硬式野球部

序盤の失点が響き、敗北。龍産戦での勝ち点を逃す

5月6日、わかさスタジアム京都において関西六大学野球春季リーグ戦、第5節が行われた。龍大は京産大と3回戦を戦い、序盤に大きくリードを奪われ、その後1点を返すも反撃及ばず1-7で敗北した。

 

この試合、龍大は序盤から苦しい戦いを強いられる。初回、先発の菊池(社4)が2死満塁から連続適時打を許し一気に4点を先制される。さらに3回、2番手で登板した大符(国3)も流れを止められず、2点を追加され、6-0と大量リードを許してしまう。しかし、その後の大符は「イニングを重ねるごとに自分らしさを出せていた」と山本監督が語るように、4回以降は得点を許さず8回まで快投する。

1写真1

【写真1 落ち着いた投球をみせる大符】

 

一方の打線は、相手先発の津田の前にチャンスこそ作るものの、得点には結びつかずなかなか反撃ができない。しかし5回、1死一、三塁のチャンスを作るとここで迎えるのは3番の桑山(社3)。狙い球のストレートを振り切った打球は、詰まりながらもセカンドの後ろに落ち、適時打となり1点を返す。試合後、桑山は「外にシュートしたので芯で捕らえられなかったが落ちてよかった」と振り返った。しかし、反撃もここまで。その後はチャンスをものにすることができない。また、最終回にはさらに1点を追加されそのまま試合終了。1―7で敗北した。試合後、山内主将(社4)は「龍大のここ一番が出ない弱さが全面に出た試合だったと思う」と悔しさをみせた。

2写真2 (2)

【写真2 適時打を放った桑山】

 

この春の龍産戦は1勝2敗と惜しくも負け越した龍大。次で最終節を迎えるのだが、桑山は「4年生と一緒に戦うのも最後なので気持ち良く終わりたい」とこの春で引退する4年生のために勝利への意欲をみせた。また主将の山内も「絶対に勝ちたい」と意気込んでいる。最終戦を勝利し、有終の美を飾るために彼らの戦いはまだ終わらない。

 

〈山本監督〉

「立ち上がりの4点が重かった。大符はイニングを重ねるごとに良くなったので自信につながると思う。次が最後の試合なので勝って価値のある試合にしたい」

 

〈山内主将〉

「ここ一番で打ってほしいところで打てなかったのが自分も含めて今後の課題になると思う。次の試合で4年生は最後なので絶対に勝ちたいと思う」

 

〈桑山選手〉

「(5回の打席について)ここで返したいと思っていた。当たりは良くなかったが落ちて良かった。もう優勝はできないが、4回生と一緒に戦えるのも次が最後なので勝って気持ちよく終わりたい」

 

(龍魂編集室 記事 松本一輝/ 写真 松本晃平、隠岐智夏)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

前日の雪辱晴らし、勝利

5月5日、わかさスタジアム京都で関西六大学春季リーグ戦第5節、通称龍産戦の2戦目が行われた。序盤から龍大ペースで試合を運び、見事龍産戦の2戦目を勝利した。

写真1

【写真1 2安打1打点の活躍をみせた北尾】

 

1回表、2死三塁のチャンスを4番中村崇(社3)がものにして、1点を先制する。続く2回表には2死一、二塁の場面で近藤(国4)の適時打と相手の悪送球が絡み2点を追加する。6回表は北尾(社1)の適時打と捕逸で2点を、また7回表は中村崇の適時打で1点を、さらに8回表は近藤の適時打で1点を、と次々に点を重ねていく。だが8回裏、押し出しと内野ゴロと捕逸と内野安打で一挙4点を奪われてしまう。しかし龍大は落ち着いた様子を見せ、7―4で逃げ切り、この戦いに制した。

そして、この試合最も存在感をみせたのは近藤。なんと5安打3打点で、4年生の実力を見せつけるような大活躍であった。

写真2

【写真2 4年生の貫録を見せた近藤】

 

今試合を勝利したことで伝統の龍産戦は第3戦目で勝敗が決まる。明日の試合で有終の美を飾れるよう、ペースを崩さずに挑んでほしい。

 

〈山本監督〉

「8回、バタバタはしたが理想的な試合はこびだった。大きなミスなく、落ち着いてプレーできてよかった。明日もいいゲームができるようにしたい」

 

〈山内主将〉

「昨日の雨で負けてしまった鬱憤を晴らそうと意気込んで試合に臨んだ。4年生は今季が最後の人もいるので一つでも多く勝ちたい」

 

