端艇部

【端艇部】第40回全日本軽量級選手権大会で、日本一に!!!

2018年5月20日(日)。

埼玉県戸田オリンピックボートコースで第40回全日本軽量級選手権大会決勝レースが実施され、男子舵手なしクォドルプルが同種目二年ぶりの優勝を果たした。

 

ラスト100m!!

IMG_3716 (1)

日本一達成2秒後

 

スタートから飛び出し終始レースを制圧していた予選~準決勝レースであったが、決勝はトヨタ自動車にスタートからリードを許す展開となった。その後、中盤で並びかけた龍谷がラスト500mでトヨタ自動車を突き放し、トップでゴールを駆け抜けた。

今回優勝した選手のうち3人は、前回優勝を経験している。前回はスタートで飛び出した勢いそのままにトップで駆け抜け、今回はスタートで厳しい状況になるも最終的にトップで駆け抜けた。どちらも同じ「日本一」であるが、それぞれの日本一までの過程を知る一人として思うことがある。

スポーツは、つまみ食いできない。要するに、いいとこ取りなんてできないのである。今村監督の「練習、それ以外に関しても気に掛かることが非常に少ない、しっかりしたメンバー」という一言に今回の厳しい状況から達成した優勝の理由の、すべてが凝縮されている。

 

これから各大学が、夏の終わりに開催される全日本大学選手権大会(インカレ)に向けてさらなる強化を図るだろう。

今回のいい経験に、留まってはいけない。同じように続く日常の中に、意識を眠らせてはいけない。

 

スポーツは(人生も)つまみ食いできないのだから。

IMG_3666 (1)

左から、野々下(社1)、北村(法4)、川端(社3)、橋本(法3)

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