柔道部

【女子柔道部】強敵淑徳大にあと一歩届かず。悔しい二回戦敗退

10月28日、女子9回全日本学生柔道体重別団体優勝大会がベイコム総合体育館において行われた。関東の強豪相手に奮闘するが2回戦敗退という悔しい結果に終わった。

一回戦の相手は帝京大学。先鋒小林(法2)は、終始攻め続けるが引き分けとなる。
続けて次鋒児島(文3)。自身より体が大きい相手に苦戦を強いられ、引き分けとなる。
五将米澤(文3)も果敢に攻めるが、引き分け。
中堅冨田(国2)は試合中盤、相手に技ありを許してしまう。だが、直後に技を掛け一本を決める。
三将黒木(営2)は開始直後に技ありを2つ取る。その後も自らのペースに持ち込み、技あり勝ちとなる。流れに乗る龍大。
副将には田中(法3)。世界チャンピオンである相手に苦戦を強いられる。「(指導を)貰ってもいいから攻めろ!」と監督からの声に応え、果敢に攻めるが引き分け。
大将武田(営1)は素早い動きで相手を翻弄し技ありを決め、龍大は3-0で二回戦に駒を進めた。

IMG_7044

【一本勝ちをした冨田】

二回戦、相手は淑徳大。先鋒冨田は試合開始20秒で技ありを決める。しかし、残り時間30秒で相手に押さえ込まれ、抜け出そうと奮闘するも叶わず、一本負け。
次鋒の児島も苦しい戦いになり諦めずに戦うが、引き分け。
五将米澤も相手の守りが硬く上手く組手が取れないまま4分が経ち、引き分けとなる。
中堅小林は中盤、技ありを決めたように見えたが、取り消しになり、引き分けとなってしまう。  
三将は黒木、序盤から互いに一歩も退かず両者譲らない戦い。残り時間20秒、黒木が投げたが取り消しになってしまい引き分け。
副将の田中は軽い身のこなしで強気に技を掛けにいく。相手に指導が入るも、引き分けに終わってしまう。   
後がない龍大。先輩の思いを背負い、戦うことになった大将の武田。素早い動きで相手をかわしながら技を掛け続け、相手に指導が入る。残り1分30秒、相手に2つ目の指導が入り、武田の顔に焦りが見え始める。何度も技を掛け、すぐさま立ち上がり、攻め続け技ありを取る。しかし、ブザーが鳴ってしまい終了。結果1-1だが、一本を取っている淑徳大に負けてしまい、2回戦敗退という結果に終わった。

IMG_7428
【技をかける武田】

〈堀田監督〉
「組み合わせから厳しい戦いが想定されていて一試合一試合をしぶとくいくとう所があった。一回戦の帝京大では相手に世界チャンピオンもいながら失点も無く名門に勝ち切れたのでこの勢いで二回戦もいけると思ったが、淑徳大相手に取るべく所で相手に取られたり、チャンスのある場面で取り切れなかった所も多くここらへんが敗因だったと思う。勝負の難しさを実感した。4年生には一試合でも多く一日でも多くやらせてあげられなかったので自分の力不足を感じた」

〈山田主将〉
「後輩たちには龍大は周りの人々に恵まれていて感謝の気持ちを忘れずに柔道を続けられることに感謝して柔道を頑張ってほしい。この一年キャプテンをしてきて人数も多く、後輩たちのレベルも高くて一人ひとりが自分の心を持っているのでまとめ上げることが大変ではあったが、団体戦の後やこの前行われた全日本3位になった時に「山田先輩の代で日本一になりたかった」といってくれる後輩がいたり、自分は団体に出ていなかったのに「表彰状をとりにいってください」と言ってくれる後輩がいたりと後輩たちにとても恵まれていてこの代の主将をすることができて幸せだった」

〈武田選手〉
「大将という一番大切なポジションだった。1回戦は先輩たちが一本を取ってくれ、のびのびと戦うことができたが、2回戦は厳しい状況で戦うことになり、焦ってしまった。来年は、最後まで取り切れる選手になって、龍大が勝てるように頑張りたい。また、次は講道館杯なので優勝できるように頑張りたい」

(龍魂編集室 記事/豊田美帆 写真/ 尾崎愛斗)

龍魂編集室に興味のある方は

Tokoton-ryukon@hotmail.comまで!!

