コーチングスタッフ

【龍谷大学指導者特集!vol.3 硬式野球部 山本監督】

指導者企画第3弾の今回は、龍大硬式野球部の山本樹監督。プロを引退してから母校の学生たちに指導したいという気持ちがあったと語る山本監督。今のチームについてインタビューをしてみた。

111111

【写真1 インタビューに答える山本監督】

 

山本監督からみたこの部の良いところは何ですか―

 

選手たちが明るい。また、人の痛みが分かる思いやりのあるチーム。でも、まだ礼儀やマナーが徹底しきれていないところがあるのでもう少し徹底したい。

 

学生を指導する上で心掛けていることは何ですか―

 

主に人間形成。特にマナーや礼儀などを徹底して指導している。また、コーチをしていた時とは違い、監督は責任の重みが違うので、コーチの時より視野を広くして指導するという意識をもっている。現役時代に野村克也監督の下でプレーしていたので、やはり、野村監督を参考にしている。なので、キャンプの時にミーティングを毎晩食事の後に行った。またその時には、チームとしての組織論や人生観など、野球技術よりも人間作りを重点的に指導した。そしてこの冬は、シーズン中にケガをしない体を作るために、冬場は主に体作り中心にしている。投手は走り込み、野手はバットを多く振らしている。

 

今年のチームスローガンはありますか―

 

アグレッシブな攻撃的野球。そして、真摯的な野球というのを意識している。目標としては、リーグ優勝はもちろん、全国で2つ勝って去年以上の成績を残せるようにしたい。

 

222222

 

【写真2 指導にあたる山本監督】

 

龍谷大学の学生へメッセージをお願いします―

 

自己管理をもっと大切にして、規則正しい生活を送ってください。大学は高校のようにいかないので、自分で物事を考えて行動できるようになってください。

 

 

〈山本監督プロフィール〉

生年月日 1970年8月31日生(44歳)

出身地・岡山県出身 玉野光南高校 龍谷大学

1992年、ドラフト4位でヤクルトに入団。以後2005年まで活躍。

引退後、2008年~2012年まで龍谷大学の投手コーチを務める。

2013年、監督に就任。

2014年、春季リーグ優勝。その後行われた全国大会でもベスト16入りを果たす。

 

(龍魂編集室 記事/写真 松本一輝)

龍魂編集室では新入部員募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

【龍谷大学指導者特集!vol.2バドミントン部 宮崎監督】

指導者企画第2弾の今回は、龍大バドミントン部の宮崎克己監督。″西の龍″と呼ばれるほどのバドミントン強豪校を指揮する宮崎監督から見た、「龍大バドミントン部とは」について伺った。

監督から見て龍大バドミントン部のいいところとは

まず、選手全員がバドミントンをすごく好きで、かつ前向きにしっかりと努力することができるところですね。普通は指導者がお尻をたたいて頑張らせることがあるのですが、龍大の選手たちは個々の目標をしっかり持ち、口だけでなく実行に移してくれている子が多いというのが一つの特徴です。また勉強の方もしっかり取り組んでいるというのも大きな特徴です。よく高校生の指導者や他チームの指導者が来られるがこんなに大学生が生き生きして主体的に取り組み、メリハリがあるチームは珍しいと言ってもらえることもうれしいところですね。

宮崎監督の学生を指導するにあたって心がけていることとは―

大学生と言ったらもう大人で、指導者の私と同じだと思っています。その分、人としてやるべきことをしなかったときは厳しいけれども、それは一人一人を尊重しているということなので、対話を通してできるだけ選手自身の考えていることを引き出そうとし、彼らが自分で走っていけるようにサポートをするようにしています。また、古財さん、私の妻で外部コーチの宮崎真理子さんという二人のコーチとの連携をとり。女子であれば宮崎真理子コーチが、チームを引っ張るのではなく、選手に寄り添って悩み事を聞くなど、私だけではできないことをしてもらい。逆に男子は古財コーチが選手たちを引っ張っているので、私が選手に寄り添って話を聞いてあげるなどをしています。そしてコートの外ということをとても重要視しており、練習後に選手、監督が用事のある時以外はすぐに帰宅するのではなく、たわいもない話をしたりしコミュニケーションをとることを大切にしています。また、選手たちには怪我をした時、必ず報告するようにと言っています。それは、ライバルに負けたくないという思いから、怪我をしても言えないという習慣がついているのですが、大人というのは一人で頑張るというのが大人ではなく、しかるべき時に相談し、ある時にはサポートしてもらえる。逆に自分がサポートしてあげることができるのが本当の自立した大人であるので、そうゆうことを意識してもらうようにもしています。

新入生に向けて一言お願いします―

レギュラーを目指すのもそうなのですが、自分を他者と比べすぎず個人の人間性や技術を磨き、成長できるようにしていってもらいたいと思いますね。

コミュニケーションを大事にしていると語ってくれた宮崎監督。選手として、そして一人の大人として成長していくことを重視していることが、龍大バドミントン部の強さの秘訣なのだろう。このチームを率いる宮崎監督の瞳には優しさとその奥にある情熱が垣間見えた。春からまた大会が始まり、白熱した試合になる。″西の龍″龍大バドミントン部の活躍が期待される。

〈監督プロフィール〉

宮崎 克己(ミヤザキ カツミ)

出身地・京都府出身 鴨沂高校 慶應義塾大学

生年月日 昭和30年3月18日生(59歳)

 

(龍魂編集室 記事/写真 堀 浩治)

龍スポ140号 4月3日発行!