〈近藤選手〉

「1打席1打席の積み重ねが結果に結びついた。どうにかしようというよりも開き直って自分通りを意識してプレーした。秋リーグにつなげられるように明日は勝ちたい」

 

(龍魂編集室 記事 長谷川真美 / 写真 松本一輝)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

雨に泣いた龍大、龍産戦の初戦は黒星

5月4日、南港中央野球場において2015年関西六大学野球春季リーグ戦、第5節が行われた。龍大は京産大と1回戦を戦い、序盤は龍大ペースで試合が進むも後半に逆転を許してしまい、2-4で敗北した。

 

小雨が降りしきる中始まった伝統の龍産戦。ゲームは初回から動く。1回裏、1死満塁のチャンスを迎えるとバッターは5番の中村崇(社3)。「皆が作ってくれたチャンスをものにしたかった」と意気込みスイングした打球は右中間を破る適時二塁打を放ち、龍大が2点を先制する。

写真1

【写真1 先制打を放った中村崇】

 

一方、大事な初戦のマウンドを託されたのは、石田(社2)。「先制点をとらないようにと思って投げた」と語るように、1回の攻撃を3者連続三振に打ち取る最高の立ち上がりをみせる。その後も力強い投球を披露し、6回まで1点に抑える。しかし7回、急激に強くなった雨が石田を苦しめる。2死3塁のピンチを背負うと、ここで適時三塁打を打たれ同点に追いつかれる。さらに次の打者の場面でストレートが抜けてしまいワイルドピッチで、逆転を許す。これが決勝点となり龍大は逆転負けを喫した。

写真2 (1)

【写真2 力投をみせる石田】

 

試合後、石田は「全体の投球は悪くなかったが、7回の場面に粘り切れなかった」と悔しさをにじませた。優勝するには、もう負けは許されない龍大。「1つでも多く勝つようにしたい」と中村崇が語るように、龍大の逆襲はまだまだこれからだ!

 

 

〈山本監督〉

「今日は雨に負けてしまった。状況に合わせて対応することができなかった。石田は投げるたびに内容が良くなっていたので、先発の1人になってくれるようにと期待を込めて今日の先発を託した。細かいミスがあったので、もっとミスを減らしていきたい。」

 

〈石田選手〉

「今日は自分のスタイルを出せたので投球の出来は悪くなかった。ただ、7回で粘り切れずに逆転を許してしまった。次また投げさしてもらえる時があったらその時は0点に抑えたい」

 

〈中村崇選手〉

「(1回裏の打席について)皆が作ってくれたチャンスをものにしたかった。狙い球などは特になく、とりあえずフライをあげようと意識していた。もう負けられないので、1つでも多く勝つようにしたい」

 

(龍魂編集室  記事 松本一輝 / 写真 長谷川真美)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com

前半龍大ペースもまさかの惜敗

4月26日、ほっともっとフィールド神戸において、2015年関西六大学春季リーグ戦第4節2戦目が行われた。相手は大院大。一時は龍大優勢だったが後半にミスが目立ち、3-6で惜敗した。

 

2回裏、1死一、三塁の場面で7番主将の山内(社4)。外のストレートに狙いを定め犠飛を放ち、龍大が先制する。4回裏、1死満塁のチャンスで8番中村辰(社2)が適時打を、続く9番桑山(社3)が犠飛を打ち、3点リードし龍大ペースで試合は進んでいく。しかし7回表、1死一、三塁から2本の適時打、犠飛を打たれてしまう。結果、この回一挙3点を返され同点に追いつかれる。さらに8回表、龍大の失策が絡み3点を奪われる。点を奪い返したい龍大だったが、一歩及ばず悔しい結果となった。

写真1 (1)

【写真1 先制打を放った山内】

 

主将の山内は「自分たちのミスで流れが変わってしまった」と振り返る。また、先発の瀧中(社3)は「この春チームに全然貢献できていないので、貢献できるようにしたい」と語った。次節はいよいよ龍産戦。伝統の戦いが幕を開ける。

写真2

【写真2 適時打を放つ活躍をみせた中村辰】

 

<山本監督>

「後半のミスが響くのは野球の象徴。ピッチャーにはピンチをしのぐテクニックを身に着けてほしい」

 

<山内主将>

「今日の負けは誰のせいでもない。もう負けられないので、龍産戦どうこうよりも1つ1つの試合を勝ちにいきたい」

 

(龍魂編集室 記事 長谷川真美 / 写真 松本一輝)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