【柔道部】全日本個人 田中芽生 優勝!! 3位入賞2名!

9月30日、10月1日全日本学生柔道体重別選手権大会が日本武道館において行われた。今大会、龍大からは男子100㎏級大西(済4)。女子48㎏級田中(法3)、有野(文2)。52㎏級武田(営1)、57㎏級黒木(営2)、中内(1年)、村井(法2)。63㎏級米澤(文3)、山田(文4)。70㎏級小林(法2)。78㎏級禮堂(法3)。78㎏越級児島(文3)。計12名が出場した。

[1日目]

63㎏級で出場した米澤。1回戦に福岡工業大を迎え、開始早々小外刈の一本を決め幸先の良いスタートを切り2回戦へ駒を進める。
相手となったのは帝京大、技を仕掛けていき終始米澤が攻めるという展開になった。相手の指導3の反則負けにより米澤に軍配が上がる。
3回戦は仙台大との一戦となった。自身より大きい相手に上からの釣り手で責められ苦戦、積極的に足を前に出し寝技に持ち込み抑え込み一本を決め、準決勝へと進む。
準決勝は山梨学院大、序盤から激しい組手となる。相手が動きのある攻めを見せるが米澤も負けてはいなかった。GS(いわゆる延長)に突入、互いに一歩も引かず試合に熱の興奮が増していく。3分が経過し互いの息も上がる。しかしここで米澤に指導2がつき負けてしまう。今大会優勝を目指し戦ってきた米澤にとって悔しい結果となった。だが3位という成績を残し見事講道館杯への切符を掴み取った。

米澤

【一本を決める米澤】

70kg級に出場した小林幸奈。1回戦、開始すぐに東海大の選手から技ありを取る。その後攻められるが、相手に隙をみせず守り切る。
2回戦、平成国際大との一戦。中盤、小林はじりじりと攻め、技ありを獲得する。勢いに乗った小林は技ありをもう一つ取り、相手に圧勝した。
ベスト4が決まる3回戦、相手は国士舘大。小林は自身より大きい選手を相手に苦戦を強いられる。しかし、小林は諦めなかった。終始攻め続け相手に指導。GSに突入すると、隙を見逃さず技ありを取り、準決勝へと駒を進めた。
準決勝戦、またも小林より背が高い環太平洋大選手との一戦となる。自分のペースに持ち込めず、苦戦する。それでも、小林は守り続けた。しかし、審判からは指導を貰ってしまう。小林が攻めに入ったその瞬間を突かれ相手が一本。小林は全国三位を成し遂げた。

小林

【攻めていく小林】

〈米澤夏帆選手:コメント〉
「優勝を目指していたので悔しい。試合を重ねるにつれて課題が明確になってきた。今回は練習しきれてなかった部分が出てしまい3位という結果に終わったと思う。まだまだ自分には足りないものがあると分かった。次の試合に向けてどれだけ足りない部分を埋められるかがカギになってくる。日々の練習の積み重ねが後からついてくるので自分の柔道をして勝てるようにしていきたい」
〈小林選手:コメント〉
「初戦はすぐ技ありを取って良い形に入れたが、その後の守りが雑になってしまったのでそこが課題。2回戦以降は新しい技を試すことができたので大きな収穫だった。準決勝は止めることに精一杯になり、攻撃に繋げることができなかった。背の高い相手にも自分の形にしてから攻めることをどうしたらいいのかを考えて今後の試合に向けて頑張っていきたい。10月に今のチームで挑む最古の団体戦なので、しっかり自分の役割を果たせるように頑張りたい。また、11月の個人戦では今回の反省を生かしていい成績を収めれるよう頑張りたい」

[2日目]

