端艇部

U23日本代表選考予選会突破~2014 Head of the Seta~

【瀬田川のHeadは誰だ】

2014年11/15日(土)、16日(日)の2日間に渡り、端艇部の活動拠点である瀬田川でHead of the Setaが開催された。毎年秋の恒例レースであり、文字通り瀬田川の『Head=一番』を決める大会である。また今年は今レースが2015年日本代表選考への予選会に選定された。

DSC00654

 

 

2日間の記録は以下の通り。http://www.setarc.jp/2014head/record/

U23(23歳以下)軽量級女子のカテゴリーで挑戦した藤田安祐子(国3)は「不安と緊張はあったが、『絶対勝ちたい。やるしかない。』という思いに乗っかり、不安と緊張を振り切った。」とレース後語るように、社会人チームも参加する中、見事トップ通過を果たした。(シニアカテゴリーも含まれた選考の部全体では2位)

2日目のクルーボート種目では、女子舵手付きクォドルプル、ダブルスカルが優勝で同大会連覇を達成。男子もエイト、舵手なしクォドルプル、ダブルスカルが準優勝と、瀬田川での存在感をしっかりと示した大会であった。

 

【瀬田川に国内最高峰の風を感じて】

また今大会には現役日本代表の若井江利選手(ミキハウス)も参加していた。端艇部コーチの井手と大学時代の同期という繋がりから、初日レース後に合同練習が行われた。

DSC00659

 

unnamed[1] (2)

現役日本代表のパフォーマンスに選手たちは「技術的なことも素晴らしかったが、体全体から発揮されるパワーの強さとその長さに特に驚いた。」と新鮮で刺激的な体験をすることができた。

若井選手は普段と異なる状況(艇、オール、種目etc…)で挑んだ今レース、また龍谷の選手たちとの合同練習等について、「時々の状況下で、それが普段とは異なっていても、まずはやれることをやってみる。そうすることで気付くことが私にもまだまだある。」と選手たちに語った。

unnamed[1] (3)

国内最高レベルの選手から出た言葉は、龍谷の選手にとって少し意外だったかもしれない。

しかし、選手たちはその言葉の意図するところを若井選手と過ごした時間の中から、理解し始めているようにも見えた。

 

『平凡の非凡』を現役日本代表選手は、行動と言葉で示してくれた。

長くて、大事な、冬季トレーニングが始まる。

 

 

 

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