硬式野球部

【硬式野球部】龍産戦!投手戦の末に…!

9月19日わかさスタジアムにおいて第4節1回戦、対京産大との試合が行われた。先発した瀧中(社3)は9回まで0を並べて味方の援護を待ったが、10回表に得点された。その裏の攻撃で意地を見せたい龍大打線だったが反撃とはならず0―1で敗れた。

 

伝統の龍産戦に先発したのは瀧中。1回表にランナーを出すも後続を打ち取り、立ち上がりを無失点に抑える。しかし味方打線が相手投手に苦しみ、瀧中は我慢の投球が続く。すると瀧中の好投に野手が応えた。7回表、2死二塁のピンチの場面で二遊間に打球が飛ぶ。その打球に反応したのは遊撃手の田頭(社1)。ダイビングキャッチでボールを収めると飛び出したランナーを見てボールを三塁へ。挟殺プレーでアウトとし、好プレーを見せた。

 

写真1 (1)

【好投を続ける瀧中】

 

打線は先制点が奪えないまま9回裏2死からチャンスを作る。好守をみせた田頭がセンター前にヒットを放つ。続く石濱(社1)はサードにセーフティーバント。走る石濱は一塁にヘッドスライディング。きわどい判定はセーフとなり龍大に流れを呼び込んだ。2死1、2塁のチャンスにバッター梅田。しかしファーストフライに打ち取られサヨナラとはいかなかった。

 

9回を投げぬいた瀧中は10回表もマウンドへ。しかし味方の失策でランナーを出すと

1死3塁のピンチを迎える。粘りを見せたい瀧中は続く打者をファーストゴロに打ち取る。しかしバウンドが高い打球となり三塁ランナーはホームイン。これが決勝点となり、龍産戦初戦は0―1で敗れた。

 

投手戦となった龍産戦初戦。先発した瀧中は10回を一人で投げた。試合後「瀧中に関しては満足する内容だった」と山本監督は瀧中の好投を称えた。しかしそれ以上に好投をみせた相手投手を打ち崩せなかった龍大打線。それでもバントヒットが2本出るなど小技が光った。龍産戦はまだ始まったばかり。残りの試合、打線の奮起に期待したい。

 

 

〈山本監督のコメント〉

「先発の瀧中は去年の春から見ても出来は最高のパフォーマンスだった思う。瀧中に関しては満足する内容だったと思う。打線に関してはここ4試合打線のほうで勝利を導いてくれている。この一回打てなかったからといって責めるわけにはいかない。打てないときはピッチャーが守る、打てるときは打線が援護して勝つ、そのへんのバランス。うちの打線以上に相手ピッチャーの津田くんの出来が素晴らしかった。誰を責めるというわけでもなく津田くんを称える試合だった思う」

 

〈桑山主将のコメント〉

「完敗だった。津田さんは良かったと思いますし、チャンスも1個か2個だった。ピッチャーの差だと思う。瀧中には悪いことをしたと思う。最近、ずっと瀧中は点を取られて、今日はいいピッチングをしてくれたと思う。悔しいがしょうがないかなとも思う」

 

〈瀧中選手のコメント〉

「今季全然いいピッチングができていなくて野手に助けてばかりいたので、そろそろピッチャーで勝ちたいと思っていた。監督さんにもずっと言われていたのが試合中にどれだけ自分の球を投げられるかだったので、今日は開き直って自分の球が投げられたのかなと思う。それがいい結果になったので良かったと思う」

 

 

(龍魂編集室 記事 向川 佳佑 / 写真 長谷川 奏珠)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com

 

【硬式野球部】開幕戦から負けなし!連勝続く!

9月14日、明石トーカロ球場において関西六大学秋季リーグ第3節1回戦が行われた。相手は神院大。序盤は苦しみながらも10-5で勝利を収めた。

試合は初回から動く。1回表、相手の暴投と山口(文3)の内野ゴロにより2点を先制する。しかしその裏、龍大のミスがひびき1点を、2回裏にも3点を返され一気に逆転されてしまう。2-4と追い込まれた龍大、ここから快進撃が始まる。

3回表、池田(社2)の適時打と宮崎の犠飛で2点を返し同点に追いつき、4回表には2本の適時打で2点を追加し逆転する。6回裏に1点を取られるものの7回表には北尾(社1)の適時二塁打と宮崎の適時三塁打で3点を追加、続く8回表にも山口の適時打で1点を追加し一気に点差を広げる。このまま最終回まで逃げ切り10-5で勝利した。

今回の試合、4番中村崇は4打数1安打と好調。4番としての役割をきっちりと果たした。現時点で負けなしの龍大。このままリーグ優勝まで連勝を続けてほしい。さあ次はいよいよ伝統の龍産戦だ。

〈山本監督〉

「怖さを払拭しないと勝てるようにはならない。技術ではなくメンタル面の強化をしなければならない」

〈宮崎選手〉

「チャンスはしっかり打ててよかった。次からは投手を引っ張っていき、捕手としてもっとチームに貢献したい」

〈中村崇選手〉

「リーグ戦から調子が上がってきた。力まず、個人よりもチームのために頑張っていきたい」

 

写真1

 

写真2

(龍魂編集室 記事 長谷川真美 / 写真 松本一輝、関真由子)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中! 興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

