端艇部

【端艇部】8艇が決勝進出!龍大、大健闘①

第71回朝日レガッタが5月3~6日に滋賀県立琵琶湖漕艇場において行われた。予選、準決勝と強風に見まわれ、レース中断、持ち越しと悪コンディションの中、女子シングルスカル大西(社4)、菅沼(文1)、女子ダブルスカル、男子ダブルスカルA、男子ダブルスカルB、女子舵手付きクォドルプル、男子舵手付きフォアA、男子エイト、計8艇が決勝に駒を進めた。

 

天候が心配された6日決勝戦当日。予選、準決勝とは打って変わって、ほどよい風で選手たちを迎える。ここに龍大チームの奮闘が始まる。龍大チーム最初の種目は、女子シングルスカル。4レーンの大西はスタートから勢いよく漕ぎ出し500mを通過、先頭で圧倒的な速さをみせる。ゴール際も他を寄せつけない走りで優勝をもぎ取った。5レーンの菅沼も1年生ながら好位置をキープし、ゴール際の攻防に競り勝ち3位で表彰台に。

IMG_9576 tanntei

【写真 笑顔の大西(中央)、菅沼(右)】

〈大西選手のコメント〉

「龍大の全レースの1番手だったので、先陣を切っていこうという気持ちでした。朝日レガッタはいつも荒れるので、どうコントロールするかというところだったのですが、良いコンディションで気持ちよく漕げました。」

〈菅沼選手のコメント〉

「予選、準決勝とコンディションが悪かったので、少し不安ではありましたが、最後の決勝戦で良いコンディションで漕げたのは個人的に嬉しいですし、力の出しどころだと思って頑張りました。1回生で大学生に混じってレースをしたのは今回が初めてだったので、この結果を基準にしてどんどん上にあがっていこうと思っています。」

 

龍大A、Bの2チームが決勝戦に出場した男子ダブルスカル。5レーンを走る龍大A北村(法4)、川端(社3)は、500m通過地点で2番手に。先頭を走るチームと競りながらも、少しずつ離され、2着となった。続く龍大Bは6着でゴール。

IMG_9646 tanntei2

【写真 勢いよく漕ぐ北村、川端】

「今治造船に勝てなかったのが悔しいですが、2位になれて良かったです。リラックスして一番前に出ることを心がけました。」

 

〈今村監督のコメント〉

「近年の朝日レガッタの中では、最高の成績だと思います。9艇出場する中で8艇が決勝に進むということは、今までになかったことなんです。もちろん結果としては、あと少しという場面で上手くいかなかった部分もありますが、シーズンスタートを決める大事な朝日レガッタで魅せることが出来たと思います。ただ、課題も多く、練習でしたことは、きっちりとこなすが、練習でしたことしか出来ない。記録やタイムもやろうとしたことはきっちりと出来たけれども、ここを改善しようというところが課題としてそのまま残っているので、そのあたりを次の大会に向けてやっていきたいです。」

 

※端艇部 朝日レガッタの模様は①②と2回に渡ってお送りします。

 

(龍魂編集室 記事 /丸山恭佳 写真/ 豊田美帆)

 

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