硬式野球部

1点差で惜敗 第一節の勝ち点落とす

8月31日、皇子山総合運動公園野球場で秋季リーグ戦の第一節が行われた。神院大と2回戦を戦った龍大は、1―2で敗戦。神院大に2敗したため、勝ち点1を落とした。

先日1敗を喫し、負けられない試合となった2回戦。勝ち点奪取のために、大符(国2)が先発のマウンドへと上がった。立ち上がりから低めにボールを集め、3回までに6つの三振を奪う活躍。しかし、5回表に先頭打者に二塁打を打たれ、無死二塁のピンチを背負う。「この回はボールを低めに集められなかった」と投球に悔しさを残した大符。スクイズで先制点を奪われると、バントヒットやエラーでもう1点を追加された。

低めに威力あるボールを投げ込んだ大符

低めに威力あるボールを投げ込んだ大符

2点差を追いかける打線。7回裏に2死から梶田(社3)と近藤(社3)が連続で四球を選び、走者一二塁のチャンスを作る。ここで6回から出場している橋爪(社2)がセンターへボールを弾き返し、ついに1点差に迫った。同点に追いつきたい打線は、9回に2死から近藤が中前安打で出塁するも、後続が倒れ1―2でゲームセットとなった。

新チームは連敗からのスタートとなったが、監督は「昨日よりは収穫があった試合だった」と振り返った。敗戦を糧に、次節では勝利をつかんでくれるだろう。


<監督のコメント>
「昨日と同じで大符を責められない内容。低めに投げようと意識していた。野球は点を取れなければ勝てない。だが昨日よりは収穫があった試合だった。選手たちは流れや勢いがいかに大事かを学べたと思う」

2死一二塁でタイムリーを放つ橋爪

2死一二塁でタイムリーを放つ橋爪

<大符投手のコメント>
「コントロールを意識し、低めに集めた。(失点した場面について)0点に抑え、流れを得点につなげたかったが、先頭打者を出してしまったことがポイント。この回はボールを低めに集められなかった」

(龍魂編集室 記事 隠岐智夏/写真 松本一輝)

投手戦の末、敗北。開幕戦黒星スタート

8月30日、皇子山総合運動公園野球場において関西六大学野球秋季リーグ戦、第1節が行われた。龍大は神院大と1回戦を戦い、お互い譲らぬ投手戦を繰り広げるも終盤に手痛い追加点を奪われ0―3で敗北した。

4年生が引退し、新チームとして挑んだ龍大。春に引き続き、開幕戦のマウンドを菊池(社3)に託す。「制球が安定しなかった」と語りながらも、序盤はテンポの良い投球で相手を抑え込む。4回に1点を取られるものの、崩れることなくその後も安定した投球を続けた。

力投する菊池

力投する菊池

一方、反撃したい打線は、幾度となく走者を出すが、なかなか点に繋がらない。しかし、7回に最大のチャンスが待っていた。2死一、三塁の場面で迎えるのは代打の浅井(社1)。同点にしたい龍大だったが、相手投手にここも踏ん張られ結局無得点に終わる。これで流れは神院大に傾いた。8回に重い2点を取られてしまい、そのまま試合終了。春に続き、連覇を狙う龍大だったが手痛い黒星スタートとなってしまった。

試合後、山内は「試合は負けたが、まだ勝ち点を逃したわけじゃない」と前を向いたコメントを残した。気持ちを切り替え、チーム一丸となって勝ち点を狙う。

新チームを引っ張る主将の山内

新チームを引っ張る主将の山内

<山本監督もコメント>
「菊池も攻められない内容。打線に工夫がなかった。(7回に代打を送った場面について)ワンチャンスだと思っていたので、その1回にかけた」

<山内主将のコメント>
「個々の役割を果たせていなかった。それが皆できていれば勝てた試合だったと思う。明日明後日勝てば勝ち点を取れるので気持ちを切り替えてやっていきたい」

<菊池選手のコメント>
「開幕戦のマウンドは緊張した。制球に苦しんだが、野手の皆に助けてもらった。8回は気持ちが切れてしまった。勝ち点を取れれば問題はないので、次も頑張っていきたい」

(龍魂編集室 記事 松本一輝/写真 隠岐智夏)

強豪東海大に惜敗するも 監督「ベスト出し切れた」

6月12日、東京ドームで第63回全日本大学野球選手権大会が行われた。龍大の2回戦の相手は東海大。先発菊池は粘りの投球を続けたが6回に1失点。代わった瀧中が7回に1点を失い0―2で敗戦した。龍大はベスト8を逃し、2回戦敗退となった。

