端艇部

【全国大会優勝!!】第38回 全日本軽量級選手権

2016年5月27日(金)~5月29日(日)、埼玉県戸田ボートコースにて第38回全日本軽量級選手権大会が開催された。男子舵手なしクォドルプルの全国大会優勝を含め、4種目が入賞を果たした。

【自分らしさを超えて~女子シングルスカル~】

大西花歩(社2)のレース展開は、現在の日本ボート界では異端なのだろう。前半よりも後半のスピードの方が早いということが、しばしばある。ボート競技は人間視点で言えば、ゴールに対して背中を向けた状態で進んでいく競技である。前半のスピードが高くなければ、相手に先行を許し競争相手が視界から消えてしまう。そのことによるメンタル面への影響はゼロではない。

しかし大西は、相手に先行されてしまうことに動じない。端っから先行を許したいわけではないが、スタートダッシュで飛び出すことよりも動きはじめた艇のスピードを後半にかけて上げていき、ラスト500mをレースの中で一番早いスピードで駆け抜けるといったスタイルが、今は一番自分らしいような気がしている。

迎えた決勝。大一番のレースでも大西は自分らしくレースを展開し、そして敗れた。

しかし大西はこれからも日本一、そしてその先を求めるだろう。そのためには、今の”自分らしさ”を超えていかなければならない。

「人間は誰でも自分の望むとおり、強くなることができる」

2016シーズンは序盤を終えた。大西は、どこまで強くなれるのだろうか。

 

IMG_2662

大西花歩(社2)

 

 

【やってみな、わからんやろ!!!~男子舵手なしクォドルプル~】

勝利と敗北は、どこかで分かれていかなければならない。いつか、そういう瞬間が来る。山際はそう言った。

予選レースを終え、全体トップタイムの明治大学と約7秒差の2位に龍谷大学はいた。連覇を狙う明治大学は、昨年の優勝経験者をはじめ世界Jr.日本代表経験者を擁した布陣である。高校時代、自分達が勝てなかった選手達が集まっている相手。それが明治大学だった。

この時点で”そういう瞬間”が訪れたとしても、そのことを責めることはできないだろう。頂に近づくほどに、あと「1秒」「1m」の重みを、過去に敗れた記憶を、選手達は身体で理解しているのだから。

しかし決勝レース前に、”そういう瞬間”は龍谷の選手達に訪れなかった。むしろ「この4人で、明治大学と直接レースして負けた経験はないので…やってみないと分からないですよね」と北村(法2)はいつもの表情で笑った。

決勝スタート前。クルーリーダーの小野田(社3)から「自分達の最高を出そう。そうすれば金メダルに届くし、そういった練習をしてきただろ?」その言葉に安心する橋本(法)川端(社)の一回生コンビ。予選タイムで負けている相手との決勝レース前のやりとりである。この4人には、どんな状況でも自分達を信じきる強さがある。

決勝はスタート500mで飛び出した龍谷大学が、まわりの猛追を許さずそのままゴール。男子としては、同大会での初優勝を飾り、日本一達成となった。

IMG_2661

左から、橋本(法1)川端(社1)北村(法2)小野田(社3)

“そういう瞬間”は決勝レース500m地点で訪れた。

しかし彼らの成功から本当に学ぶべきは「レース前に”そういう瞬間”を自らつくらない」という点ではないだろうか。そのためには、どんな状況でも自分を信じられる強さと、それを支えるものが必要だ。

そのこと難しく考えて構える必要はない。

なぜなら、彼らも他のボート部員、他部の選手達と同じように龍谷大学で学び、瀬田川で練習しているのだから。

IMG_2658

 

【結果速報】金×1、銀×1、銅×1を男女で獲得!!

朝日レガッタが大盛況のうちに終了いたしました。4日までの大会期間中、26都道府県から453クルー、約1300名の参加があり、どのレースも白熱したレースが展開されました。最終日は強風の影響でレースが500mレースに変更されるなど天候に恵まれませんでしたが、本学端艇部から出場したクルーは女子舵手付きクォドルプルが見事に優勝、男子舵手付きフォアが準優勝、女子シングルスカル(大西花歩)が3位に入賞するなど好成績を残してシーズンのスタートを切ることが出来ました!

