硬式野球部

チーム総力戦でつかんだ勝利!全国の初戦突破!

6月11日、東京ドームで第63回全日本大学野球選手権大会が行われた。国際武道大と対戦した龍大は、7回に坂本の適時二塁打で先制するも裏に追いつかれ1―1。しかし9回に今西の右中間二塁打でチャンスを作ると、代打森のレフト前適時打と3番畑の二点適時打で最終回に3点を奪った。龍大は4―1で初戦に勝利し、全国の舞台で1勝を飾った。

全国の舞台で好投を見せた大符

全国の舞台で好投を見せた大符

独特の雰囲気漂う、東京ドームのマウンドに上がった大符(国2)。「調子は良かった」という言葉通り、緊張をものともしないストライク先行の攻めの投球を披露した。圧巻だったのは4回。相手のクリーンアップを三者連続三振で封じ込める素晴らしい内容を見せた。
テンポよく進んでいく試合は、龍大守備陣の堅実な守りも光った。初回にレフトの畑(営3)が自慢の肩を活かしたバックホームで相手の先制を阻止。6回にはセンター近藤(国3)がヒット性の打球をつかみ、飛び出した二塁走者をアウトにするダブルプレーが生まれた。

緊張感漂うベンチの様子

緊張感漂うベンチの様子

試合の均衡を破ったのは7回。坂本(文4)のレフト線へ転がる適時二塁打で待望の先制点を奪い、活気づく龍大ベンチ。しかし全国の相手はそう簡単に勝たせてはくれない。その裏に1死一三塁のピンチを招き大符は降板。中井(済4)、瀧中(社2)の継投で最少失点に抑えるも、試合は再び振り出しに戻った。

9回に反撃の口火をきった今西

9回に反撃の口火をきった今西

そして1―1の同点で迎えた最終回。「9回までで終わらせたいと思っていた」という先頭打者の今西(文4)は、右中間を深々と破る二塁打を放ち、自ら得点のチャンスを演出する。山本監督は、この試合の大一番を代打の森(理3)に託した。「みんなが絶対チャンスを作ってくれると思っていた」という森。春季リーグで放ったヒットは、スタメンとして出場した1安打だけ。しかし勝負強さを買われ、代打としての経験を重ねてきた。投げ込まれた4球目の変化球。うまくバットを合わせると、打球はショートの横を抜けレフト前へ転がった。待ち望んだ自身の2本目のヒットは、チームを勝利へ導く勝ち越し適時打となる。「代打での初ヒットがこのような舞台の良い場面で出たことが本当にうれしい」と森の笑顔がはじけた。
9回に息を吹き返した打線。森に続いて1番近藤も中前安打で出塁し二死二三塁とすると、3番畑が中前二点適時打で2点を追加。最終回に3点を奪った龍大が4―1で勝利を収めた。

9回表得点した時の応援席

9回表得点した時の応援席

全国という大舞台での接戦を、見事勝ち抜いた龍大。「リーグ戦同様に龍大らしい野球をした」という監督の言葉にあるように、この勝利が龍大野球の強さを証明した。明日の対戦相手は今季リーグ無敗で優勝した東海大。チーム龍大の結束力で、明日も戦いに挑んでもらいたい。

<山本監督>
「リーグ戦同様に龍大らしい野球をした。総力戦、総動員で勝った試合だった。選手は緊張していたがそれは仕方のないこと。プレッシャーを解放するため『勝負を楽しめ』と伝えた。大符は独特の緊張感の中、よく投げてくれた。(あと1勝すると神宮球場で試合となるが)神宮は自分を育ててもらった場所。あの場所で野球をすることが目標」

<今西選手>
「全力でこの大会に臨んでいる。キャプテンとして、大学最後の年として立った東京ドームは2年前とは違って見えた。(9回の打席を振り返り)打席に入る前は、いつも通りを意識した。真ん中低めのスライダーを打った。必死に走って還って同点にするんだと思っていた。1勝して神宮で野球がしたい」

<大符投手>
「ピッチングの調子は良かった。ただ7回に得点してもらった後の投球が悪く、特にバッテリー間のミスが良くなかった。自分たちは負けていても逆転する力を持っているチームなので、同点になってもムードは悪くなかった。監督の精神面の指導が大きかった。ピンチの時こそ強気で行く意識を持っている」

