柔道部

【柔道部】 全日本団体 女子3位入賞!!

6月2425日、日本武道館において全日本柔道優勝大会(男子66回、女子26)が行われた。男子は一回戦敗退。女子は強豪帝京大を下し準決勝まで駒を進めた。昨年優勝校である山梨学院大を迎え1―2で敗れる。選手皆悔しさに目に涙を滲ませた。が、龍大は二年越しに見事3位入賞を果たした。

 

 

[男子]

  昨年ベスト8明治大との一回戦。先鋒は宮ケ原(文4)、相手の攻撃に苦しむも食らいつくが敗れる。次鋒の山本(法3)は足を出し、技を仕掛けていくも指導3の反則により敗れる。五将の横山(文2)は序盤から激しい戦いを見せる。しかし一本を取られ負けを喫する。中堅の福迫(済3)は自身より大きい相手の上からの攻めに手古摺る。足を積極的に出し自分のペースに引き寄せようとするが抑え込み一本で敗れてしまう。

 もう軍配が決まったがなんとか流れを変え一勝挙げたい。三将で登場したのは木村(文3)。釣り手争いの激しい一戦となった。相手の力に押される場面もあったが屈せず攻め込む。時間切れで引き分けとなった。副将を任されたのは「一矢報いる気持ちで臨んだ」と語った龍大男子柔道部主将の小川(国3)。互いに譲らず序盤から激しい展開となった。しかし小川が主将としての意地をみせ、小内巻込による一本で見事勝利を収めた。大将に出場したのは大西(4年)、最後まで粘るも一本で敗れてしまう。1―5で一回戦敗退となる。

 

写真1【主将の意地を見せた小川】

 

〈小川主将:コメント〉

「一人ひとりの対戦相手とのちょっとした差が大きな差となった。自分は副将で前が負けてきていたのでやってやろう、という気持ちだった。チームの雰囲気は今日に向けて練習の時からとてもよかった。仲が良いところが龍大チームの良いところなので全員で良い感じで試合に臨めた。これからは仲良いだけではなく闘争心を大事に練習等取り組んでいきたい」

 

[女子]

  女子一回戦は帝京科学大。次鋒の黒木(営2)と中堅の米澤(文3)の勝ち点により2―0で勝利。

 二回戦に福岡大を迎える。先鋒は黒木、序盤から試合のペースを握り攻めていく。両者指導1を取り拮抗した試合展開となり、時間切れで引き分け。次鋒の中内(1年)は積極的に攻め込み試合をリード。抑え込みに持ち込み一本で勝利。中堅は米澤、開始早々仕掛けていく。拮抗した展開を見せるも抑え込み一本で勝利。副将の冨田(国2)は寝技に持ち込もうと仕掛けるも解かれ拮抗する。タイムアップで引き分けとなる。大将の小林(法2)は技仕掛けていくもなかなか決まらず引き分けとなる。2回戦を見事突破準々決勝に駒を進める。

 準々決勝は昨年今大会3位の強豪帝京大を迎えた。先鋒は黒木と次鋒の中内が惜しくも引き分けに終わる。流れを変えたい場面、中堅を任されたのは冨田。相手の勢いある柔道に冨田も負けてはいなかった。互いに譲らず拮抗が続くが冨田が内股すかしで技ありのポイントを取り勝利。龍大に流れを引き寄せた、次に龍大が勝利を収めればこの一戦龍大に軍配が上がる。副将の米澤が後に続く。相手が指導2を取り米澤に有利な試合となる。米澤の裏技による技ありで龍大チームが歓喜に湧いた。2―0で迎えた大将戦、任されたのは児島(文3)。積極的に技を出していくも払い腰の一本を取られ敗れる。帝京戦2―1で見事龍大が勝利した。