2回戦の先発のマウンドに上がったのは、この春チームのエースに成長した菊池(社3)。「初回から全快で来てくれた」と話す捕手の木村(文4)の言葉のように、伸びのある直球がキャッチャーミットめがけて投げ込まれた。菊池は「東海大はバットスイングが速くて手強かった。だが、だからこそ集中して投げることができた」と再三走者を背負うも、落ち着いた投球で東海大打線に決定打を打たせなかった。

粘りの投球を続けた菊池

粘りの投球を続けた菊池

菊池を援護したい打線は、3番畑(営3)が二本のヒットを放つなど走者を出すが、あと一歩のところで繋がらない。相手投手をとらえきる前に、6回一死満塁のピンチが訪れた。ピッチャー強襲の内野安打で1点を先制されると、監督はすかさず継投に入る。「最少失点で抑えるための継投をした」という監督。菊池に代わりマウンドを託された中井(営4)は、持ち前の勝負強いピッチングでレフトフライに打ち取った。二死からマウンドを受け継いだ瀧中(社2)。気迫のこもった投球で打者をショートゴロに打ち取り、スリーアウト。監督の采配通り、最大のピンチを1点で切り抜けた。

2安打を放った3年生の畑

2安打を放った3年生の畑

そのまま7回のマウンドを任された瀧中だが、先頭打者にライト線へ二塁打を打たれると、そこから1失点。瀧中は「取られてはいけない1点だった。ヒットにされた1球は悔いが残る」と唇を噛んだ。8回は川井(営3)がテンポの良い投球で三者凡退に打ち取ったが、0―2で惜敗した。

チームを支えた4年生のメンバーたち

チームを支えた4年生のメンバーたち

敗戦こそしたものの「自分たちのベストを出し切れたのではないか」と語った山本監督。全日本大会の2試合は春のリーグ戦と同様に、総力戦で挑むチーム力の高いプレーが見られた。主将の今西(文4)も「(全国大会に出場した)2年前よりは個々の力はないが、チームの団結力で勝ってきた」と語った。なかでも結束したのは4年生たち。スタメンだけでなく、スタンドを含めたメンバーの一体感が、今年の野球部の強さであった。

この試合が最終戦となった4年生。次世代の野球部を担うのは、菊池や畑をはじめとする期待の3年生だ。4年生の示した姿を受け継いだ新チームが、神宮を舞台に激戦を戦いぬいてくれるだろう。

<山本監督>
「ピッチャーは良かったがゼロでは勝てない。しかし打線は水物。守り勝たねばならないと痛感した。投手力が上がったと感じる。この大会が選手の自信となってくれれば良い。自分たちのベストを出し切れたのではないか。神宮出場を目標にチーム作りをしたい」

<今西主将>
「東海大を意識しすぎた面はあったが、『試合を楽しむ』という監督から言われてきたことはできたのではないかと思う。2年前よりは個々の力はないが、チームの団結力で勝ってきた。こんな最高のチームでキャプテンができて最高だった。みんなに感謝している」

<菊池投手>
「東海大はバットスイングが速くて手強かった。だが、だからこそ集中して投げることができた。6回の打球は取れたはずなのにここ一番で実力の無さが出てしまった。あと一歩で神宮だったので悔しい。だが、打者一人一人と対戦するのが楽しかったので後悔はない。もっと直球で打者を抑えられるように、直球を磨いていきたい」

<中井投手>
「序盤は理想の試合展開だったが結果的には粘り負けしてしまった。最後の登板かもしれなかったので後悔なく投げようと思った。このメンバーで全国に来ることが出来たので後悔はない」

<瀧中投手>
「(7回を振り返り)1点差と2点差では大きく違う。取られてはいけない1点だった。ヒットにされた1球は悔いが残る。自分のレベルが分かった。得るものはあったが負けは負け。やらねばならないことが多すぎる。ひとつひとつ課題をつぶしていきたい」

<木村捕手>
「ピッチャーはしっかりゲームを作ってくれた。みんな調子が良かったのでリードしやすかった。全国であったがリーグ戦と変わらない気持ちで試合に臨めた。東京ドームという舞台で試合が出来たことが幸せ。4年生の力が大きかった。自分たちのチームを作ることが出来た。悔いはない。」

<坂本選手>
「打てなかったことが敗因。力の差は感じなかった。守れるところで守れなかった。2年前と違い、自分が前に立っていかねばならないというプレッシャーがあったが楽しく試合が出来た。4年生メンバーみんなのおかげでここまで来た。個人のレベルは低いからこそ仲良くなってみんなで総合的に戦えた」

(記事 龍魂編集室 隠岐智夏/写真 日髙朱花・松本一輝)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

チーム総力戦でつかんだ勝利!全国の初戦突破!

