端艇部

【端艇部】8艇が決勝進出!龍大、大健闘②

第71回朝日レガッタが5月3~6日に滋賀県立琵琶湖漕艇場において行われた。予選、準決勝と強風に見まわれ、レース中断、持ち越しと悪コンディションの中、女子シングルスカル大西(社4)、菅沼(文1)、女子ダブルスカル、男子ダブルスカルA、男子ダブルスカルB、女子舵手付きクォドルプル、男子舵手付きフォアA、男子エイト、計8艇が決勝に駒を進めた。

 

大歓声が鳴り響く男子舵手付きフォア。4レーンの龍大Aはスタートから力強く漕ぎ出し、500m通過地点で先頭に立つ。このまま1番手でゴールするかに見えたが、終盤、他チームの追い上げに焦りが見え始めミスが生じてしまう。接戦の末、あとわずかのところで優勝に手が届かなかった。

IMG_9804 tanntei3

【写真 ゴール際の男子舵手付きフォア(後方)】

「僕たちのクルーは、エルゴという陸上でトレーニングするための機械の記録があまり良くなく、他大学の舵手付きフォアに比べて遅い方なのですが、序盤1位で出て、結果は2位となりましたが、結構良いところまでいけたのではないかと思います。作戦としては、スタートから出て、スタートから最後まで1位をとるつもりでいましたが、最後に焦りが見え始めミスが生じてしまいました。今後は、どれほど緊張しても冷静なレース展開を心がけたいです。また、2位という結果に自信を持ちつつも見くびらないようにしたいです。」

 

今大会最終レース男子エイト、5レーンを走る龍大。500m通過地点で3番手に。終盤、他チームの追い上げがあるも、漕ぎ勝ち3着でフィニッシュ。

IMG_9864 tanntei4

【写真 他チームの追い上げに漕ぎ勝つ男子エイト(後方)】

「優勝したかったですが、練習した結果なので真摯に受け止めて、これからの大会に向けて励みたいです。」

 

〈井手コーチのコメント〉

「ここ数年では1番決勝に進んだ数が多いなというところでは、チーム全体を底上げしたという感じはあります。決勝に出て、1番を決める舞台を経験出来た選手が多かったのは特に良かったです。ただ優勝は1つで、男子舵手付きフォアは0.3秒差で負けていて、惜しいけど惜しくはないなっていう、勝負は厳しさを持ち合わせている世界なので0.01秒差でも1位と2位、勝った負けたという差を軽んじないで欲しいです。今後に向けては、体力技術面はもちろん、勝負に向き合う心の持ち方を今よりも高めていきたいです。」

 

シーズン到来を告げる朝日レガッタで、幸先の良いスタートを決める龍大。余韻に浸ることなく彼らの照準は次なる戦いへ。課題と向き合い、さらなる高みへ、彼らは漕ぎ出す。

 

※端艇部 朝日レガッタの模様は①②と2回に渡ってお送りしています。

 

(龍魂編集室 記事 /丸山恭佳 写真/ 豊田美帆)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