 準決勝は昨年優勝校の山梨学院大。先鋒黒木は攻めの姿勢を崩さず相手にペースを譲らない。しかし大内刈の技ありを許してしまい敗れる。次鋒の出村(1年)が小外刈の一本により負けを喫する。中堅で登場したのは冨田、相手の素早い攻撃に対処するも大内刈の技ありで敗れる。副将を任されたのは米澤、自身より大きい相手の上からの釣り手に苦戦。しかし内股返の技ありで勝利を収める。大将の小林は上四方固による一本で敗れる。山梨学院大戦は1―4で負けを喫する。選手皆悔しさで目に涙を滲ませた。

 

写真2【技を掛ける冨田】

 

写真4【3位入賞を果たした選手達】

 

写真3【優秀選手賞に選ばれた米澤】

 

〈米澤:コメント〉

「初戦から自分たちにとって楽じゃない相手との闘いを突破して次につなげられたのはよかった。帝京戦では一つの山場だった。春休みの合宿で帝京のレベルをとても感じていたが、そんなことは関係ない。向こうに圧倒はされていなかった。山梨学院線では準決勝ということもあってチーム全体に緊張の雰囲気が生まれてしまった。皆がリラックスできるように自分がもっと声掛けしていけたらよかった。結果3位で悔しい、練習は量ではなく質だと改めて気づかされた。強豪相手にただ頑張っているだけではいけない」

 

〈堀田監督:コメント〉

(男子)明治大は優勝候補だったので強いのは分かっていた。その中で自分たちのやってきたものをしっかり出していけという話をして臨んだ。前で負けていた分一矢報いたいとこでキャプテンが意地出して勝ってくれたのは大きかった。(女子)まずは自分たちで立てた最低限の達成はしたのでよく頑張った。二年前3位になった時は満足感があったが、今回はここで負けて悔しいという気持ちしかないので…ここからですね。正直準決勝ももっとやれたと思う。流れを立て直せないという部分ではまだまだ課題が残る。収穫と課題がある大会だった。近いうち超えます。必ず、来年」

 

(龍魂編集室 記事/写真 関真由子)

【柔道部】オーストリアジュニア国際大会で武田選手が銅メダル!!

6月3・4日、オーストリア・ライプニッツにおいてオーストリアジュニア国際大会が行われた。本学からは、武田亮子(営1)が女子52㎏級の日本代表に選出され出場を果たした。結果は、金メダルにこそ届かなかったが、見事銅メダルを獲得した。

 

大学入学後初となる国際大会。

また、怪我を抱え練習が積めない中で大会に挑むことになった武田。

 

初戦の相手はロシア選手。怪我の影響からか動きに硬さが見られたが、序盤から相手を攻め立て担ぎ技で技ありを奪い優勢勝ち。無事に初戦を勝ち抜いたように思われたが、ここでもまさかのアクシデントに見舞われる。試合中盤に手を巻き込まれ更に別の部位を負傷。思わぬ所で更なる怪我に見舞われ暗雲が立ち込める。その後は、負傷した部位をテーピングでがっちりと固め2回戦からの畳に立つも、3回戦でカザフスタンの選手に技ありを奪われ敗退。怪我により道着をまともに握れない苦しい状況の中、なかなか本来のテンポの良い柔道が出来ずに、敗者復活戦に回ることに。

しかし、ここで吹っ切れたのか、ここから無駄な力の抜けた素晴らしい柔道を展開する。敗者復活戦の2試合を見事な投げ技で一本を奪い勝ち抜けると銅メダルを掛けた3位決定戦の畳に上がる。「何としてでもメダルだけは取って帰る」と強い気持ちで挑んだ武田。序盤からスペイン選手を圧倒し、最後は得意の背負い投げで見事一本勝ちを奪い、銅メダルに輝いた。

 

日本を発つ前から怪我でまともな練習がままならず、更に試合中の怪我と思い通りにはいかない苦しい中で勝ち取った3位には、また学ぶものがあったはず。

大学生活をスタートさせたばかりの武田。

高校時代から世界を相手に輝かしい成績を残してきたが、まだまだ発展途上の18歳。

世界一を見据える彼女には、今回の経験は必ず活きてくるだろう。

 