6月11日、東京ドームで第63回全日本大学野球選手権大会が行われた。国際武道大と対戦した龍大は、7回に坂本の適時二塁打で先制するも裏に追いつかれ1―1。しかし9回に今西の右中間二塁打でチャンスを作ると、代打森のレフト前適時打と3番畑の二点適時打で最終回に3点を奪った。龍大は4―1で初戦に勝利し、全国の舞台で1勝を飾った。

全国の舞台で好投を見せた大符

全国の舞台で好投を見せた大符

独特の雰囲気漂う、東京ドームのマウンドに上がった大符(国2)。「調子は良かった」という言葉通り、緊張をものともしないストライク先行の攻めの投球を披露した。圧巻だったのは4回。相手のクリーンアップを三者連続三振で封じ込める素晴らしい内容を見せた。
テンポよく進んでいく試合は、龍大守備陣の堅実な守りも光った。初回にレフトの畑(営3)が自慢の肩を活かしたバックホームで相手の先制を阻止。6回にはセンター近藤(国3)がヒット性の打球をつかみ、飛び出した二塁走者をアウトにするダブルプレーが生まれた。

緊張感漂うベンチの様子

緊張感漂うベンチの様子

試合の均衡を破ったのは7回。坂本(文4)のレフト線へ転がる適時二塁打で待望の先制点を奪い、活気づく龍大ベンチ。しかし全国の相手はそう簡単に勝たせてはくれない。その裏に1死一三塁のピンチを招き大符は降板。中井(済4)、瀧中(社2)の継投で最少失点に抑えるも、試合は再び振り出しに戻った。

9回に反撃の口火をきった今西

9回に反撃の口火をきった今西

そして1―1の同点で迎えた最終回。「9回までで終わらせたいと思っていた」という先頭打者の今西(文4)は、右中間を深々と破る二塁打を放ち、自ら得点のチャンスを演出する。山本監督は、この試合の大一番を代打の森(理3)に託した。「みんなが絶対チャンスを作ってくれると思っていた」という森。春季リーグで放ったヒットは、スタメンとして出場した1安打だけ。しかし勝負強さを買われ、代打としての経験を重ねてきた。投げ込まれた4球目の変化球。うまくバットを合わせると、打球はショートの横を抜けレフト前へ転がった。待ち望んだ自身の2本目のヒットは、チームを勝利へ導く勝ち越し適時打となる。「代打での初ヒットがこのような舞台の良い場面で出たことが本当にうれしい」と森の笑顔がはじけた。
9回に息を吹き返した打線。森に続いて1番近藤も中前安打で出塁し二死二三塁とすると、3番畑が中前二点適時打で2点を追加。最終回に3点を奪った龍大が4―1で勝利を収めた。

9回表得点した時の応援席

9回表得点した時の応援席

全国という大舞台での接戦を、見事勝ち抜いた龍大。「リーグ戦同様に龍大らしい野球をした」という監督の言葉にあるように、この勝利が龍大野球の強さを証明した。明日の対戦相手は今季リーグ無敗で優勝した東海大。チーム龍大の結束力で、明日も戦いに挑んでもらいたい。

<山本監督>
「リーグ戦同様に龍大らしい野球をした。総力戦、総動員で勝った試合だった。選手は緊張していたがそれは仕方のないこと。プレッシャーを解放するため『勝負を楽しめ』と伝えた。大符は独特の緊張感の中、よく投げてくれた。(あと1勝すると神宮球場で試合となるが)神宮は自分を育ててもらった場所。あの場所で野球をすることが目標」

<今西選手>
「全力でこの大会に臨んでいる。キャプテンとして、大学最後の年として立った東京ドームは2年前とは違って見えた。(9回の打席を振り返り)打席に入る前は、いつも通りを意識した。真ん中低めのスライダーを打った。必死に走って還って同点にするんだと思っていた。1勝して神宮で野球がしたい」

<大符投手>
「ピッチングの調子は良かった。ただ7回に得点してもらった後の投球が悪く、特にバッテリー間のミスが良くなかった。自分たちは負けていても逆転する力を持っているチームなので、同点になってもムードは悪くなかった。監督の精神面の指導が大きかった。ピンチの時こそ強気で行く意識を持っている」

<森選手>
「みんなが絶対チャンスを作ってくれると思っていたので、いつでも行ける準備をしていた。代打での初ヒットがこのような舞台の良い場面で出たことが本当にうれしい。明日もチャンスで絶対に打つ」

<畑選手>
「素晴らしい舞台で野球ができることを幸せに思いながらプレーした。自分の売りは肩なので、初回から肩を活かしたプレーが出来て良かった。何より木村さんがよく捕ってくれた。9回の打席は、もう1点取れれば楽になると思い打席に入った。打った球はインハイのカーブ。東海大は名門なので、挑戦者の気持ちをもってくらいつきたい」

(記事 龍魂編集室 隠岐智夏/写真 日髙朱花・松本一輝)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

ページの先頭へ

ページの先頭へ