48㎏級で出場したのは田中芽生。1回戦は東海大の選手、勢いのある攻めで終始試合の流れをつかんでいた。相手も抑え込もうと仕掛けてくるも上手く対処しポイントを取らせない。大内刈の技ありで勝利し2回戦に駒を進める。
山梨学院大を迎えた2回戦、激しい試合展開を見せる。田中が積極的に仕掛けていき背負投の技ありのポイントをもらう。試合終了で田中に軍配が上がる。
3回戦は鹿屋体育大との一戦となった。序盤、相手に押される場面を見せるもすぐさま反撃に入る。田中らしい冷静かつ勢いのある柔道を見せ、相手を投げた。ここは背負投技ありのポイントとなり田中がリードする。残り2:30、守りに入らず一本を取りに仕掛けていく。しかしタイムアップ、田中の勝利となり準決勝に進む。
準決勝に迎えたのは埼玉大。試合開始、両者一歩も引かず接戦を繰り広げる。約2分経過、相手に技ありのポイントを取られてしまう。「ここからだ」と、田中を鼓舞する堀田監督や会場の龍大チームの声援が飛ぶ。ラスト30秒、20秒、10秒と試合終了のブザー音のカウントが近づく。ここまでか…と思われたその時、渾身の技ありを決めそのまま抑え込みに入った。相手のもがきを田中は決して許さず、終了のブザー音が鳴り響く。が抑え込みのカウントは続く、20秒が経ち田中の一本勝ちとなった。
遂に全日本の決勝の舞台へと躍り出た。相手に環太平洋大の選手を迎える。「自分はまだ大学に入って全国で成績を残せていない」と語った田中にとって、日本一なるという負けられない戦いが始まった。攻める以外の選択肢無し、冷静さを保ち挑む。1:35を残し寝技に持ち込んでの抑え込み一本で田中の優勝が決まった。畳を降りた田中は堀田監督と熱い握手を交わし日本一の笑顔を見せてくれた。
ヒーローインタビューでは「ここで満足せずこれからも自分の柔道をしていきたい」と語り結果に慢心することなく、すでに「次」を見つめている姿がそこにあった。

田中

【背負い投げをする田中】

田中表彰

【48㎏級優勝 田中芽衣(法3)】

〈田中芽生選手:コメント〉
「柔道を始めて、初めて日本一になれたのでとても嬉しい。準決勝は諦めずに最後まで攻めていったことが勝ちにつながった。大学に入ってから全国での成績を残せていなかったので上位を目指していた。今回優勝して結果を残せたことは本当に良かった。ここで満足せずに次の体重別団体や講道館杯があるのでそれに向けて自分の課題をしっかり行っていきたい。」

〈堀田監督:コメント〉
「田中は初戦から調子が良かった。2回戦の相手優勝候補筆頭の選手に勝ち切れたことは大きい。準決勝もリードされながらも最後まで諦めずに戦って勝てたのでよくやった。決勝では今日の自分を信じてしっかり戦えといって送り出した。今までは気持ちで弱い部分もあって1・2年勝ち切れない所もあったが今日はしっかりやりきった。他の選手もよくやった。もったいない試合も多くて勝ち切れなかった部分もある。それぞれの力は見えたので収穫も課題も多い。この後体重別団体、講道館杯と大きな勝負になってくるのでそこで勝てるようにしていきたい」

(龍魂編集室 記事/写真 関真由子 豊田美帆)

龍魂編集室は現在新入部員を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

【柔道部】2017年台北夏季ユニバーシアード団体戦、日本優勝!!

8月24日、台北において2017夏季ユニバーシアード大会が行われた。この大会は8月20~24日の5日間に渡り行われ、4日目の団体戦で見事女子団体が金メダルに輝いた。

 1回戦、対ルーマニアでは5―0で勝利。次鋒の村井(法2)は技ありからの一本を決めた。2回戦は対イタリアで5―0。村井は技ありのポイントで勝利。準決勝の相手はロシア、4―1で決勝に駒を進める。決勝迎えたのは韓国戦、4―1で女子日本は見事金メダルを掴み取った。

