硬式野球部

開幕戦の雪辱を果たし、今季初勝ち点を獲得!

4月6日、南港中央野球場において関西六大学リーグ戦、第1節3戦目が行われた。相手は神院大。小雨が降りしきる中、開幕戦の雪辱を果たすべく挑んだ龍大が見事4-1で勝利し今季初の勝ち点を獲得した。

鮮やかに二塁打を放った梶田

鮮やかに二塁打を放った梶田

2回裏、1死二、三塁のチャンスで9番梶田(社4)。「チャンスだったので先制点を取ろうと思って打席に入った」と振り返るように、宣言通り左適時二塁打を放ち2点を先制する。その後3回表に1点を奪われるも、試合は攻防戦が続く。さらに6回裏の押し出し、8回裏の2死一塁の場面での1番近藤(国4)の右適時三塁打で追加点をあげ、神院大に白星を付けた。

粘りの投球をみせた瀧中

粘りの投球をみせた瀧中

今試合の先発は開幕戦での惜敗を晴らすべく、自ら志願して登板した瀧中(社3)。「心のどこかで点を取られる不安はあったが自分で言い出した以上、責任をもって投げた」と語るように、1点こそ取られるものの丁寧かつ大胆な投球で9回まで完投した。

今後は強豪との対戦が控えているが、山本監督の「ピンチの時こそ遊び心を持て」という言葉を胸に今シーズン果敢に挑んでほしい。

〈山本監督〉
「同じ失敗は許されない。ピンチをピンチだと思わないことが大切。今回の勝利は最低ノルマですからね」

〈瀧中選手〉
「十分に休めていない状態での登板で点を取られる不安はあったが、自分で言い出した責任もあるので、キャッチャーを信頼して投げ込んでいった。今後は自分が投手陣を引っ張っていきたい」

〈梶田選手〉
「神宮に行くために何とか勝ち点を取ろうと頑張ったので良い結果につながった。気を抜かずに次の試合に臨みたい。目標は神宮大会ベスト4」

(龍魂編集室 記事 長谷川真美 / 写真 松本一輝)
龍魂編集室では現在新入部員を募集中!
興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで

粘りみせるも惜敗。開幕戦は黒星スタート

4月4日、南港中央野球場において関西六大学野球春季リーグ戦、第1節が行われた。龍大は神院大と1回戦を戦い、一時は同点に追いつき延長戦までもつれたが、10回表に勝ち越され4―5で惜敗した。

先制の適時打を放った中村崇

先制の適時打を放った中村崇

初回、2死一、二塁から5番の中村崇(社3)の右前適時打で龍大が先制する。しかし3回、開幕投手に指名された瀧中(社3)が2死三塁から中前適時打を打たれ同点にされると、試合の流れは神院大に傾く。5回、2死から2本の適時打を浴び勝ち越しを許すと6回にも追加点を奪われ、試合は1-4と龍大の劣勢に。だが、『チームは最後まで諦めなかった』と瀧中が振り返るように、ここから逆襲が始まる。7回、無死一塁から梅田(社3)が右中間へ適時二塁打を放つと、その後1死三塁となり4番の宮城(社4)が犠飛を打ち1点差に詰め寄る。そして8回、2死二塁のチャンスを作ると、代打の山口(文3)がライトへ適時二塁打を放ち、ついに試合を振り出しに戻す。このまま試合は延長戦に突入する。しかし10回表、2死三塁から内野安打を打たれてしまい、これが決勝点となった。粘りをみせた龍大だが、惜しくも開幕戦を落とす結果となった。

開幕戦のマウンドで力投する瀧中

開幕戦のマウンドで力投する瀧中

開幕戦を落としはしたものの、主将の山内(社4)は『1敗で落ち込んでいても仕方ない』と次の試合へ向けて気持ちを切り替えている。また、山本監督も『今日負けたことでチームにとって良い刺激になればと思う』と語った。2年連続の春季リーグ優勝をめざし、龍大硬式野球部はこれからの試合に挑んでいく。

<山本監督>
「今日はゲームの入り方が良くなかった。先制してもこれでいけるぞという雰囲気を作れなかった。今日負けたことで、チームにとって良い刺激になってくればと思う」

<山内主将>
「1敗で落ち込んでいても仕方がない。勝ち点を取れれば問題はない。この冬、野手陣はバッティングを課題に練習してきた。リーグ優勝を狙ってこの先の試合に挑みたい」

<瀧中選手>
「今日は野手に助けられた。逆球が多かったのが課題点。開幕のマウンドは緊張した。0点で抑えようと思っていたが丁寧に投げすぎてしまった。試合に負けない投手になれるようにがんばりたい」

(龍魂編集室  記事 松本一輝 / 写真 長谷川真美)
龍魂編集室では現在新入部員を募集中!
興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com

宮城のツーランで決めた!1点差守りきり勝利!

