端艇部

端艇部 西本願寺参拝 「今シーズンに思いを込めて」

3月25日(金)、川﨑昭博部長をはじめ、スタッフならびに部員一同で西本願寺に参拝を行った。お勤めをおこなったのち、主将の安井晴哉(営3)から「感謝・謙虚・モラル」をスローガンにクラブ活動だけでなく、日常生活のすべての行動に自覚を強い意志を持って行動し、日本一のチームを目指します。と決意が語られた。
昨年、創部120周年という節目の年を迎えた端艇部。気持ちを新たに121年目のシーズンに懸ける思いをそれぞれの胸に秘め、日々活動できることが「あたりまえでなく、おかげさまである」ことを心がけ、これからも周りへの感謝の気持ちを忘れずに取り組んでいくことを再確認した。

DSC_0000

DSC_0001

 

 

 

【端艇部】全国大会、2種目準優勝!!!

今シーズン最後の全国大会になる全日本新人選手権大会が開催された。

今大会はU20大会(20歳以下であれば参加可能)であり、同年代の社会人選手や、力のある高校生達の参加も多い大会である。

 

【準優勝の順位は?】

ボート競技の花形は『エイト』であるとよく言われる。強豪・伝統校と呼ばれる多くの大学はエイトにその持ちうる戦力を注ぐ傾向にある。

龍谷大学は男子舵手付きフォアに2艇参加した。Bクルーは準決勝で仙台大学に僅差で敗れ順位決定戦に進み総合7位に、Aクルーは仙台大学に決勝で敗れ準優勝となった。その仙台大学は、別の選手達がエイトにも参加しており、3位入賞している。

準優勝を果たした。しかし準優勝者は他種目にも存在するのである。

準優勝の順位は?

冬期トレーニングがはじまる。

左から、木和田(社)、島田(社)、鎌田(国文)、中西(社)、林(社)

左から、木和田(社)、島田(社)、鎌田(国文)、中西(社)、林(社)

 

【自分の為すべきこと】

選手に限らず、人は可能性を感じると行動が促進される傾向にあり、逆もまた然りである。

大西花歩は、決勝のスタートで大きく出遅れた。2000mレースのうち500m、1000m地点では、相手が視野から消えてしまっての最下位。

ボート競技は人間主体で語れば、ゴールに背中を向けたまま進んでいくという特性を備えた競技である。ゴールまでの間、指定レーン内を進まなければならないため、相手との駆け引きだけでなく自分自身との駆け引き・対話も重要になってくる。とはいえ、先行されて競争相手が視野から消えることによる心理的作用がパフォーマンスに及ぼす影響は計り知れない。

しかし後半、怒濤の追い込みが始まる。

1500m地点で3位を射程圏内に捉えると、ラスト500mは優勝者よりも早いラップで漕ぎ抜け準優勝に。

大西花歩(社)

大西花歩(社)

 

『明日世界が滅びるとしても、今日私は林檎の木を植える』

あなたの為すべきことは、なんでしょうか。

【端艇部】アジアボート選手権、わかやま国体にて

【日の丸を胸に】

2015年アジアボート選手権(9月24日~28日、中国・北京)が開催され、安井晴哉(経営3)、小野田航平(社2)2名の現役選手と、竹田幸平(H17卒)、増成秀規(H23卒)2名のOB選手によるCrew Ryukoku『Japan』が参加し、8位という結果に。

IMG_1638

日の丸を胸にすることで意識が変わるのか、はたまた日ごろ意識を鈍らせていないから日の丸を胸にするのか。

帰国後すぐに安井・小野田はトレーニングルームで活動しはじめる。

アジアの壁に、彼らは何を見たのだろうか。

IMG_1637

左から増成、安井、竹田、小野田

 

【日本の頂へ】

2015アジアボート選手権が終わるころ、端艇部の活動拠点である大津市・琵琶湖漕艇場では、紀の国わかやま国体ボート競技が開催されていた。

端艇部から6名の選手が出場し、全国優勝を含む活躍を見せた。

 

相見晴奈(経営3)       優  勝(鳥取・成年女子ダブルスカル)

藤田安祐子(国際4)     4  位(滋賀・成年女子ダブルスカル)

元村沙貴(経営4)   6  位(熊本・成年女子舵手付きクォドルプル)

濵谷美希(経営3)   7  位(京都・成年女子シングルスカル)

IMG_1639

日本一に向かって、力漕する相見(右)

 

頂上からの景色を眺められる場所は、万人に対して寛大ではない。

意識を眠らせないことだ。そこに辿り着きたければ。

【端艇部】2015アジア選手権へ!Asian Rowing Championships

創部120周年記念の年に、新たな1ページが刻まれようとしている。

今年5月に開催された第37回全日本軽量級選手権大会での成績から、2015アジア選手権大会に男子舵手なしクォドルプルが日本チームとして選出された。

IMG_0277

左から増成(H23)、小野田(社2)、安井(経営3)、竹田(H17)

 

 

120周年記念のために、選手は艇を漕ぐわけではない。

しかし120年の歴史があったからこそ、今があることも忘れてはならない。

注目のレースは9/24(木)~9/28(日)、北京オリンピックボートコースにて。

 

IMG_1597

若人よ、新たなる歴史の創造者たれ!

ページの先頭へ

ページの先頭へ