<森選手>
「みんなが絶対チャンスを作ってくれると思っていたので、いつでも行ける準備をしていた。代打での初ヒットがこのような舞台の良い場面で出たことが本当にうれしい。明日もチャンスで絶対に打つ」

<畑選手>
「素晴らしい舞台で野球ができることを幸せに思いながらプレーした。自分の売りは肩なので、初回から肩を活かしたプレーが出来て良かった。何より木村さんがよく捕ってくれた。9回の打席は、もう1点取れれば楽になると思い打席に入った。打った球はインハイのカーブ。東海大は名門なので、挑戦者の気持ちをもってくらいつきたい」

(記事 龍魂編集室 隠岐智夏/写真 日髙朱花・松本一輝)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

全日本大学野球選手権のパブリックビューイングを開催します!

プレゼンテーション1

本学硬式野球部が参加する全日本大学野球選手権大会を完全LIVE中継でお届けします!みんさまの熱い応援を東京へ届けよう!

◆パブリックビューイングの概要◆

<試合日程>
1回戦:6月11日(水) vs国際武道大学
2回戦:6月12日(木) vs東海大学(1回戦に勝利した場合)
3回戦:6月13日(金) (2回戦に勝利した場合)

<開始時間・放映場所>
各日程、試合開始時間の10分前より放映します。
(※ただし、11日は朝の勤行終了後です。)

1回戦:顕真館          9:00試合開始
2回戦:4号館地下食堂      11:30試合開始
3回戦:顕真館          14:00試合開始

応援グッズ(チアスティック・うちわ)を配布予定です。
(※数が無くなり次第、配布終了です。)

なお、瀬田学舎はいずれの日程も学生交流会館で行います。

全日本大学選手権大会出場の報告を行いました。

平成26年度関西六大学春季リーグにて優勝し、6月10日(火)より開幕する第63回全日本大学野球選手権大会に出場を決めた硬式野球部の若原部長、山本監督、日崎コーチ、今西選手(文学部4年)、木村選手(文学部4年)、坂本選手(文学部4年)が学長を表敬訪問しました。

山本監督からは「大学関係者の方々のご支援により、優勝することができました。発展途上のチームではありますが、全国の地で一丸となって戦います。」と抱負を語りました。赤松徹眞学長からは「山本監督就任2年目での優勝ということで、このままの勢いで全国でも優勝を目指して欲しい。選手の皆はこれからもトレーニングに励み、万全の状態で戦ってほしい。」とエールが送られました。

応援については詳細が決まり次第、HP、学内掲示版等にて告知いたします。全員で力を合わせて、全国の舞台で勝利を手にしましょう!!硬式野球

歓喜の胴上げ!2年ぶりのリーグ制覇果たす!

5月25日、皇子山野球場で関西六大学野球春季リーグ戦の第8節が行われた。リーグ優勝をかけて大院大と第2戦を戦った龍大は、5回に代打森のレフトライナーと相手の失策から先制。この1点を菊池、中井、瀧中の投手リレーで守りぬき、1―0で勝利した。大院大から勝ち点を奪った龍大は、2年ぶりにリーグ優勝の栄冠を手にした。

9回表、3つ目のアウトを取った瞬間に、龍大ナインが一斉にマウンドに向かって駆けだした。2年ぶりつかんだリーグ優勝。泣き笑う選手たちは、互いに抱き合って喜びを分かち合う。スタンドから響く応援団の歓声と拍手が、いつまでも選手たちを祝福していた。

優勝を果たし喜びを表す選手たち

優勝を果たし喜びを表す選手たち

試合はチャンスを作るも得点しきれない展開だった。しかし迎えた5回裏の攻撃。「スタンドの4年生のためにも頑張ろうと打席に入った」という先頭打者の山内(社3)が左前安打で出塁。犠打で二塁に進めると、山本監督が先手を打つ。8番梶田(社3)に代わり代打森(理3)を打席に送る。快音を残したライナー性の当たりはぐんぐんと伸びていき、レフトのグラブをはじく。ボールが外野を点々と転がる間に、二塁走者の山内が一気に塁を駆け抜けホームイン。チーム待望の先取点1をスコアボードに刻んだ。

