端艇部

【端艇部】全日本インカレの舞台で女子シングルスカル堂々の銀!頭角見せた若い力!!

第43回全日本大学選手権大会が9月22日から25日にかけて、埼玉の戸田ボートコースにおいて行われた。女子シングルスカルに出場した大西花歩(社2)が見事準優勝を果たし、銀メダルを獲得した。

 

「一本でもミスをしたら負ける――」。全日本インカレ、初の決勝でのレース。表彰台をかけて、凄まじい競り合いの中ただひたすらに大西は漕ぎ続けた。

スタート直後から2位の位置につけていた大西はそのすぐ後を追ってくる3位の選手と、0,(コンマ)数秒の死闘を繰り広げていた。全長2000㍍あるコースの折り返しとなる1000㍍地点でわずか0.3秒差という白熱した2位争い。今大会、予選・準決勝をレース序盤からの逃げ切りで順調に勝ち進んできた大西にとっては「(決勝戦では)やはりほかの選手たちも速くて、準決勝までのようにはいかなかった」と、プレッシャーの中でのレースとなった。それでも「自分の本来の力を出すことができた」と語る大西は、レース中盤からじわりじわりと3位の選手との差を広げていく。そして自分自身を信じて力を最後まで出し切れた大西が2着でフィニッシュラインを越えた。8分13秒22というタイムで最終的に3位に5秒以上の差をつけて見事準優勝に輝いた。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91

【写真】決勝のレースで、最後まで集中力を欠かさなかった大西

 

大西にとっては2度目の挑戦となった全日本インカレ。高校時代にはインターハイで優勝経験もあるという大西だが、それでも昨年の全日本インカレでは当時1年生ながら6位という結果を残した。そして今年。表彰台に上るというリベンジを果たすべく挑んだ今大会を、決勝戦での追い詰められた状況を、まるで存分に楽しんでいたかのようにも見える。周囲に伝わってくる持ち前の明るさとその度胸が、大西の強さの根源なのかもしれない。「 (シングルスカルは)自分が進めた分進んで、自分が漕げなかったら負けていく。自分の力を1番発揮できるのがこのシングルだと思うし、自分のやるべきことを信じてやるだけ」と、試合後笑顔で語ってくれた大西。彼女の首にかけられた銀メダルも光り輝いていた。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92

【写真】銀メダルを手に取り笑顔を見せる大西選手

 

〈大西選手のコメント〉

「今までは最後にラストスパートで上げて抜いていくというレース展開が多くて。今回は0~500(㍍)でトップに出てからそのリードをずっと維持するという目標だったので、またいつもとは違うレース展開でいろんな楽しみと経験ができたかなと思います。11月にある全日本選手権では社会人も出てきてもっとレベルは高くなってくるので、その中で自分の実力がどれだけ通用するのかを、もっとこれから練習を積んで挑みたいと思います」

 

(龍魂編集室 記事/平松里彩 写真/勝間晴香)

ページの先頭へ

ページの先頭へ