〈村井選手:コメント〉
「優勝を狙ってここまで来たので悔しいという気持ちもあるがメダルを取れたことにまず一安心した。結果を残して帰ってこられたことはこれからの自分の自信になると思う。今回の立ち上がりは序盤相手に攻められた場面もあったが相手の動きを見て自分の技を掛けることができた。初戦が弱いという部分は克服できたと思う。大きな大会だったが思いのほか冷静に戦えている自分がいた。日本に帰ってから堀田監督からメンタルの弱さを突かれた。準決勝最後のシーン抑え込めたのに逃がしてしまったところに弱さが出ていたのだと思う。3位決定戦はここで決めないと帰れないという気持ちで挑み、表彰台に立ちたいという一心で攻めた。3位が決まった時は悔しさもあったが素直に嬉しかった。団体戦では皆日本のトップで戦ってきている選手達なので意識は高く、お互いを刺激しあって高め合えていた。個人戦と違って、自分の負けた一点がチームの負けに繋がるので緊張や責任感は強かった。今回ユニバーシアードで戦って周りの選手を見て自分はまだまだだと感じた。外国人選手は技を掛けたら押し切って決めてくる。自分は体のつくりが弱いことと決めきれない甘さがある。その甘さはこれからの課題になる。自分が海外で経験したことをこれからの練習に生かしてチームに刺激を与えられたら良いと思っている。世界で戦えてトップの選手達を見て、自分もまだまだ上に行きたいと感じた。ここで立ち止まりたくない。そのために一つひとつの試合を大事にして取りこぼすことなく確実に勝ち進んでいきたい」

団体写真00
【表彰台に上がる女子日本代表選手たち(写真提供/台北ユニバーシアード)】

個人写真

【-57㎏級個人3位、団体戦優勝を果たした村井】

(龍魂編集室 記事/写真 関真由子)

龍魂編集室に興味のある方は

Tokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【柔道部】男子大西(済4)奮闘!女子6部門で優勝を飾る!

9月3日、天理大学杣之内第一体育館において第36回関西学生柔道体重別選手権大会、第29回関西学生女子柔道体重別選手権大会が行われた。男子は100kg級出場の大西(済4)が全日本大会への出場権を掴み、女子は7部門中6部門で優勝し他大学を圧倒する力を見せつけた。

 〈男子〉
 100㎏級に出場した大西は初戦をいきなり強敵の天理大の選手を迎える。お互いポイントを奪えずゴールデンスコアに突入する。力が均衡する白熱した技の掛け合いとなる。粘り強い柔道で相手をじわじわと追い込み指導の僅差で強敵天理大から見事勝利を収める。
  2回戦相手は近大。相手の攻めにうまく対応し隙をついた仕掛け技を仕掛け、中盤技ありを先取。勢いづいた大西は抑え込みを決め抑え込みからの一本勝ちを決める。
  3回戦、これに勝利するとベスト4が決まり全日本出場権を得ることが出来る。相手は天理大。気合を入れて試合に挑んだ大西だったが惜しくも敗れてしまう。
  全日本出場者残り3枠をかけて諸部は出場者決定戦へ持ち込まれる。これはベスト8同士の勝ち抜き戦となる。初戦の相手は同大。去年100㎏級の階級で3位に入賞した難敵。指導が相手に与えられ有利に試合を進めようとするも指導をもらってしまう。攻めの姿勢で勝負を仕掛けるも悔しくも一本負け。
  残り1枠をかけ同じ龍大の横山(文2)と争うこととなる。どちらも負けられない中、気迫と気迫がぶつかり合う激しい攻防戦を繰り広げる。
 試合が動いたのは中盤、横山の一瞬をつく一本勝ちを決め大西が先輩としての意地を見せつけた。これにより見事全日本大会への出場権を手に入れた。