現在、日本の女子52㎏級はチャンスの多い階級。

2020年東京五輪、そしてその先を見据え、日本期待の若手選手の一人であることは間違いない。ここからの彼女の更なる成長と活躍を追いかけ続けたい。

 

また、同大会の女子57㎏級に派遣予定だった本学の村井惟衣(法2)は、残念ながら怪我により欠場となった。

 

<武田亮子選手のコメント>

「今回の大会は大学生になって初めての国際大会で優勝しようと戦ったのですが、3位という悔しい結果になりました。私はこの大会を終えて、どんな状況になっても戦える選手、しっかりとポイントを取れる選手になろうと思いました。これからが本当の戦いだと思うので、一つひとつの経験や練習を大切にして頑張りたいと思います。」

 

写真44

写真45

写真46

【柔道部】男女共に全日本大会の出場権を掴む

 

5月21日、ベイコム総合体育館において第25回関西学生女子柔道優勝大会、第67回関西学生柔道優勝大会が行われた。今大会男子は7人制のトーナメント戦、女子は5人制のリーグ戦。男子は強敵天理大に敗れるも3位入賞。女子は5戦全勝で優勝に輝き男女共に全日本大会への出場権を得た。

〈男子〉

一回戦の相手は大阪産業大学。先鋒を任されたのは宮ノ原(文4)。落ち着いた試合展開を見せ、相手が指導を3つ受け反則勝ちで勝利。次鋒は山本(法3)。果敢に足を出し技を掛けていく。中盤になり怪我している足を相手に集中的に攻撃されるも必死に攻め続け引き分けに終わる。五将は赤尾(文2)。相手の動きになかなか対応することができず厳しい試合となるも、引き分けに終る。中堅は福迫(済3)。しっかりと袖をつかみ相手に思うように技を掛けさせない。中盤に入り相手が指導を3つ受け反則勝ちとなる。三将は木村(文3)。序盤から激しい攻め合いを繰り広げ、中盤になっても互いの攻めはさらに激しさを増し両者一歩も引かない。しかし、終盤になり押され気味になり指導を3つ受け惜しくも反則負けに喫する。副将は小川(国4)。力強い攻めで技ありを取る。さらに相手を追い込んでいき寝技からの一本勝ちを決める。大将は大西(4年)。釣り手の奪い合いを繰り広げ、均衡した試合を見せる。相手の隙を攻めるも引き分けに終わり一回戦を31で大産大を倒す。迎えた二回戦、相手はここ数年連続で優勝している強敵天理大学。先鋒には宮ノ原。体格が大きい相手に思うように攻めきれず、技ありを取られてしまう。巻き返そうとするも寝技からの一本負けとなる。次鋒は木村。力負けし押され気味な試合展開となり、悔しくも寝技からの一本負けを喫する。五将の大西は、流れを変えようと技を掛けるも、相手の隙をうまく攻め切ることができない。終盤になり指導を3つもらい悔しい判定負けとなる。中堅には小川。冷静に相手の動きをみつつ技を仕掛けるも、一本負けとなる。三将の福迫は、激しい攻め合いの末、技ありを取られてしまう。両者一歩引かない均衡した試合となる中、相手に指導が3つ与えられ貴重な反則勝ちを決める。このまま龍大のペースに持ってこようと副将に登場した横山(文2)は、積極的に技を仕掛ける。前にいけという龍大の声援に相手より先に先に攻める。相手に指導が2つ与えられ有利な流れになるもあと一歩及ばず引き分けとなる。大将の赤尾は、体格の大きい相手に寝技に持ち込まれる。必死にほどこうとするもほどくことができないまま寝技からの一本負けに喫する。1-5と残念ながら勝つことができなかったものの、3位という素晴らしい結果をきめ全日本行きを決めた。

 柔道 写真1

【写真 攻める福迫】

 