本塁に生還し、井上雄(左)とハイタッチを交わす山内(右)

本塁に生還し、井上雄(左)とハイタッチを交わす山内(右)

1点を先制し、先発菊池(社3)の粘りの投球が続く。しかし7回表に2死満塁の最大のピンチが訪れる。チームの命運を託され、マウンドに上がったのは中井(済4)。「気持ちでは誰にも負けない」と、ワンストライク・ツーボールから投じた球種はスライダー。カウントを悪くしかねない場面でも、ミットを構える木村(文4)のサインに躊躇(ちゅうちょ)はなかった。「中井を信頼している。こんな場面でもいつも通りのスライダーを投げてくれると思った」。スライダーは見事な球筋を描き、打者をセンターフライに打ち崩す。バッテリーは今試合の山場を無失点で切り抜けた。8、9回は瀧中(社2)が力投。自分と野手を信じて投げ抜いた。3人の投手リレーで1点を守りきった龍大が、大院大との優勝決定戦に連勝した。

ピンチで熱投をみせた中井

ピンチで熱投をみせた中井

激戦の関六リーグを勝ち抜いた龍大ナイン。試合後彼らの口からこぼれたのは、スタンドにいる4年生への感謝の言葉だった。就職活動などで忙しい日々を送る中、レギュラー以外の4年生が誰よりも率先的に練習相手を買って出たという。グランドに居ようともスタンドに居ようとも、最上級生たちの思いはひとつ。「このメンバーで神宮に出たい」。昨年の低迷したシーズンを乗り越え、4年生29人でチームを優勝へと導いた。
龍大の次なる舞台は、強豪集う全日本選手権大会。山本監督は「神宮に行っても自分たちの野球をするだけ」と短く語った。龍大の堅実な野球で、全国の相手に立ち向かってほしい。
一球でも多く、一試合でも長く――。全員野球でこの仲間との最後の大会を駆け抜ける。

<山本監督>
「勝ち星を落とせないゲームが続き、しんどかった。この日のためにつらい思いをしていた。選手総動員、皆の力で勝てたことが大きかった。選手は自分を信頼して着いてきてくれた。投手陣はメンタルが大きく左右するポジション特に肩の荷を下ろせるように心掛けた。神宮に行っても自分たちの野球をするだけその状況のベストを尽くしていきたい」

<今西主将>
「(優勝を決め)とても嬉しいが、正直しんどかった。大経大に負け越し、追い込まれた時は本当にしんどかった。関六代表として一戦一戦全力で戦いたい」

<木村捕手>
「(優勝を決め)素直にうれしい。このメンバーで神宮に出たいという思いが強かった。昨年は我慢の年で、今年は全員で勝ちに行くことができた。スタンドの4年生が取り組んでくれたことが支えになっている。神宮では自分たちのスタイルを変えないで、ベストを尽くしたい」

<坂本選手>
「(優勝を決め)最高です。(優勝を果たした要因は)間違いなく4年生の力。感謝の気持ちでいっぱい。神宮ではまずは結果を残す。怪我を直して万全の状態でショートを守りたい」

<井上選手>
「(優勝を決め)嬉しい。スタンドの4年生の想いを背負ってプレーしないとと思っていた。優勝は4年生の想いを一つにしてできたもの。神宮ではベスト4以上の結果を残し、率先して今できることをしたい」

<中井投手>
「(2死満塁のピンチの場面)気持ちだけは負けたくない。気持ちの強いことが自分の強み。『お前の仕事だ』と監督に言われ普段通りに投げることができた。監督への思いでチームがひとつにまとまっていた。神宮でも一戦一戦を大切にしたい」

<森選手>
「一緒にがんばってきた先輩たちのためにも一発決めようと思った。苦しいこともあったが先輩たちが支えてくれた。神宮では今日のようないい場面で監督さんが出してくれると思うので期待に応えたい」

<山内選手>
「スタンドの4年生のためにも頑張ろうと打席に入った。とにかく1点欲しかったのでよかった。4年生が練習も率先してくれたので恩返ししたい。神宮では普段通りにプレーし、4年生と少しでも長く野球をしたい」

(記事 龍魂編集室 隠岐智夏/写真 日髙朱花)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

ページの先頭へ

ページの先頭へ