龍魂編集室では新入部員募集中!

興味がある方は

tokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

コミュニケーションを欠かさない宮崎監督

【龍谷大学指導者特集!vol.1柔道部 堀田幸宏監督】 歴史ある柔道部を率いる堀田監督。彼が見る龍大柔道部とは――

今回は龍谷大学の体育局サークルの指導者の方々を取り上げていく、指導者企画の第1弾。龍大にはどんな魅力あふれる指導者がいるのか、どんな誇れる指導者がいるのか、お伝えしていきたい。

記念すべき第1回目を飾って頂いたのが、龍大柔道部の堀田幸宏監督。龍大柔道部のOBであり現在は龍大の職員として働く傍ら、柔道部監督として常日頃から部員たちの近くで指導にあたっている。曇りのない、その力強い眼の向こうには一体どんな想いを抱いているのだろうか。

監督から見て龍大柔道部のいいところとは――
まず、仲がいい。みんな基本男子は男子、女子は女子で寮生活をしているのですが、やっぱり仲はすごくいいですね。大学の柔道界の中でも、うちは部員の数も少ないこともありみんな仲良くやっています。あとは人数が少ない分メリハリもしっかりつけることができています。強豪大学なんかは、男子だと100人を超えているところもありますし、そういうところに比べるとすごく小規模ですがその分一人ひとりをしっかり見ることができるので。預かった以上はしっかり育てていきたいと思いますし、やはりよくして卒業させてやりたいという思いはあります。

柔道着に着替え、道場入りする堀田監督

柔道着に着替え、道場入りする堀田監督

学生を指導するということについて――
難しいですね、毎日悩んでいます。答えはないので、その辺はやはり悩むことも多いです。指導方法にせよ練習内容にせよ、やはり1人1人顔が違うように、みんな性格も違いますから。4年間でやはりどんどん変わってくるじゃないですか、人が。今までの経験などもやはり大事にはしていますが、その時でやることも少しずつ変えていったりしながら、でも1番ベースの部分はしっかり守りつつ個々に合わせて、という指導はしています。何よりも学生を1番に考えて、最後卒業する時に龍谷大学に来て良かったなと思ってもらえるように取り組んではいますね。学生日本一になりたい、関西制覇したいとか、やはり個々に競技の目標というものがあるので、それを達成できるように取り組むこと。あとは社会に出てからも通用する人材になってもらうために、柔道を通じて挨拶や礼儀もそうですし、人に対する接し方でしたり、もろもろそういったところが社会人になっても通用する、というところも目指して指導に当たっています。

選手の練習を真剣に見つめる

選手の練習を真剣に見つめる

龍大職員だからこそのメリットとは――
常に学内にはいられるので、365日24時間付き添えることは付き添えます。そのあたりは大きなメリットじゃないかなと思います。より選手の近くにいれることや、また学内の職員の方や教員の方々と密には連絡が取り合えるので、フォローして頂いたり、というのはあると思います。いろいろなところで協力をしてもらいやすいのかなとも思いますし、話もしやすいですし、応援もして頂けるというのもあります。学校内の動きもある程度分かりますし。外部の方に比べたらその辺はかなりメリットになるかなとは思います。部活や部員への時間も割きやすくはなりますね。

監督自身の目標とは――
常に学生の質も変わってくるので、それに応じてその子たち個人の目標を達成させてやれるような監督になりたいと思っています。年々質のいい選手たちが入学してくると、求められるレベルも高くなってくるので、そこにちゃんと答えられるように、今の選手たちが求めるところに到達できるように持っていけるようにできればなと思っています。

堀田監督にとって柔道とは――
私も柔道のおかげでここまで来られたので、柔道があっての今と思っていますし、精神的にも肉体的にも成長させてもらえる競技ではあると思います。

新入生に向けて一言お願いします――
大学に入って、きっとたくさん悩むことや壁もあると思いますが、1番フレッシュな初心の気持ちを常に4年間持ち続けることが大事になってくると思います。個々の目標を達成してこの龍谷大学の長い歴史の中で新たな1ページを作っていってもらえたらと思います。

来年度は今年度以上の結果を求めていきたいと語ってくれた堀田監督。それでも、結果を追い求めるには一歩一歩コツコツと取り組んでいくしかない、と部員たちと正面から向き合い進んでいく姿勢を見せてくれた。日本や世界を舞台に活躍する龍大柔道部の選手たちの後ろには、いつも真っ直ぐに背中を押してくれる監督がいるのだ。

〈堀田監督プロフール〉
堀田幸宏(ホリタ ユキヒロ) 
出身地・大阪市出身 東海大学付属仰星高等学校 龍谷大学
生年月日 昭和52年11月12日生

(龍魂編集室 記事/写真 平松里彩)
龍スポ139号 1月19日発行!
龍魂編集室では新入部員募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

2 / 212

ページの先頭へ

ページの先頭へ