〈女子〉

 初戦の相手は武庫川女子大学。先鋒は出村(1年)。始め緊張もあり動きが硬かったものの、徐々に自分のペースを取り戻し、本来の攻めの柔道をするも引き分けとなる。次鋒は中内(1年)。相手の奥襟をしっかりつかみ一本勝ちを決める。中堅は米澤(文3)。軽快な動きで相手を翻弄し、技ありを決め勝利。冨田(国2)は、引き分けとなり、大将の児島(文3)も寝技からの一本を決め安定した強さを魅せる。初戦を3-0で勝利し、二回戦の相手は大阪体育大学。先鋒の出村は序盤に技ありを決め有利に試合を進め技ありで勝利。次鋒の中内も相手の激しい攻めに序盤苦戦するもしっかり対応し終盤に一本勝ちを決める。中堅には冨田。いきなり技ありを決め、相手をさらに追い込んでいき一本勝ちを決める。副将の米澤は、均衡した攻め合いの末、終盤に一本を決め勝利となる。大将の小林(法2)は、じっくりと自分の間合いで技を出していくも引き分けに終わり大体大に4-0で勝利。三回戦の相手は天理大学。先鋒の武田(営1)は、しつかりと自分の役目を果たし一本勝ちをきめる。次鋒には出村。技をなかなか最後まで決めきることができなかったものの、終盤に技ありを決め勝利。中堅の冨田は、序盤から圧倒した攻めを魅せつけ一本勝ちを決める。副将の米澤、大将の小林ともに一本勝ちを収め5-0で圧勝する。4回戦の相手は強敵立命館。先鋒には出村。足を使っていけという龍大の声援に素早い動きで相手を翻弄するも引き分けに終わる。次鋒は中内。釣り手の奪い合いを制し技ありをとる。相手の攻めを冷静に対応しそのまま技ありで勝利を決める。中堅の冨田は、袖をしっかりつかみ技ありを先取、最後まで集中力を切らさず技あり勝ちを決まる。副将の米澤は、序盤に相手の指が目にはいるというアクシデントにあうが、攻めの姿勢を崩すことなく引き分けとなる。大将の児島は始めから声をだし自分を奮い立たす。技を互い出すことができないまま引き分けとなり、2-0で強敵立命館を倒す。最終戦の相手近畿大学にも3-0で勝利し、5戦5勝と龍大の力を関西に魅せ付ける結果となり見事優勝を飾る。この結果により男子とともに全日本大会の出場権を得た。

 柔道 写真2

【写真 全日本大会行きを決めた龍大柔道部】

 

〈福迫 コメント〉

「組み手で前に出ること、自分でペースを作ることを意識していて一回戦ではそれをすることが出来たが、投げ切ることが出来ずポイントがとれなかったことは改善していく所だと思った。二回戦では前の4人が負けてしまい団体としては負けが決まってしまったが、

相手が同じ階級だったので次につながる試合をしようと思った」

〈小川主将 コメント〉

「一回戦の大産大が一番の勝負所でそこに勝って天理大への挑戦権を得たことが1つの良かったことだった。天理大は強い相手だが全国で見れば上位に入らないチームなのでもう少し勝負出来たらよかった。事前に準備していたことが1回戦で出せたのでよかったが、二回戦で天理大相手に実力の差を感じたのでまだまだ力不足だという事を感じた。全国に向けてチームをもう一度作り直してバスト8以上を目指したい」

〈山田主将 コメント〉

「ベスト8以上を目標にやってきたのでその目標を上回る優勝ができたのでよかった。全国でも上位を目指して頑張りたい」

〈冨田 コメント〉

「最後の近大の試合で疲れが溜まっていた中しっかりと一本を取り切れたことが良かった。ここで優勝を決めたのでこの調子で団結力を高めて全国大会に挑みたい」

〈堀田監督 コメント〉

「前半の大きな大会でよく頑張った。男子は11歩のチームなのでここからまた全日本に向けて調整してまたその後の夏、秋に向けても良くしていきたい。女子は誰一人負けることなくチームとして勝てたことが良かった。直前に主力の選手に怪我人が出てしまい思い切って1年生を使ったが1年生がよく頑張ってくれた。全国に向けて勝てる所は勝てれるように修正していきたい」

 

(龍魂編集室 記事/尾崎愛斗 写真/伊瀬健太)

【柔道部】全日本ジュニア 京都府予選 龍大5名優勝!!

