柔道部

京都学生大会 女子が全勝で優勝!!

5月3日/京都学生柔道大会/於 京都産業大学第二体育館

 

今大会、男子は体重無差別による7人制の団体戦、女子は体重無差別による3人制の団体戦。男子は決勝で同志社大に昨年の借りを返され準優勝、女子は3戦全勝で優勝に輝いた。

image1

<男子>

予選リーグ1試合目の相手は京都産業大学。上級生が活躍し5-2で勝利。2試合目は明治国際医療大学。1年生を多く起用するも5-1で勝利し予選リーグを通過。迎えた決勝の相手は昨年と同じ同志社大学。昨年は代表戦で勝利した相手。屈辱に燃える相手に対し、先鋒、次鋒と拮抗した試合展開が続き、引き分けに終わる。五将戦で登場したのは4年生の佐藤(済4)。試合開始から積極的な柔道を展開すると中盤に技ありを奪取。その後も勢いを落とすことなく立て続けに技ありを奪い合技の一本勝ち。4年生の意地を見せる貴重な先取点を挙げる。中堅は引き分けに終わり、迎えた三将戦は昨年代表戦で勝利した福迫(済4)。ここで勝利し優勝に一気に近づきたいところだったが、相手に柔道をさせてもらえず合技の一本負け。痛い1敗で1-1のタイに戻されると、副将の松本(文3)も嫌な流れを止めることが出来ず反則負けで一気に逆転される。最後に勝負を託されたのは1年生の木村(済1)。試合開始から積極的に前に出続けるが、中々勝負をさせてもらえない。終盤になり、相手に立て続けに指導2が入るも試合終了。昨年の借りを返される、悔しい準優勝に終わった。

 

<女子>

リーグ初戦の相手は京都産業大学。チームの先陣を任されたのは1年生の池田(法1)。中盤に内股で技ありを奪い勝利。チームに流れを作ると、中堅は大学デビュー戦となった2年生の小柳(営2)。試合開始からテンポ良く攻め込み、払い腰で一本。怪我から復帰した小柳がデビュー戦を飾ると、チームも3-0で危なげなく勝利。2試合目の相手は立命館大学。先鋒の角谷(営2)が決めきれずに引き分けに終わる。中堅の児島(文4)は、同じ重量級の選手を相手に積極的な柔道を展開するも中々ポイントに繋がらない。終盤、逆に組み手の対応が遅れ、腹ばいから崩されるとまさかの技ありポイントを奪われる。残り時間も少なくそのまま試合終了。リードを許し、大将戦を迎える。大将は皇后盃出場の小林(法3)。試合開始から果敢に攻め込みペースを作ると最後は体落としを豪快に決めて一本。自信に満ちた戦いぶりで、チームを逆転の勝利に導く。3試合目は明治国際医療大学。先鋒の角谷が引き分けに終わると、中堅は児島。立命館戦でのミスを取り戻す戦いぶりで、相手の重量級エースから技ありを奪い勝利。最後は小林。ここも重量級を相手にしっかりとポイントを奪い勝利。2-0で危なげなくチームの勝利を決め、3戦全勝で2年連続の優勝を飾った。

image2

ページの先頭へ

ページの先頭へ