コーチングスタッフ

龍谷大学指導者特集!vol.4ラグビー部 浜村裕之ヘッドコーチ

第4弾を迎えた今回の指導者企画はラグビー部の浜村裕之ヘッドコーチ。分析のスペシャリストと呼ばれている浜村ヘッドコーチは社会人、外国、日本代表といった様々なクラブチームでアナリストとして活躍してきた。そして、母校である龍谷大学のヘッドコーチに就任。「ヘッドコーチの現在でもアナリストのようなことをして、学生にどう教えるということを日々悩んでます」と話してくれた。そんな経験豊富な浜村ヘッドコーチに迫ってみたい

 

 

 

ラグビーとはどんなスポーツだと思いますか―

コンタクトは避けられないスポーツ。ボールは後ろにしか投げれないのに、前に進まないといけないという矛盾しているスポーツだと思います。ほかにもキックなどで陣地を広げたりするので頭を使うスポーツだと思います。

 

 

写真1

 

【試合前のミーティングの様子】

 

ラグビーを始めたきっかけは何ですか―

中学の時にラグビー部があってその時に入部したのがきっかけです。僕らの世代がドラマのスクールウォーズ世代だったっていうのも影響していると思います。

 

 

アナリスト時代にラグビー以外のどんなスポーツを参考にしましたか―

サッカーとか陸上などです。サッカーは同じボールゲームでスペースを使うゲームじゃないですか。そこからどうやって自分たちに有利なスペースを作り出すか、どういう風にサポートに付けばボールは動くのか。それを選手たちに説明してもあまり伝わらないと思うが自分の中での引き出しは増えたと思います。

 

 

選手を指導するうえで心掛けていることはありますか―

自分で気づいて欲しい、自分で考えて欲しいなと思っています。上手くなるためにはどうすればいいのかっていうのも言われるだけじゃなくて、考えさせるということを心掛けています。指示待ちとかではなく自分から行動を動かせる人間が増えれば自然とチームも強くなっていくと思います。

 

 

写真2

【試合後に選手と話す浜村ヘッドコーチ】

 

龍谷大学の学生へメッセージをお願いします―

ラグビー部員には結果とかには関係なく龍大のラグビー部で良かった、楽しかったと最後は思ってもらえるチームになって欲しいと思います。

龍大生には、クラブをしている人もしていない人も色んな人がいると思いますが、自分自身で意思ある行動をしてほしいなと思います。

 

 

写真3

【インタビュー中の風景】

 

 

龍谷大学のラグビー部のコーチに就任した当時の心境を「クラブ自体が低迷しているので、それをどうにかしなアカンという思いがあった」と話しくれた浜村ヘッドコーチ。昨季、龍大のラグビー部はA・B入れ替え戦に出場しAリーグ昇格まであと一歩というところまで迫った。そして今シーズン5月の半ばからオープン戦がスタートした。今年こそAリーグ昇格を目指すチームについて「今年は真面目なチームだが特徴ではない。特徴がないことが弱い原因かなと思っている」と浜村ヘッドコーチは厳しいコメントを残した。それでもインタビューに答えてくれたように「自分たちでしっかり考えて、悩んでほしい」と選手たちに期待を寄せている。Aリーグ昇格へ。浜村ヘッドコーチの教えを選手たちがどれだけ実践してくれるかがカギになりそうだ。

 

 

〈浜村ヘッドコーチプロフィール〉

生年月日 1971年1月26日生(44歳)

出身地・大阪府出身 大阪府立三島高校 龍谷大学

1994年、ヤマハ発動機株式会社入社、1994年から2001年3月まで選手としてプレー

その後はアナリストとして活躍。ニュージーランドのプロチームで初めてアナリストを務める。2010年から2011年には日本代表のアナリストとして活躍した。2013年に龍谷大学ラグビー部コーチとして就任。

 

 

龍魂編集室 記事/写真 向川 佳佑)

龍魂編集室では新入部員募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