【硬式野球部】打線が2ケタ安打の活躍で開幕戦に勝利

8月29日、皇子山総合運動公園野球場で関西六大学野球秋季リーグ戦、第1節が行われた。龍大は大経大と1回戦を戦い、打線が2ケタ安打と奮起し6-5で開幕戦に勝利した。

 

 序盤は龍大ペースで試合が運ばれる。初回に2死三塁の場面で中村崇(社3)が右前適時打で龍大が先制する。さらに中村崇は3回と8回にも適時打を放ち、この試合4安打3打点と大暴れした。また中村崇だけでなく、この日は合計13安打と開幕戦から龍大打線が実力を見せつけた。試合後、中村崇は2ケタ安打の打線について「皆積極的に打っていったのが、良い流れになったと思う」と振り返った。

 

写真1

【3本の適時打を放った中村崇】

 

 一方、春リーグに続いて開幕のマウンドを任された瀧中(社3)も躍動する。力強い投球を披露し8回まで3失点に抑え、先発の役割を果たす。しかし最終回、龍大がピンチを迎える。連続適時打で1点差に詰め寄られ、さらにピンチが続く苦しい展開に。だが、最後は瀧中から変わった菊池(社4)が意地をみせ、このピンチを乗り切りゲームセット。6-5で開幕戦の勝利をもぎ取った。

 

 

写真2

【力投する瀧中】

 

 ほとんどの4年生が引退し、この秋から新チームになった龍大。新主将の桑山(社3)は「去年の秋から開幕戦を落としていたので、勝ててよかった」と試合を振り返った。初戦に勝利し最高のスタートダッシュをきった龍大。この勢いそのままにチームは、優勝を目指して次の試合に挑む。

 

<山本監督>

「最終回はちょっとしたエラーで流れが変わってしまった。だが、結果的に勝ててよかった。反省するところは反省して次に備えたい」

 

<桑山主将>

「去年の秋から開幕戦を落としていたので、勝ててよかった。キャプテンとして自分ができることをして、春リーグ以上の結果を出したい」

 

<中村崇選手>

「大振りではなくコンパクトを意識して一打席を打った。目標は優勝。今日打ったからではなく明日からもつなげていきたい」

 

<瀧中選手>

「最近、開幕とれてないので、チームに勢いをつけようという気持ちで投げました。0点に抑えられた回があって良かった。逆に抑えられなかった回もあったので、もっと楽にしていきたい」

 

 

           (龍魂編集室  記事 松本一輝 / 写真 長谷川真美、関真由子)

                      龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

                   興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com

 

白熱の延長戦も、最終戦は黒星。

5月12日、明石トーカロ球場において関西六大学野球春季リーグ戦、第6節が行われた。龍大は大経大と2回戦を戦い、土壇場で同点に追いつき延長戦に持ち込むも、11回表にワイルドピッチで勝ち越しを許してしまい、惜敗した。

 

試合中断がおきるほどの悪天候の中、行われたこの試合。先発の石田(社2)は「四球が多くてリズムを崩してしまった」と振り返るように初回に先制点を奪われると、4回にも適時打でさらに追加点を許す。しかしその後は、変化球でカウントを稼ぐ投球で8回途中まで序盤に取られた2点だけに食い止める力投を見せる。

写真1

【雨の中、力投する石田】

 

反撃したい打線は、追加点を許した直後の4回に1死一、三塁から桑山(社3)の左前適時打で1点を返す。だがその後は、ランナーを出すもののなかなか得点には結びつかない。しかし諦めない龍大。9回裏、2死満塁のチャンスを作ると2番の梅田(社3)が起死回生の左前適時打で試合を振り出しに戻す。延長戦に突入し、11回表、味方の失策で1死、一、三塁のピンチを作るとここで痛恨の暴投。勝ち越しを許してしまい、これが決勝点となり龍大は2-3で敗北した。白熱の試合は思わぬ展開で幕を閉じた。

 

この試合で全日程を終えた龍大。4年生の中にはこの春で引退する選手もいる。1年間主将として活躍した山内(社4)は「自分たちは悔しい思いをしたので、下級生には秋と春を優勝して悔しさを晴らしてほしい」と後輩たちに思いを託した。また、先発した石田も「今度は自分たちが引っ張っていく番。4年生の良いところを真似て、頑張っていきたい」と決意を語った。春の悔しさは秋で晴らす。引退する先輩たちの思いを胸に秋季リーグでの逆襲を誓う。

 

写真2

【リーグ戦を戦い抜いた選手たち】

 

 

〈山本監督〉

「リーグ戦の最後を勝利で飾れなかった。リーグを通して守り、投手力などのディフェンスの弱さが出た。引退する4年生にはこの悔しさを糧にして社会で良い経験ができるように頑張ってほしい」

 

〈山内主将〉

「最後の最後まで4年生が足を引っ張ってしまった。自分たちは悔しい思いをしたので、下級生には秋と春を優勝して悔しさを晴らしてほしい」

 

〈石田選手〉

「勝ち点をとって終わりたい、絶対に勝つという気持ちでマウンドにあがったが、先制点を取られていたかった。でも、変化球でカウントがとれたので良かった。4年生がいなかったら自分たちはいなかった。今度は自分たちが引っ張っていく番なので4年生の良いところを真似て、頑張っていきたい」

 

(龍魂編集室  記事 松本一輝 / 写真 長谷川真美)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com

ページの先頭へ

ページの先頭へ