硬式野球部

白熱の投手戦も延長のすえ敗退

10月15日、皇子山野球場で関西六大学野球秋季リーグ戦の第7節が行われた。京産大との伝統の龍産戦は、両チーム無得点のまま延長までもつれる接戦に。試合時間が3時間を越えたため13回からはタイブレークに突入するも、連打で5点を奪われ1―5で敗戦した。

負ければ京産大の優勝が決まってしまう第一戦。勝って優勝の望みをつなぐため、先発を任されたのは菊池(社3)だ。序盤から得点圏に走者を置き、再三ピンチを背負うも、「先に相手に点を取らせないつもりで投げた」と丁寧な投球で防戦する。相手を三者凡退に抑えた4回を機に、調子を上げた菊池。7回途中まで投げ続け、打撃陣の援護を待った。

先発した菊池

先発した菊池

菊池の後を受け、登板した瀧中(社2)。持ち前の強気のピッチングで二死満塁のピンチを防ぐと、以降は相手に攻撃する隙を与えない。スコアボードには18個の0が並び、試合は延長戦へ。しかしタイブレークに突入した13回に3連打で一挙5点を奪われる。反撃に出たい打線も、宮城(社3)の左犠飛で1点を返すのみ。1―5で接戦に敗れた。

二死満塁のピンチを防ぎガッツポーズを見せる瀧中

二死満塁のピンチを防ぎガッツポーズを見せる瀧中

優勝はライバルの手に渡ったが、伝統の一戦にふさわしい接戦をみせた龍大。この日3安打を放つ活躍を見せた西(営3)は「とにかく勝つことを目指し、絶対に負けないという気持ちで臨みたい」と次戦について語る。第二戦こそ勝利し、京産大に一矢報いたい。

3安打を放った西

3安打を放った西

<監督のコメント>
「投手は再三のピンチをしのぎ、タイブレークまでよく投げた。点を取れなかったことが大きかった。攻撃面は克服しなければならない課題。選手は序盤硬さがあった。切り替えて明日いい試合が出来るように頑張る」

<菊池投手のコメント>
「自力優勝がかかった大事な初戦のマウンドだったので絶対勝つという意識でいた。ピンチでは先に相手に点を取らせないつもりで投げた。今日はスライダーが低めに決まっていたのがよかった。雰囲気を変え、勝ち点を取れるよう頑張りたい」

<瀧中投手のコメント>
「ピンチでの登板だったが投げるしかないという気持ちでキャッチャーとバックを信じて投げた。得点された場面は抑えることが出来なかったので悔いが残る。勝ち点を落とすわけにはいかないので頑張っていきたい」

<西選手のコメント>
「とにかく絶対に勝つつもりでいた。10回に先頭打者の自分が、大事な場面でヒットを打てたことは良かった。猛打賞を取れたが自分の中ではまだまだだと思っている。明日はとにかく勝つことを目指し、絶対に負けないという気持ちで臨みたい」

(龍魂編集室 記事 隠岐智夏/写真 松本一輝 松本晃平)

10月14日(水)の龍産戦について【中止】

本日開催予定でした硬式野球部の京都産業大学戦は、グラウンドコンディション不良のため中止となりましたので、お知らせいたします。
これに伴い試合日程は、10月15日(水)、16日(木)に順延となります。

明日以降、応援よろしくお願いいたします。

http://www.kan6bb.jp/

最終回にまさかの逆転負け

9月29日、舞州ベースボールスタジアムにおいて関西六大学野球秋季リーグ戦が行われた。龍大は大院大と2回戦を戦うも、最終回に逆転を許し4―9で敗戦した。

先制したのは龍大。初回に桑山(社2)が左中間へタイムリーを放ち先制すると、3回には山内(社3)の左犠飛で1点を追加する。しかし、今試合が秋季リーグ初先発となった川井(政3)が4回に2―2の同点とされ、試合は振り出しに戻った。

