端艇部

【端艇部】 第70回朝日レガッタ 龍大チーム奮闘

5月4~7日にかけて滋賀県立琵琶湖漕艇場において第70回朝日レガッタが行われた。今大会はオリンピック経験者から中学生までが参加している。国内上級者たちが競うレースや記念種目として70歳以上のレースなども行われた。龍大からは男子エイト、男子ダブルスカルに3チーム、女子ダブルスカルに2チーム、女子舵手付クォドルプルに出場した。

女子舵手付クォドルプルは昨年、同大会で優勝を果たしている。2連覇を目指し今大会に挑んだ。

 

大会1・2日目の予選を見事突破した男子エイト、女子ダブルスカルの2チーム、女子舵手付クォドルプルは決勝の日を迎えた。まず出廷したのは女子ダブルスカルの大西(社3)・古川(短1)龍大Aチーム。強豪立命館を意識し臨んだレース、500mまでは立命館を捉え勝負を仕掛けたが差をつけられる。「上手く舵が上がらなかった」と大西が話すように、天気こそ晴れたが風が強き波が高い要因があったのだろう。2チームある立命館に続いて3位でゴールした龍大。天を仰ぐ大西の姿から結果に満足していない悔しさが伝わった。龍大Bチームで出場した林・奥村ペアは4位でゴールを切った。

 

写真3

【写真 3位入賞を果たす大西・古川ペア】

 

〈大西:コメント〉

「自分の力を出し切れなかった。一番になるつもりでやってきたので嬉しい結果でない。負けたことが良いわけではないが新たな課題が見つかった、自分の経験として糧にしていきたい」

 

〈古川〉

「抜かし返せず勝てなかった。自分達で仕掛けていったが厳しいレースだった。自分達の漕ぎができなかったことが一番悔しい。個人としては高校からの3連覇がかかっていた」

 

女子舵手付クォドルプルの龍大チームは昨年同大会で優勝を果たしている。2連覇に期待がかかるなか、レースに挑む。メンバーは学年が異なる龍大チーム、チームリーダーの蜂谷(社4)が「学年は皆違うがまとまりのあるチーム」と語ったように迫力のあるレースを魅せてくれた。「天候を味方につけることが勝ちにつながる」と井手コーチは語る。クルー全員が気持ちを1つに発艇した。500m付近で1位立命館との差はまだ開いてはいなかった、しかし700m付近で離されていく。2位でゴールに入った龍大チーム、惜しくも連覇を成し遂げることはできなかった。

 

写真4

【写真 2位入賞を果たす女子舵手付クォドルプル龍大チーム】

 

「昨年優勝したメンバーで挑んだだけに2位という結果でも悔しさの方が大きい。立命館は大会に向けてずっと意識してきたが、実力の差を感じた。学年関係なく意見を言い合えるのがチームの良さなのでそこはこれからも続けていきたい」

 

遥かなる高みを目指し続ける彼女たちが龍大端艇部の歴史を創っていくだろう。

 

(龍魂編集室 記事/関真由子 写真/松本早紀、長谷川奏珠、上村倫太郎)

 

龍魂編集室に興味のある方は

 

Tokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

 

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