コーチングスタッフ

龍谷大学指導者特集!vol.5アメリカンフットボール部 村田斉潔ヘッドコーチ

指導者企画第5弾の今回は、龍大アメリカンフットボール部SEAHORSEの村田斉潔ヘッドコーチ。大学からアメフトを始めたという経歴でありながら、学生・社会人時代には優勝も果たしている村田ヘッドコーチ。龍大アメフト部だけでなく、自身の持っているアメフトへの思いも語ってもらいました。

 

IMG_0017

【インタビューを受ける村田ヘッドコーチ】

 

村田ヘッドコーチから見た龍大アメフト部のいいところは-

大学、社会人と「勝たなきゃいけない」という宿命の中でプレーをしていたので、楽しいという気持ちがなかった。16年前龍大にきて、選手たちがすごく楽しそうにプレーしている姿を見て、僕の知らないフットボールをこいつらは知ってるなと思って。逆に刺激をもらいました。我々指導者にただ従うというだけでなく、選手自身が「勝ちたい」と強い思いをもち練習する、そこがシーホースのいいとこですかね。

 

学生を指導するにあたって気をつけているところは-

完全に大人扱いができるほど勉強をしていなかったり、若いので調子に乗ってしまうところが大学生にはあるので、ルールや一般常識には厳しく。一方で常に相手に対する敬意、今風に言えばリスペクトするという面では大人扱い。いわば半分大人扱いで接してますね。

 

初心者でもアメフトを楽しむには-

初めての人にとってアメフトのルールとかは難しいと思うんですよ。なので、まずは試合を会場で見て、耳で音を感じて。そして観客の声、盛り上がってる雰囲気などを感じて一緒に盛り上がる。そうすると自然と楽しむことができると思います。そこからもうちょっとアメフトが分かってきたら、オフェンス、ディフェンスの動きとかにも注目して見てみると、より一層楽しめると思います。

 

自身がアメフトを始めたきっかけは-

いろいろスポーツはやっていたんですけどで、トップをとったことがなかったのでどんなものなのか知りたかった。と考えたら、京大で日本一を狙えるのはアメフト部ということでアメフト部に入りました。

 

写真2

【指示をだす村田ヘッドコーチ】

これからの目標は-

自分が置かれている舞台で常にトップを目指すことが信念なので、1部にいる以上は日本一を目指します。今年はかなり上位を狙えるだけのメンバーはいるので、後は気持ちだけですね。

 

龍谷大学生へのメッセージをお願いします-

大学の名前っていろんな意味で将来も関わってくるんですよね。先輩、後輩に関係なく繋がりって一生ついてくるので大切に。大学生活を精一杯楽しんでもらって、そのことを頭の片隅にでも置いといてもらえたらなって思います。

 

〈村田ヘッドコーチのプロフィール〉

生年月日 1966年12月5日生(48歳)

出身地・愛知県出身 京都大学

1986・87年 関西優勝

 

1991~2003年 サンスター・ファイニーズに在籍(1991・93年 西日本優勝)

 

1999年 龍大アメフト部アドバイザー就任

 

2000年~ 龍大アメフト部ヘッドコーチ就任

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