先制打を放った桑山

先制打を放った桑山

代わった菊池(社3)の粘りの投球に打線が応えた。5回に山内の犠飛と山口(文2)の右前適時打で2点の勝ち越しに成功する。菊池は8回に1点を奪われたところで瀧中(社2)にスイッチし。9回のマウンドにも上がった瀧中だが、「勝ち急いだ」と同点打と勝ち越し打を打たれ逆転を許した。瀧中に代わった石田(社1)と合わせ、最終回に6点を失った龍大。4―9で大院大に逆転負けを喫した。

 

2打点の山内

2打点の山内

勝負には敗戦したものの、3番の近藤(国3)は3安打を放つなど、打線の調子は上向き。リーグ終盤にさしかかり、疲労の見える投手陣を打線で援護したい。

<監督のコメント>
「8回の失点が9回の6失点につながっている。疲れも原因で投手力が下がってきている。ピッチャーは自分たちの仕事をできていなかった」

<瀧中のコメント>
「9回は勝ち急いでしまった。調子は良くなかったが、絶対に抑えなければならない場面だった。チームに迷惑をかけているので、借りを返したい」

(龍魂編集室 記事 隠岐智夏/写真 松本一輝)

3時間26分の激闘!宮城の一打で延長戦制す!

9月21日、わかさスタジアム京都において関西六大学野球秋季リーグ戦が行われた。大経大と2回戦を戦った龍大は4点を先制されるも、9回に同点としさらに1点を勝ち越す。その裏に同点に追いつかれるが、12回に宮城が3点適時二塁打を放ち8―5で勝利した。

3時間26分にまで及んだ延長戦に終止符を打ったのは、走者一掃の3点適時二塁打を放った宮城(社3)だ。「最後に打てて良かった」と少し安心した様子で語った宮城。この日は再三めぐってきた得点チャンスで凡退を繰り返していた。しかし「絶対に打ってやろう」と狙い球の直球を迷いなく振り切ると、打球は快音を残しセンターの頭上を越える。12回表、二死満塁という最大のチャンスで4番の仕事をやってのけた。

豪快なスイングをみせた宮城

豪快なスイングをみせた宮城

試合は先発の瀧中(社2)がつかまり、序盤から4点を追いかける苦しい展開に。しかし、5回に中村辰(社1)が反撃の適時打を放つと、6回に森(理3)の2点適時二塁打で1点差に詰め寄る。最終回には近藤(国3)がセンター前へ同点打、山口(文2)が勝ち越しタイムリーを放ち、全員で小刻みに得点を重ねた。山口は「ベンチとスタンドが一丸になったことで打たせてもらった」と勝ち越しの場面を振り返る。9回裏に同点に追いつかれてからも、チーム全体で勝利に向かい粘り強く攻め続けた。

ハイタッチを交わす山口

ハイタッチを交わす山口

「今日の勝ち方は自信がついたし、こういった戦いが出来ればチームは強くなる」と語る宮城。劣勢をはねのけ勝利へと結びつけた勢いは、チームを確実に後押しするだろう。秋季リーグは龍産戦を含め、あと残り2節。全員野球で勝利を掴んでもらいたい。

<監督>
「4点を先制されたが、それ以降は瀧中がリズムよく三者凡退に抑えたことが打線の流れを勢いづけたと思う。連勝できたことに越したことはない」

<宮城選手>
「最後に打てて良かった。中途半端だけはやめようという意識で打席に入った。監督には期待してもらっているので応えたかった。今日の勝ち方は自信がついたし、こういった戦いが出来ればチームは強くなる。京産大も勝利したためひとつも負けられないが、このプレッシャーをモチベーションに変えていきたい」

<山口選手>
「(9回の勝ち越し適時打について)ベンチとスタンドが一丸になったことで打たせてもらった。声掛けなどチームの雰囲気が良く、いけるなと感じた。前半点差があったが強い気持ちでプレーしたことが結果に繋がった」

(龍魂編集室 記事 隠岐智夏/写真 松本一輝 長谷川真美)

ページの先頭へ

ページの先頭へ