柔道部

女子は優勝。男子は連覇逃す2位。

5月1日に京都産業大学第2体育館で行なわれた京都学生柔道優勝大会。

関西学生大会の前哨戦となる今大会。

女子はリーグ戦を5戦全勝で制し、6年ぶり3回目の優勝を飾った。

3人制の無差別で行なわれた女子は、リーグ最終戦で6連覇を狙う立命館大学と対戦し、1-1としながらも内容勝ちした。

先鋒の三山(法3)が1本勝ちし流れを作ると、中堅の武智(文4)が中盤にポイントを奪われ追う苦しい展開となったが果敢に攻め続け終盤に相手への反則で追いつき引き分け。この執念での引き分けが効き、1-1ながらも内容で上回り、優勝を果たした。

男子は7人制の無差別において行なわれ、昨年と同じ顔合わせとなった決勝は同志社大学に2-3で敗退し、連覇そして男女アベックでの優勝を逃した。

ページの先頭へ

ページの先頭へ