IMG_2231

【背負い投げをする大西】

〈女子〉
 48㎏級には3名が出場。決勝戦に駒を進めたのは有野(文2)、田中(法3)。龍大同士の戦いとなる。2連覇をかけて挑んだ田中は組手をしっかりととり自分のペースで技を掛けようと試みる。有野も必死に食らいつき勝負はゴールデンスコアへ。互いに疲れが見えるも田中は攻めの柔道を崩さず有野に指導が与えられ僅差で田中が勝利を飾り、念願の2連覇を達成することができた。
  52㎏級には3名が出場。武田(営1)が決勝戦まで勝ち進む。相手は龍大阿川に勝利した近大の選手。得意のスピードのある柔道で相手を翻弄し幸先よく技ありを先取。その後もしっかりと相手に技を掛けさせることなく見事技あり勝ちを収め優勝に輝いた。
 57㎏級には4名が出場。決勝戦には黒木(営2)と村井(法2)の龍大対決。互いに手の打ちを知っていることもあり両者技が決まらない。村井に指導が与えられそのまま試合終了。僅差で黒木に軍配が上がり優勝をつかみ取った。出場決定戦には中内、出村が出場し中内が勝利し全日本出場権残り一枠を手に入れた。
  63㎏級には4名が出場。米澤(文3)は一回戦緊張からか思うような柔道が出来なかったものの危なげなく勝利をおさめ、準決勝へと駒を進める。しっかりと組手をとり有利に試合を進めていき見事勝利。決勝戦は相手が棄権したことにより優勝となった。
  70㎏級には4名が出場。決勝戦には小林(法2)が勝ち進む。相手は武庫川女子大。相手の技をしっかりと対応し、自分のペースに持ち込む。相手を圧倒する攻めを魅せつけ見事優勝を飾った。
 78㎏級出場の児島(文3)は、1回戦、2回戦と一本勝ちで勝利し迎えた決勝戦。相手は近大。勝負が決しないままゴールデンスコアへ持ち込む。疲れが見え互いに動きが鈍くなるも児島の渾身の背負い投げ決め優勝を成し遂げた。

image1
【全日本出場権を得た女子柔道部】

 今大会の結果、男子・女子合わせて13名の選手が全日本大会への出場権を得た。全日本大会は10月28、29日に行われる。全国はさらにレベルの高い戦いが求められることとなるだろう。しっかりと練習を積み重ね上位入賞を狙いたい。

〈大西選手 コメント〉
「合宿前に監督から一発の技を持っていないから泥臭くいけと言われた。監督に言われた通りに試合が出来て良かった。ここまで来れたのは部員や皆さまのおかげだと思っているのでその人たちのためにも精一杯頑張りたい」

〈田中選手 コメント〉
「今年は2連覇が目標だった。1年生の時に負けた相手が2回戦で当たることが分かり、その相手に勝たないと次がないと思い戦った。決勝では後輩が相手になり手の内が分かっている状態だったが気持ちでは負けないように戦い勝てて良かった。全国大会では上位に入れるように頑張りたい」

〈武田 コメント〉
「1回戦からライバルといきなり当たることが分かりまずはしっかりと勝ち抜いてそこから優勝目指して頑張ろうと思っていたので勝ち抜けて良かった。全国大会でも優勝したい」

〈黒木 コメント〉
「試合を冷静に見れてしっかりと勝ち切れたので良かった。投げてポイントが取れなかったので直したい。大学に入ってまだタイトルを取っていないので全国でしっかりと活躍できるように頑張りたい」

〈米澤 コメント〉
「試合の間の時間が長かったことで体固く初戦から自分の柔道が出来なかった。全体的に組手から技までの組み立て方がまだまだだと感じた。次の試合に向けて今日よりもいい試合ができるようにしたい」

〈小林 コメント〉
「全体的に落ち着いて試合が出来たので良かった。相手の技をうけすぎて指導をもらったり組手をしっかりもっているのに技を掛けきれなかったことが今後の改善点だと感じた。個人で全日本は初めてなので自分の柔道をしっかり出し切れるように頑張りたい」

〈児島 コメント〉
「準決勝の相手が去年負けた相手だったので勝ち切れて良かった。内股と払い腰が得意技でその技で勝ちたかったが引手がとれてしまい潰れることが多かったので直していきたい。今年の夏に練習した背負い投げで準決勝、決勝を勝てたので良かった。全国はレベルが違うので一試合一試合死に物狂いで勝ちに行きたい」

〈堀田監督 コメント〉
「取りこぼしが結構あった。女子は7階級中6階級が優勝したが7階級すべてで優勝するように言ってきた。勝てる試合で負けることがあったのでもう少しやれたと思う。男子は厳しい結果だった。その中で大西、横山が泥臭く練習している二人が気持ちを出して結果を残したので良かった。大西は4年生としての意地を出して全日本に繋げてくれたのは嬉しく感じる。全体的にまだまだ力不足を感じた。全国でも頑張りたい」

(龍魂編集室 記事/尾崎 愛斗 写真/藤原可琳、豊田美帆)
龍魂編集室は現在新入部員を募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

2/26123426

ページの先頭へ

ページの先頭へ