で主将の田中千暁(営3)が勝利した1点を、中堅の原田千賀子(営1)、大将の尾崎恵里奈(文2)が守り切り、1-0でリベンジとなる初優勝を果たした。

龍大を含めどの強豪大学も合宿続きの万全ではない中であったが、その中でもまずは個々がしっかりと気持ちを作りチームワークで初優勝に繋げられたことは大きい。まだまだ課題も多く見えたが、今後の更なる活躍が期待できる。

2image

ページの先頭へ

ページの先頭へ