硬式野球部

【硬式野球部 西本願寺参拝 気持ち新たに 第一歩!!】

新シーズンを迎えるにあたり2月4日、山本監督 目賀田(社3)をはじめ部員一同で西本願寺を参拝した。部員たちはお焼香をすませ、浄土真宗本願寺派の方からのご挨拶をいただき、多くの方々からのご支援やご声援を再確認する機会となった。その後、目賀田による決意表明が行われ、リーグに向けて決意を新たにした。

 

参拝を終えて山本監督は、「去年の春はあまり良くなかったので今シーズン、チーム一丸となって練習もハードに精神的にも強化し納得しながら進みたい。毎年のことだがケガ人を出さないように精神的にも肉体的にもベストコンディションで良い開幕を迎えたい。」とコメントを残す。

 

 

写真Ⅱ

【写真 参拝を終えた部員一同】

 

決意表明をした目賀田は「チーム全員で同じところを向くということでリーグ優勝という目標の1つだけにした。今年の3年生は部員が少ないので最高学年が自覚をもって目標にむけて頑張る姿勢を見せていきたい。去年は思うような結果が残せなかったが、その分皆が今年はやってやるぞという気持ちがある。リーグ優勝を目標に頑張っていきたい。」と力強くコメントをした。

 

新シーズン新たな戦いが幕をあける。龍大硬式野球部の好スタートに期待したい。

 

 

 

(龍魂編集室 記事 関真由子/写真 松本一輝)

 

現在 龍大スポーツ143号発行中!

 

龍魂編集室に興味のある方は

 

tokoton-ryukon@hotmail.comまで!!

【硬式野球部】序盤の失点が響き、敗戦

10月18日、舞洲ベースボールスタジアムにおいて2015年関西六大学野球秋季リーグ戦、第7節が行われた。龍大は大院大と2回戦を戦い、序盤に4点のリードを許すも終盤に追い上げを見せ1点差に迫ったが、あと一歩及ばず惜敗した。

 

試合は3回表に大院大の猛攻にあう。この回だけで4点を奪われ龍大は序盤から苦しい展開に。その後、両チームとも2点ずつを取り合い2-6で迎えた7回裏。2死から山口(文3)がエラーで出塁すると、ここで4番の中村崇(社3)が適時二塁打を放ち、点差を縮める。しかしその後は得点につながらず、試合はいよいよ9回裏へ。意地を見せたい龍大は先頭の代打上辻(経済1)が四球で出塁するも、ランナーを進められずあっという間に、2死一塁となってしまう。ここで打順は2打席連続で適時打を放っている中村崇を迎える。「開き直って打席に入った」と狙っていたスライダーを振りぬいた。打球は本人も感触がなかったと振り返るほどの特大アーチを描いた本塁打となり、5-6と1点差にまで詰め寄った。試合は惜しくもこのまま終わってしまったが、中村崇はこの試合、3安打4打点と圧巻の活躍を見せた。

 

写真1

【写真 3安打4打点の活躍を見せた中村崇】

 

これで1勝1敗となったため、勝ち点をかけて翌日行われた3戦目に挑んだ龍大だったが、負けてしまい4位でリーグ戦を終えた。しかし、個人成績では中村崇が首位打者争い、宮崎(社2)は打点王争いを繰り広げる活躍を見せた。どちらも僅差でタイトルを取れなかったが、他にも北尾(社1)がベストナインに選ばれるなど、堂々の結果を残している。着実に力をつけてきている龍大硬式野球部。「次の春リーグは優勝して神宮にいきたい」と主将の桑山(社3)がコメントしてくれたように、来年の春こそ王者奪還を目指す。

 

写真2

【写真 打点王争いをするほどの活躍を見せた宮崎】

 

<山本監督のコメント>

「やるべきことがやれていない。取れるアウトが取れなかった。投打のバランスが上手くいかなかった。勝負強さがこれからの課題」

 

<桑山主将のコメント>

「相手のミスが多かったのに勝てなかったのはもったいない。打線がもっと早く援護しなければいけなかった。課題を直して優勝して、神宮に行きたい」

 

<中村崇選手のコメント>

「(9回の本塁打について)相手がスライダーでカウントをとってきたり、空振りをとっていたので4番として叩いておきたかった。来年の春は、チームは優勝。個人としては首位打者をとれるよう頑張りたい」

 

(龍魂編集室  記事/ 写真 松本一輝)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com

【硬式野球部】瀧中が完封勝利!連敗を4で止める

1017日、舞洲ベースボールスタジアムにおいて2015年関西六大学野球秋季リーグ戦、第7節が行われた。龍大は大院大と1回戦を戦い、先発の瀧中(社3)が相手打線を0点に封じ込め1-0で完封勝利した。

