コーチングスタッフ

龍谷大学指導者特集!vol.7端艇部 井手雅敏コーチ

約3年の時を超えて復活!指導者企画第7弾は、龍大端艇部の井手雅敏コーチ。先日行われた第40回全日本軽量級選手権大会、男子舵手なしクォドルプルで、日本一を輩出した龍大端艇部。インタビュー当日(6月3日)、32歳の誕生日に龍大端艇部、自身にとってのボートを語っていただきました。

 

-井手コーチからみた龍大端艇部の良いところを教えてください-

 

スポーツをやらされているっていう割合は少ないのかなと思います。体育会となると、強制的な部分もあり、良いも悪くも人間形成に影響して、Mustになってしまいがちなんですよ。けれども、個人的にスポーツは、自由な発想、楽しいからスポーツをしているという部分を忘れてはならないと思っています。多くの選手が責任を求められていることも理解し、「自分がやりたいからやっている」というのが感じられるのは良いところだなと思います。

 

-学生を指導する上で気をつけているところを教えてください-

 

成長する答えはそれぞれの選手の中にあるので、指導も一色端にはできないというところですね。着任した当初は、選手が成長する答えを私自身が持っていて、それを選手がどれだけ理解するか、私が思い描いているところまで達成するかを基準に指導していました。同じようにボートをしているのでわかるはずだという思いがあったのですが、一人一人違う人なんだと、皆違う価値観があって、大切なものも違うのだなと気づかせられる瞬間がありました。それからは、成長する答えは選手の中にあるというのを意識して指導を行っています。

 

-ご自身がボートを始めたきっかけは何ですかー

 

両親共に保健体育の教員でして、スポーツ自体、昔から関わることがあったのですが、父親がボート競技の高校の監督をしており、選手としても、指導者としても優れていました。何十回も日本一にしたり、日本代表を出したりというところに生まれたので、幼い頃からみんながキャッチボールしたり、サッカーしたりする感覚で、ボートの試合会場に行ったり、父親が指導している船に乗ったりとボートが身近にありましたね。

 

-ご自身にとってボートはどのような存在ですか-

 

ボートがとても身近なものだったので、私にとっては、1番真剣になれる「息抜き」という感じでしょうか。義務感というよりも、遊びっていう要素を忘れたくないですね。色々な問題や、現場の声と向き合い、教育者としての自覚も持たなければならないですが、やはり楽しいことを仕事にできているというのは有り難いことだなと思います。

 

-今後の目標を教えてください-

 

男女ともにインカレで優勝を目標にしています。もちろん、この前の軽量級も実業団が出ており、レベルの高さは変わらないのですが、高校生がインターハイで燃えるように、高校球児が甲子園に熱狂するように、大学生の頂点を決める全日本大学選手権(インカレ)での優勝というのが目標です。準優勝や3位はありますが、そこでの1番というのがありません。インカレでは、優勝すると学歌が流れるんですよ。全日本選手権や全日本軽量級選手権では実業団がいるので、学歌が流れません。インカレで優勝をして、学歌を流したいです。

 

-龍谷大学生に向けてメッセージをお願いします-

 

やりたいことをやった方がいいですね。やりたいことを全部できる環境であるかというのはわからないですが、やろうとしてみたら良いのではないかと思います。また、常にじゃなくてもよいので孤立して欲しいと思います。理解者がいないとできないというのは本当にやりたいことなのかと感じます。自分一人だと間違うこともあると思いますが、自分ができる範囲で調べて考えて、これがやりたいという道があって、周りの人が理解してくれない時には、自分一人で歩いていかなければなりません。一人になる、孤独になるタフさがないと、やりたいことをいざとなった時にできないと思います。

 

image

龍大端艇部HPより

 

 

※vol.6とvol.7で龍大端艇部のコーチングスタッフの記事をあげています。

 

 

(龍魂編集室 記事 /丸山恭佳)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