端艇部

7年越しの思い。表彰台につながる快漕

8月22日から25日にかけて戸田ボート場にて行われた第40回全日本大学選手権大会。日本一という称号をかけしのぎを削る選手たち。そのなかでも“男子舵手なしペア”に熱い思いを持つ2人の男たちがいる。龍大の中﨑(文4)・中村(法4)ペアだ。富山県立八尾高校時代から共に競技を続けてきた彼ら。「全国の舞台に出場し2人でメダルを取る」という目標を掲げ大学でも端艇部に入部し高めあってきた。しかし昨年は本来の出場予定だった男子舵手なしペアのクルーとしてではなく舵手なしクォドルプルのクルーの一員としての出場となった。「昨年出られなかった思いをぶつける」と意気込み迎えた今大会。そこには男子舵手なしペアとして出場する中﨑・中村ペアの姿があった。高校から大学の4年生までの7年間。7年越しの思いが今爆発する。

迎えたレース初日。龍大はいきなり優勝候補の日大と同じ組になる。「(中﨑)優勝するには勝たないといけない相手だった。(中村)いつかあたるとは思っていた」と語るように龍大は初戦から山場を迎える。緊迫したレースは序盤から日大に引き離される。ラスト500mでは追い上げたものの5秒の差を埋めることはできなかった。龍大は明日の敗者復活にかけるしかなくなった。

心機一転で臨む敗者復活戦。スタートから飛び出した龍大は他大学を圧倒。初戦から20秒近くタイムを縮めると1位でフィニッシュ。準決勝の舞台へと這い上がる。準決勝でもその勢いは健在。男子舵手なしペア出場大学の中で1番のタイムでレースを終え最終日の決勝へと駒を進める。

追い上げを見せる中﨑・中村ペア

運命の決勝戦。抱き続けてきた思いの全てをぶつける時。静まり返る会場に発艇の合図が鳴る。飛び出しは上々。500m地点まで日大との差はほとんどなくレースを展開する。しかしレース中盤引き離しにかかる日大に差をつけられ、東工大にも抜かれてしまう。この状況に中﨑は声をあげる。「頼むからあげてくれ。優勝するぞ」。この中﨑の声に中村が応える。「お互い最後の年。最後のレースで負けるわけにはいかなかった」と中村。龍大は大会前から鍛えてきた終盤での追い込み練習の成果を発揮する。東工大を追い抜くと前には日大のみ。残り250m。最後まで差を縮めにかかる龍大だったが日大の粘りの前に捉えきることはできず2位でのフィニッシュとなった。銀メダル。目標としてきた優勝の金メダルはつかむことはできなかったが、フィニッシュとともに2人の口からは「ありがとう」という感謝の言葉が自然と出た。

レースを終え「準決勝まで全体の1位タイムだったので優勝を目指していたが王者の日大が強かった。優勝はできなかったが一番いいレースができた」と中村。「思い通りの結果ではなかったが気持ちよかった」と中﨑。大会に臨むまで何度も喧嘩し、ぶつかり合ってきた2人の顔はやりきった表情を浮かべていた。また2人は後輩へ向けて「毎年メダルを取ってきた男子舵手なしペアとしての伝統を守っていってほしい」と思いを託した。2人で掴んだインカレでのメダル。7年の思いは今実を結んだ。彼らの胸には銀色に輝くメダルが誇らしげ掲げられていた。

メダルを掲げる中﨑・中村

(記事 龍魂編集室 三井 雄太/写真 平松 里彩)

 

関西選手権で上位入賞!

平成25年7月6日、7日に行われた関西選手権に龍谷大学からは男女7種目12クルーが出漕した。
今大会は端艇部が8月に開催される全日本大学選手権大会に向けた前哨戦として位置づけた重要な大会の一つである。
競技は初日6日の全レースが暴風による悪天候のため中止になるという波乱の事態となった。急遽、主催の関西ボート連盟は最終日に「タイムトライアル形式」で順位を確定するという異例の判断。ボート競技は自然の中で行う競技である為、風向き、水の流れなどの影響を受けやすく通常タイムを重視せず直接対決が一般的である。
レースは龍谷大学が予選を1位通過するクルーが多数、しかし全レースが終わりタイムが発表されるまで分からない。皆が緊張感のある中で、タイムの発表を待った。
優勝クルーが発表され、龍谷大学の名が呼ばれると一斉に歓喜の声に変わった。

今回、「タイムトライアル形式」となり、悔しい思いをしたクルーもいるが、他のクルーがそれをカバーするなどチームとしてスタッフや選手が一丸となって取り組んだ成果であった。
いよいよ、これから端艇部は全日本大学選手権に向けて熱い夏を迎える。

<結果>
金メダル×3個
銀メダル×2個
銅メダル×2個

優勝
男子舵手付きフォア
(守安、宇野、山口、吉田、正宗)
男子舵手付きペアA
(中村、中崎)
女子ダブルスカルA
(空、鈴木)

準優勝
女子ダブルスカルB
(高木、濱谷)
女子シングルスカル
(藤田)

3位
男子舵手なしペアB
(小川、桂田)
男子舵手なしクォドプル
(伊藤、福住、森本、河合)

男子舵手付きフォア

女子シングルスカル(藤田)

男子舵手なしペアA・B

女子ダブルスカルA・B

男子舵手なしクォドプル

JAPAN CUP 全日本軽量級選手権大会で入賞

5/17日(金)~19日(日)まで、JAPAN CUP 全日本軽量級選手権大会が開催された。今大会は端艇部としてはシーズン初の戸田での2000mレースであり、今年度は社会人に加え、Hong Kong China Rowing Teamが参加し、男女ともにレベルの高いレースが展開された。

本学端艇部は、男女舵手なしクォドプル種目が最終日に残り、男子舵手なしクォドプル5位、女子舵手なしクォドプル8位と2クルーで全国大会での入賞を果たすことが出出来た。

(男子舵手なしクォドプル)
中村・安井・内田・吉田予選から本大会優勝したHong Kong China Rowing Teamとあたり2位通過で敗者復活戦にまわるも、翌日の敗者復活戦は1位通過で準決勝へ。準決勝では再びHong Kong China Rowing Teamと昨年この種目で優勝している新日鉄住金とAファイナル(1位・2位)をかけた対決でスタート~ゴールまでほぼ横並びの状態でレースが展開されたが、0.63秒差で新日鉄住金に敗れてしまい、Bファイナル(順位決定戦)へ駒を進めた。この大会、直接対決でまだ大学生クルーには敗れていないので最後まで拘りたいと最終日Bファイナルを1位通過で終えて5位に入賞。

(女子舵手なしクォドプル)
林・鈴木・藤田・岡朝日レガッタ(3位)よりメンバーを変えずに成熟されたクルーは、予選から安定したレース展開を見せて1位通過で準決勝へ進出。準決勝ではAファイナル(1位・2位)進出をかけて関西電力小浜ら強豪クルーと接戦を繰り広げるも、あと一歩届かず、Bファイナルへ駒を進めました。最終日の準決勝・(順位決定戦・決勝戦)は1日で2レース行われる過酷なレーススケジュール。準決勝ではメダルを視野に入れていただけにメンバーは上手く気持ちの切り替えが出来なかったのかBファイナルを4位で通過し、8位入賞となった。

写真手前が龍谷大学

下が龍谷大学

ページの先頭へ

ページの先頭へ