 

ここ最近、負けが続いていた龍大。連敗脱出をかけた大事な試合だったが、「自分が出来ることをしようと思った」と先発の瀧中が意地をみせる。初回から奪三振ショーをみせ、相手打線を完全に封じ込める。「ピンチの場面でも落ち着きをもって投げることができている」と山本監督も振り返るように途中ピンチを迎えても動じず1点も許さない圧巻の投球を見せた。

 

写真1

【写真 力投をみせた瀧中】

 

援護したい打線。序盤は相手投手をなかなか打ち崩せずにいたが、6回に2死二塁のチャンスを作る。ここで迎えるのは2番の梅田(社3)。「前の2打席とも感触は悪くなかったので、いつも通りを意識した」と狙っていた外の真っ直ぐを振り切った。打球はライトへの適時打となり龍大が貴重の先制点を奪う。今日の瀧中はこの1点で十分だった。試合後半になっても相手打線に点を与えず、12奪三振の完封勝利で龍大の連敗脱出に大きく貢献した。

 

写真2

【写真 適時打をはなつ梅田】

 

久々に勝利した龍大。しかし、梅田は「明日も自分たちのやるべきことをやっていきたい」と次の試合に向けて気持ちを切り替えている。連敗脱出の勢いそのままに次の試合も勝利目指して頑張れ龍大!

 

<山本監督>

「瀧中は投げるたびに落ち着いてきている。マウンドをさばくのが上手くなった。勝つことも大事だが、勝つまでのプロセス、内容が選手の自信になっていくので、そこが一番大事」

 

<瀧中投手>

「勝利が決まって嬉しい。今回のリーグは一戦一戦が自信になって成長できた。この成長を春につなげたい」

 

<梅田選手>

「打順が3番から2番になったので、2番の役割を果たそうとプレーしていた。良い投手になると打てなくなるので、そこは春に向けて直すべき点」

 

(龍魂編集室  記事 松本一輝 / 写真 関真由子)

 

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

 

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com

 

【硬式野球部】先制するも逆転許し連敗、龍産戦の勝ち点奪えず

9月20日、わかさスタジアム京都において2015年関西六大学野球秋季リーグ戦、第4節が行われた。龍大は京産大と2回戦を戦い、初回に幸先良く先制するも3回に逆転を許し1-7で敗北した。

 

初回、いきなり龍大がチャンスを迎える。1番の田頭(社1)がレフトへ二塁打を放つと、続く石濱(社1)が犠打でランナーを進め1死三塁の場面を作る。そして、3番の梅田(社3)が二塁ゴロを放ちその間に田頭が生還し先制点を奪う。そして3回、またも田頭が安打を放ち出塁する。田頭の勢いはまだ止まらない。2番の石濱の打席で、すかさず盗塁を決めチャンスを演出した。試合後、田頭は「練習で先輩方に教えてもらったことを試合で出せるように意識している」と打撃好調の要因を振り返った。

 

写真1

【2安打の活躍を見せた田頭】

 

この日の先発は菊池(社4)。「このリーグで最後なので自分の全力を出す」と気持ちを入れた菊池。ランナーを出すものの、要所を締め1、2回を無失点で切り抜ける。しかし3回裏、2死二塁から適時打を許すと続く打者には本塁打を浴び、一気に逆転を許してしまう。「あの本塁打が全てだった」と菊池は試合後に悔しさを見せた。反撃したい龍大だったが、後半はチャンスを作れず初回にとった1点止まり。また、終盤には追加点を許し結果1-7で敗戦した。

 

 

写真2 (1)

【先発した菊池】

 

この秋の龍産戦は2連敗で勝ち点を取れなかった龍大。しかし、まだ優勝争いをしていることに変わりはない。このリーグで引退となる菊池は「色んな人に恩があるので、自分が良い結果を残すことで恩返しになればなと思う」と次節へ意気込みをみせた。優勝目指して、残り試合も頑張れ龍大!

 

 

<山本監督のコメント>

「勝負どころの弱さが出た。相手が良い投手なので、2、3回のチャンスをものにするかが大事だった。菊池は最後のリーグなのでチームに貢献しておわってほしいという期待を込めて投げさせている」

 

<田頭選手のコメント>

「練習で先輩方に教えてもらったことを試合で出せるように意識している。連敗は悔しいなんとか気持ちを切り替えていきたい」

 

<菊池選手のコメント>

「あのホームランが全てだった。今まで、打線に助けられていたのでもっと投手が踏ん張らないといけない。色んな人に恩があるので、自分が良い結果を残すことで恩返しになればなと思う」

 

 

(龍魂編集室  記事 松本一輝 / 写真 長谷川真美)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com

ページの先頭へ

ページの先頭へ