端艇部

Japan Cup 全日本軽量級選手権大会.

シーズン最初の全国大会が5/22-24、埼玉県戸田オリンピックボートコースにて開催された。ボート競技は「オープン」「ライト」の2階級によってカテゴリーが分けられており、今大会は全国の「ライト」ウエイト選手による大会である。

 

【龍谷大学端艇部、合宿所育ち】

今年度で33、27、21、20歳と年齢の異なる4選手が「龍谷大学」として男子舵手無しクォドルプルに出場した。

過去、龍谷大学端艇部に所属し、現在も社会人で競技を続けている2選手との混成クルーが実現した。竹田はH17、増成はH23卒業。同じ合宿所、同じ川で青春を過ごした。

「自分達では感じたことのない余裕をレース中に感じられ、安心して漕ぐことが出来た」と小野田(社2)が振り返るように、昨年のインカレ準優勝・日本大学に先行を許してしまった準決勝も、後半怒濤の追い込みで見事決勝進出を果たす。

決勝レースは、先行する3チームを捉えきれず表彰台を逃す結果となった。「後輩達に良いスピード、結果を経験させられず申し訳ない」と2人の先輩。

偉大な先輩の背中で漕いだレースは、若い現役選手達に何を残すのだろう。

DSC_0580.jpg2.jpg2

写真手前から増成(H23)、安井(経営3)、竹田(H17)、小野田(社2)

 

 

【目標のゴール、その先の景色】

全国大会で3番。つまりそれは表彰台に上ることであり、そしてそれは彼女たちの今大会での目標であった。

そして5月24日、日曜日。彼女たちは全国大会の決勝レースを3番目でゴールした。

DSC_0544.jpg2.jpg2

3番目にゴールした龍谷大学を待っていたのは、「達成感や喜びをはるかに超える後悔。※相見(経済3)」だった。

その感情は、彼女たちがアスリートであることを再認識させる。と同時にそこを乗り越えようとするのであれば、日々は「努力」「過程」を超えた領域を激しく要求するだろう。

「それでも…」と話しかけて、藤田(国際4)は言葉を飲み込んだ。

憧れていた全国の表彰台。

その一番低い場所から、彼女たちは何を眺めたのだろうか。

DSC_0696.jpg2

 

 

 

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