IMG_1200

(女子舵手付きクォドルプル:優勝)

IMG_1199

(男子舵手付きフォア:準優勝)

IMG_1201

(女子シングルスカル(大西花歩):3位)

ボートシーズン到来!!(Part2)

まもなく朝日レガッタが開幕されます。Part1に続いてPart2では期待の女子クルーを紹介させて頂きます。

(舵手付きクォドルプル)

IMG_1172

S奥村奈巳(文3)、3谷内真美(社1)、2濵谷美希(営4)、B蜂谷里佳(社3)、COX近藤祥子(国1)

女子種目の華型である舵手付きクォドルプルを指揮するのは女子リーダーの濵谷美希である。昨年から女子チームの要として大きく成長した彼女に期待が寄せられている。又、漕技に定評のある奥村、蜂谷に加え、一年生ながら恵まれた体格にフィジカルを兼ね備えた谷内とのクルー構成は見応えがある。決勝進出は勿論、メダルを獲ることを目標に頑張りますと意気込みを伺えた。

(ダブルスカル)

IMG_1155

S大伴日菜乃(社2)、B相見晴奈(済4)

昨年の朝日レガッタ、同種目で「優勝」していることもあり、2連覇に向けて大きな期待が寄せられているところである。バウに乗る相見は昨年の優勝メンバーであり、昨年のわかやま国体でも同種目で優勝したほどの実力者である。昨年の朝日レガッタは4年生とペアを組んでの優勝であった。今年は後輩とのペアであり逆の立場である。クルーを見事に牽引して優勝へと導いてもらいたい。「目標は優勝。調子乗りで勝ちます!」と力強い言葉をくれた。

(シングルスカル)

IMG_1154

大西花歩(社2)

4月の上旬にイタリアに海外遠征に出かけていた大西であるが、海外で学んだことを活かして現在フォームの修正に取り組んでいるそうである。目標は?との問いかけに「朝日レガッタでは如何に自分の漕ぎを貫くことができるか試してみたい。」と研究熱心な一面を覗きみることができた。昨年の全日本新人戦で準優勝した実力者だけに期待も大きいが、今後の更なる飛躍のために日々試行錯誤を繰り返している最中であるようだ。朝日レガッタでの彼女の漕技に注目したい。

ボートシーズン到来!!(Part1)

ボートシーズンの到来を告げる朝日レガッタがいよいよ5月1日(日)~5月4日(水)まで滋賀県琵琶湖漕艇場にて開催される。今大会は毎年全国から総勢500クルー以上(約1500名)を越える参加があり、実業団クルーも多数出場するハイレベルな大会である。

シーズンスタートを好成績で走り出したい端艇部であるが、今回は注目の出場クルーを紹介させて頂く。

(エイト)

IMG_1158

S御手洗航(社2)、7小野田航平(社3)、6大倉正也(社1)5島田大輔(社3)4齋木怜央(理1)、3伴新之介(社1)、2岩男秀宜(文3)、B板津政彦(社2)、COX鎌田千徳(国3)

エイトは当初のクルーから主力選手のうち上回生3名が故障などの理由で欠場することになり代わりとして1回生が3名起用された若いクルーであるが、若い選手を上回生が上手くリードすることで1000mタイムを3分切れるクルーに持ってくることができた。目標は決勝進出。両舷全速で決勝へのコマを掴みたいとクルーを指揮する鎌田から意気込みを伺えた。

(舵手付きフォア)

IMG_1164

S安井晴哉(営4)、3林慎太郎(社3)、2北村仁太(法2)、田中裕也(文2)、COX福本直樹(国4)

舵手付きフォアに乗るメンバーは何れもフィジカルに自信のある選手が多く、中盤から後半にかけての勝負強さが持ち味である。愛艇は「Super Wind」(日本訳:銀河風)学生部長である長上先生に命名頂いた。銀河から吹き出す激しい風のようにゴールを突き抜けてもらいたい。目標は「優勝」瀬田川の覇者になります。と力強い言葉をもらえた。

付きフォア                          (進水式の様子)

(ダブルスカル)

IMG_1150

S橋本昌樹(法1)、B川端章太(社1)

ダブルスカル種目で出場するのは1回生コンビの若いふたりである。若さが武器のこのふたりではあるが、昨年のわかやま国体(少年の部)で準優勝した経歴をもつ実力者でもある。バウに乗る川端は昨年の朝日レガッタでダブルスカル(少年の部)で優勝しており、「自分たちが社会人を相手にどこまでできるか挑戦し、一つでも多くのクルーに勝ちたい」と言葉にした。目標は決勝進出と控えめではあるが彼らの胸に秘めている思いはその先にあるようだ。

 

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