10月16日、皇子山野球場で関西六大学野球秋季リーグ戦が行われた。京産大との第二戦は、龍大が4回に宮城の右越えツーランで先制する。川井、福島、川波の3投手の継投で京産大を1失点に抑え、2―1で勝利。対戦成績を1勝1敗とした。

「打った瞬間入ったと思った」。快音を残して、宮城(社3)の打球がライトスタンドへと消えていく。近藤(国3)の三塁打で作った最大のチャンス。「何とかして1点取りたかった」と、低めのチェンジアップをすくい上げた。春季リーグから4番に座り続ける宮城だが、持ち味の長打力を活かす打撃フォームを模索し続けてきた。試行錯誤の結果が、自身の大学初ホームランとなって表れた。

ツーランを放ち拳を突き上げる宮城

ツーランを放ち拳を突き上げる宮城

先発した川井(政3)は「調子がよく、試合を楽しめた」と言うように、序盤からテンポ良く打者を追い込んでいく。スライダーと直球を組み合わせ、着実に打者を打ち取っていった。7回1失点の好投をみせた川井。その後のマウンドを託された福島(文1)もピンチをしっかりと抑えた。

好投で試合を作った川井

好投で試合を作った川井

しかし、最終回に試練が待っていた。8回から登板していた川波(社2)が無死満塁のピンチを背負う。落ち着いてセカンドフライで一死とすると、レフトフライで二死。三塁走者はタッチアップで本塁を狙う。レフトの吉田(社1)、ショート山内(社3)、そしてキャッチャーの中村(社1)の体を張ったブロックで本塁タッチアウト。見事な中継プレーで激戦を締めくくった。

最終回の最大のピンチを切り抜け、2―1で勝利した龍大。秋季リーグ最終戦となる第三戦は、21日の11時30分から皇子山野球場で行われる。全員野球で2季連続の勝ち点奪取に挑んでほしい。

<山本監督>
「川井をはじめ、福島や川波がしっかり投げてくれた。結果的に1点で抑えられたところを評価したい。宮城は長打力を出すため、フォームを変え、成果が出たことはよかった」

<川井投手>
「調子がよく、試合を楽しめた。腕が振れており、特にスライダーが良かった。足の速い打者が多いので先頭打者をアウトにすることを意識した。一人一人全力投球で打ち取りに行けた。チームの雰囲気は良く、春につながる勝利だった。勝ち点を取れるように気持ちを引き締めて勝ちたい」

<宮城選手>
「(4回の本塁打について)打ったのは低めのチェンジアップ。体が反応した。打った瞬間入ったと思った。何とかして1点取りたかったので自分がホームランを打てて良かった。春秋と4番をさせてもらったが自分の結果にはまだまだ満足していない。次戦は絶対に勝って龍大の勝利で終わりたい」

<中村捕手>
「(最終回を振り返り)最後のフライは浅めだったのでホームまではこないと思っていたが、突っ込んできたので全力で体でブロックした。キャッチャーとしてピッチャーをうまくリードするのは当然の役目なので果たせるようにしたい」

(龍魂編集室 記事 隠岐智夏/写真 松本一輝)

白熱の投手戦も延長のすえ敗退

10月15日、皇子山野球場で関西六大学野球秋季リーグ戦の第7節が行われた。京産大との伝統の龍産戦は、両チーム無得点のまま延長までもつれる接戦に。試合時間が3時間を越えたため13回からはタイブレークに突入するも、連打で5点を奪われ1―5で敗戦した。

負ければ京産大の優勝が決まってしまう第一戦。勝って優勝の望みをつなぐため、先発を任されたのは菊池(社3)だ。序盤から得点圏に走者を置き、再三ピンチを背負うも、「先に相手に点を取らせないつもりで投げた」と丁寧な投球で防戦する。相手を三者凡退に抑えた4回を機に、調子を上げた菊池。7回途中まで投げ続け、打撃陣の援護を待った。

先発した菊池

先発した菊池

菊池の後を受け、登板した瀧中(社2)。持ち前の強気のピッチングで二死満塁のピンチを防ぐと、以降は相手に攻撃する隙を与えない。スコアボードには18個の0が並び、試合は延長戦へ。しかしタイブレークに突入した13回に3連打で一挙5点を奪われる。反撃に出たい打線も、宮城(社3)の左犠飛で1点を返すのみ。1―5で接戦に敗れた。

二死満塁のピンチを防ぎガッツポーズを見せる瀧中

二死満塁のピンチを防ぎガッツポーズを見せる瀧中

優勝はライバルの手に渡ったが、伝統の一戦にふさわしい接戦をみせた龍大。この日3安打を放つ活躍を見せた西(営3)は「とにかく勝つことを目指し、絶対に負けないという気持ちで臨みたい」と次戦について語る。第二戦こそ勝利し、京産大に一矢報いたい。

3安打を放った西

3安打を放った西

<監督のコメント>
「投手は再三のピンチをしのぎ、タイブレークまでよく投げた。点を取れなかったことが大きかった。攻撃面は克服しなければならない課題。選手は序盤硬さがあった。切り替えて明日いい試合が出来るように頑張る」

<菊池投手のコメント>
「自力優勝がかかった大事な初戦のマウンドだったので絶対勝つという意識でいた。ピンチでは先に相手に点を取らせないつもりで投げた。今日はスライダーが低めに決まっていたのがよかった。雰囲気を変え、勝ち点を取れるよう頑張りたい」

<瀧中投手のコメント>
「ピンチでの登板だったが投げるしかないという気持ちでキャッチャーとバックを信じて投げた。得点された場面は抑えることが出来なかったので悔いが残る。勝ち点を落とすわけにはいかないので頑張っていきたい」

<西選手のコメント>
「とにかく絶対に勝つつもりでいた。10回に先頭打者の自分が、大事な場面でヒットを打てたことは良かった。猛打賞を取れたが自分の中ではまだまだだと思っている。明日はとにかく勝つことを目指し、絶対に負けないという気持ちで臨みたい」

(龍魂編集室 記事 隠岐智夏/写真 松本一輝 松本晃平)

ページの先頭へ

ページの先頭へ