5月13日、京都市武道センターにおいて全日本ジュニア柔道体重別選手権大会京都府予選会が行われた。龍大からは男子9名、女子11名と合計20名が出場した

 

男子

 

-100㎏級で出場した横山(文2)は初戦を一本で勝利、二回戦は京産大を迎えた。自分のペースを崩さず技ありから一本で駒を進める。三回戦を技ありで突破し決勝へと勝ち進む。決勝は激しい組手の取り合いになり終始拮抗した試合展開を見せた。相手に技ありのポイントを取られるが冷静に攻める横山は相手の隙を突き一本。見事優勝を収めた。

 

〈横山:コメント〉

「結果的には優勝できたが、自分の欠点や弱点が現れた大会だった。試合中の状況判断であったり、技をかけ返されそうになる所が自分の弱点。自分の弱みを直して関西学生に挑んでいきたい。どんな相手でも勝てるように頑張っていきたい」

 

写真42

【写真 一本を決める横山】

 

女子

 

-48㎏級の有野(文2)は初戦、すぐさま相手を崩し態勢を変え一本を取る。続く二回戦も素早い一本を決め突破。決勝は龍大同士の一戦となる。互いに技を仕掛けていくも拮抗した試合を繰り広げる。GS(いわゆる延長)に入り試合を制したのは有野。優勝を果たす。

 

-52㎏の武田(営1)は一回戦を一本で突破。二回戦を順調に勝ち進み三回戦を迎えた。抑え込み一本で決勝に駒を進める。明治医療大を決勝に迎える。武田の攻める柔道で相手を圧倒しペースを掴む。技ありのポイントで勝利し優勝となる。

 

-57㎏級の出村は立命館を初戦に迎える。技ありから抑え込み一本で勝利。二回戦では龍大同士の互いに手の内が知れた戦いとなる。GSにもつれ込み接戦を見せるがここでは出村の一本により試合を収めた。決勝を見事勝ち抜き優勝を果たす。

 

-70㎏級の冨田(国2)はシードでの登場となった。一回戦、二回戦を抑え込み一本で勝ち進み、決勝へと順調に駒を進める。決勝では龍大同士の戦いとなった。拮抗した試合を見せGSに突入する。冨田に軍配が上がり試合を制した。

写真43

 

【写真 -70㎏級龍大同士の一戦(冨田・小林)】

 

〈有野:コメント〉

「絶対に優勝したい大会だった。一回戦から気を抜かず集中して臨めた。決勝では互いの手の内を知っているので指導で攻め勝つしかないと考えていた。寝技に持っていかれないよう守りきった。近畿大会も優勝を目指して頑張りたい」

 

〈武田:コメント〉

「大学に入学してから二回目の大会出場だった。自分の柔道を全力で出し切る思いでやった。そして次の大会につなげられるように優勝を目指して頑張った。相手にペースを持っていかれないように自分が先手を取るような攻めるスタイルを貫いてきた。次の大会にという想いでやってきた。近畿とつながるが、この先必ず全国で優勝して世界でも通用する選手になりたい」

 

〈出村:コメント〉

「監督からは思い切ってやれと話をした。近畿や全日本は世界に繋がる大会なので結果を残していきたい」

 

〈冨田:コメント〉

「初戦から割と体が思い通り動けていたので調子は良かった。しかし決勝では身内との対決でお互いに分かりあっているだけにやりづらかった。なんとか自分のペースに持ち込み勝つことができた。最後まで集中を切らすことなく試合に臨めた。近畿大会でも優勝を狙っていきたい」

 

(龍魂編集室 記事/関真由子 写真/松本侑香)

 

龍魂編集室に興味のある方は

 

Tokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

 

4/261345626

ページの先頭へ

ページの先頭へ