柔道部

【女子柔道部】グランプリ・チュニス 田中芽生 銅メダル!!

1月19~21日、チュニジアにてグランプリ・チュニスが開催された。
この大会に、田中芽生(法3)が日本代表として出場し、銅メダルを獲得した。

芽生1

【初めて日の丸】
初めて日の丸を背負い、国際舞台に立った田中。
初戦の相手はスロベニア選手。初の国際大会、そして今年からルールが改正され、初めて施行される新ルールの下での初の大会。そうした中、慎重な立ち上がりが想定されたが、序盤から積極的に足技を繰り出し攻めていく田中。しかし、中々ポイントに繋げることが出来ないまま本戦の4分間が終了。そして、GSの延長戦に突入すると、2分52秒に担ぎ技が決まり技ありポイント、まずは心配された初戦を突破した。

【リオオリンピック銀メダリストに勝利】
しかし、次に待ち受ける2回戦の相手は、第1シードでリオオリンピック銀メダリストの韓国選手。厳しい組み合わせであったが、「やりがいのある場所に入ったと思っていた」と語った田中。試合開始から激しい技の応酬が続く。相手の技に危ない場面もあったが、しっかりと対応し凌いでいくと、本戦終了間際に燕返しで相手を横倒しに。ポイントかと思われたが、僅かにポイントには至らない。そして、延長戦に入ってからも粘り強く戦うと、2分43秒に相手の技を切り返して執念の技あり奪取。最後まで気持ちを切らさず強気で戦った田中がオリンピックメダリストから殊勲を挙げた。
その後は、3回戦でウズベキスタン選手と対戦。ここも延長戦に突入するが3分52秒に絞め技による一本勝ちで準決勝に勝ち進む。

【一瞬の隙で敗戦も敗者復活戦で銅メダル獲得】
迎えた準決勝の相手はルーマニア選手。序盤から田中のペースで試合が進むが、中々ポイントには繋がらない。そして、本戦終了も残り10秒。「また延長戦かと思って一瞬気が緩んだ」と語った田中。その一瞬の隙を突かれ、足技でまさかの一本を奪われ試合終了。負けなくて良い相手だっただけに、一瞬の気の緩みがもたらした、悔やんでも悔やみきれない一戦となった。
そして、気持ちを切りかえ臨んだ3位決定戦では、スペイン選手と対戦。この試合も強豪選手を相手に粘り強く戦い延長戦に突入。ここは、準決勝と同じ過ちを犯すまいと集中力を切らすことなく、延長戦開始直後の16秒に小外刈りによる技ありポイントを奪い試合終了。全試合を粘り強く戦った田中が、自身初の国際大会で、見事銅メダルを獲得した。

<田中芽生選手:コメント>
「今回、私は初めて国際大会に出場させて頂きました。会場の独特な雰囲気や、経験したことのない新ルールということもあり、日本とはまた違う緊張感がありましたが、自分らしく強気な柔道ができたと思います。結果は3位で、優勝はできませんでしたが、とても良い経験ができました。今回出た課題を見つめ直し、またチャンスを頂けるのであれば、次は優勝して帰ってきたいと思います。」
芽生3

【女子柔道部】オーストリアでの国際合宿に参加!!

1月8~11日、オーストリアのミッタージル国際合宿が開催された。
この合宿に、2020東京も視野にした期待の若手選手の一人として武田亮子(営1)が日本代表の一員として参加した。

冬の寒さが厳しいオーストリアのミッタージルにおいて行われた国際合宿。
世界各国から沢山の国が集まる中、日本は4日間の日程で、午前・午後と実践中心の練習を行った。海外のトップ選手やオリンピックメダリストも参加している中、武田も臆することなく積極的に取り組み、充実した内容で無事に合宿を終えることが出来た。

1月19~21日にチュニジアで開催されるグランプリ・チュニスに向け、14日に日本を発った日本代表の田中芽生(法3)など、2018年の戦いをスタートさせている女子柔道部。
今年も世界を股にかけて勝負する彼女達の熱い戦いに、皆様からの温かいご声援をよろしくお願い致します。

武田合宿

武田合宿3

武田合宿2

<武田亮子選手:コメント>
「今回のミッタージル合宿では、普段する事の出来ないシニアのレベルの海外選手と練習する事が出来ました。今の自分の柔道がどこまで通用するかを試せる練習ができ、自分の良さやまた新しい課題を見つける事が出来ました。強い選手とも練習をする事ができ、学ぶことの多い合宿となりました。この経験を活かし更に自分を磨いて、世界で勝てる選手になりたいと思います。」

【女子柔道部】アジアオープン香港2017 小林幸奈 金メダル!!

12月9・10日、香港にてアジアオープン香港2017が開催された。この大会に派遣された小林(法2)が女子70㎏級で金メダルに輝いた。

初戦の韓国選手が計量失格で2回戦へ。2回戦の相手は第1シードのオーストラリア選手。
初の国際舞台、慣れない海外選手を相手に試合開始から様子をうかがう場面が多く見られ本戦の4分が終了。そこからGS(延長戦)に入ると徐々に相手の柔道にも慣れ出し2分50秒に体落としで技ありを奪い勝負を決める。迎えた準決勝はモンゴルの選手。変則な柔道にも落ち着いて対応し、3分26秒に見事な払腰で一本を奪い決勝戦の畳へ。決勝の相手はフィリピンの選手。ここもしっかりと相手の柔道に対応し、小林が主導権を握ると、2分過ぎから相手に指導が入り始め、3分52秒に相手に3個目の指導が入り反則勝ち。初の海外の地で見事表彰台の真ん中に立った。

<小林幸奈選手:コメント>
「まず、初めての国際大会で優勝することができて良かったです。外国の選手は、日本の選手と違って、やりづらい所もありましたが、自分なりに対応し、試合が出来たと思います。今回の試合で、今年の試合は終わり、良い形で終わらすことができたので良かったです。ここから来年に向け、取り組んでいきたいです。」
小林2

小林
優勝した小林(法2)(左から二人目)

【柔道部】 アジア女王に輝いた小林選手にインタビュー

12月9,10日に開催されたアジアオープン香港2017に小林(法2)が出場。初めての国際大会にも関わらず海外の相手に引けを取らない柔道で勝利を重ね見事優勝に輝き金メダルを手にした。
今回、小林選手にアジアオープン香港に出場したことについていくつか質問させていただいた。

今大会に望む上でどのようなことを意識して試合に臨みましたか

国際大会に出場することが初めてで海外の選手の柔道にどうのように対応していくかの対策を先生と共に考えました。また、試合を楽しむことを大事にして試合に臨みました。

監督には具体的にどのようなアドバイスをもらいましたか

海外の選手は組手などで変形の選手が多いと聞いたので、相手選手がどう動いたらどのような対応をすればいいのかを教えて頂きました。

優勝した瞬間の気持ちを教えください

素直にとても嬉しかったです。国際大会で優勝すると言う経験がなかなか出来ないので今までにない嬉しさがありました。自分の良いところを出せて優勝が出来たのでとても良かったという気持ちも強かったです。

今回の大会の中で一番良く出来た試合はどの試合ですか

一番良く出来た試合は準々決勝のモンゴルの選手が相手の試合です。しっかりと掴んですぐさま技で投げることが出来ました。全体を通してこの試合だけ一本勝ち出来たのでとても良かったです。

来年に向けての豊富を教えてください

今年はケガから復帰して一年目で国際大会や全国大会など色々な経験が出来たので、この経験を来年に活かして良い成績を残せるように頑張りたいです。

今年を金メダルで締めくくった小林。この経験は来年に繋がるに違いない。龍大女子柔道部の中心選手として活躍していく小林に目が離せない。

IMG_5238
【アジアチャンピオンに輝いた小林選手】

【小林 幸奈選手 プロフィール】

生年月日 1997年10月14日

学部 法学部2年生

出身高校 三浦学苑高校

(龍魂編集室 記事/写真 尾﨑 愛斗)
龍魂編集室に興味のある方は
Tokoton-ryukon@hotmail.comまで!!

4/311345631

ページの先頭へ

ページの先頭へ