硬式野球部

【硬式野球部】春季リーグ王者の壁高く。善戦するも連敗スタート

 

 

平成29年秋季リーグ第1節が9月3日に南港中央野球場において行われた。龍大は今春のリーグ王者の大商大との対戦。試合は中盤までは龍大のペースで進んでいたが、8回に投手陣が踏ん張りきれず、開幕2試合は連敗となってしまった。

 

龍大は初回表から打線が活発だった。先頭の甘利(社3)が右安打で出塁し、二死一・三塁の好機を作る。先制打は、昨日の試合で無安打だった33番川井(国3)のバットから生まれた。外寄りのストレートを逆らわず左適時打で一点を先制する。2回にも先頭の菅根(国3)が四球で出塁すると、瞬足を生かし、盗塁で2塁を陥れる。犠打を挟み、一死三塁を作ると、柴本(社2)のスクイズした打球がマウンドとホームベースの真ん中にピタリと止まり、捕手はどこにも投げられず三塁走者が2点目のホームを踏む。大商大の先発大西をマウンドから降ろした後も、救援の左腕から堀口(理3)の中適時打でさらに1点を追加する。 龍大先発の古口(社2)は打たせてとるピッチングで相手に的を絞らせない。2回裏には右翼手菅根の頭を超えるあたりをフェンスに激突しながらも好捕。ガッツあるプレーに支えられ古口は6回を二安打無失点に抑える。

その後龍大打線は、相手の救援左腕橋本の鋭く落ちるスライダーの前に6者連続三振を奪われ、なかなか打ち崩すことができない。しかし、8回表に意地を見せる。一死から西脇(社2)の捉えたあたりは中堅手の頭を悠々超える三塁打。次の10番菅根の右適時打で1点を追加。ここで橋本を降板させ、試合は万事休すかに思われた。しかし、8回裏に悪夢が待っていた。満塁のピンチを招くと、四死球と右適時打で追いつかれ、さらに左犠飛で逆転される。龍大の9回表の攻撃は三者凡退で試合終了となった。
第1節は二連敗で終えてしまったが、秋季リーグは始まったばかりだ。主将の吉田は「夏のオープン戦からチームの雰囲気は悪くない」と試合後に語ってくれた。まだまだ試合は多く残され、挽回の余地はある。チーム一丸となり隙のない野球を見せ、秋季リーグの巻き返しに期待したい。

 

適時打を放つ川井

【適時打を放つ川井】

先発を任された古口

【先発を任された古口】

チームに貢献した菅根

【チームに貢献した菅根】

 

〈古口選手:コメント〉

「勝てた試合だったのに勝てなかった、悔しい。一日目も負けて、どうしても落とせない試合だったのでしっかり投げていこうと思った。前リーグ最下位だったのでここから秋リーグ全部勝てるよう頑張りたい」

 

〈吉田選手:コメント〉

「序盤は龍大の流れを掴めていたが後半、相手の猛攻にやられてしまった。チーム自体の雰囲気や調子はこの開幕戦を通しても悪くない。2戦敗の要因は共通してちょっとしたゆるみだと思う。どうにかしていきたい」

 

(龍魂編集室 記事/青木学登 写真/関真由子)

 

龍魂編集室に興味のある方は

 

Tokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【硬式野球部】起死回生の勝利。2―1で神院大を制す

5月21日、皇子山総合公園野球場において関西六大学野球春季リーグ第7節対神院大の2日目が行われた。ここまで勝ち点を取れず勝利から遠のいていた龍大野球部。自分たちに足りないものはなにか。このままではいけないと選手皆が想いを抱えていた。今試合何としてもチームの再生機になる勝利を掴みたい。

 

初回裏、出塁した石濱に続き相方が犠打でつなぐ。打線が続き甘利の左遊間の適時二塁打を放ち石濱が帰還。好調な出だしに勢いに乗った龍大、2・3回を守り抜き4回を迎える。表で失点を許してしまう。しかし5回裏、石濱の左中間ヒットに相手の失策が絡み三塁打となる。続く相方がヒットですぐさま1点を返す。9回の表まで失点を防ぎ、2―1で龍大が勝利した。

 

長いトンネルを抜けた…と山本が語ったようにようやく選手の顔に笑顔の光が見えた…。試合後のミーティングで見せた主将吉田の嬉し涙が他の選手の歓喜をより強くしていた。リーグ最下位の結果は確かに残念だ。しかし今試合の勝利はただの勝利ではない。彼ら自身とチームの成長に大きく貢献している結果ではないだろうか。

春季リーグは終わった。秋、龍大野球部のリベンジに期待したい。

 

写真1

【龍大野球部】

 

〈吉田主将:コメント〉

「うれしい。長い間勝利から遠のいていた、今日勝てたことは選手1人ひとりにとってももちろん自分にとっても良かった。結果は大事だが、これまでの過程が重要になってくる。伝統ある龍大野球部として難しい部分もあるが次に繋がるように頑張っていきたい」

 

〈山本監督:コメント〉

「よくやった。我慢比べでどれだけ我慢するかという状況でよく我慢できた。ワンサイドゲームはなかなか大学野球ではなく、競って勝てた」

 

(龍魂編集室 記事/関真由子 写真/松本早紀)

 

龍魂編集室に興味のある方は

 

Tokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

 

【硬式野球部】無念の敗退 次戦に挑む!

5月14日南港中央野球場において関西六大学野球春季リーグ戦、第6節対大院大1日目が行われた。リーグ戦も残り少なくなってきたなか、なんとか勝利を掴みたい龍大。しかし1-7で敗れてしまった。

 

初回から相手の猛攻に押され満塁になるが、しっかり抑え得点させない。先制点を2回表に取られてしまう。だが、裏にチャンス到来。瀧井(社3)、正木(済2)のヒットにより無死1,2塁。正木の盗塁も成功し1,3塁と得点に大きく近づくが、打線が続かず2回終了。しかし黙っていない龍大。正木が適時二塁打を放ち1点返し5回前に1-2と点差を縮める。これ以上得点を許せないなか、相手のペースに押され1-7と圧倒されてしまう。最後まで粘り続けたが反撃無くして1-7で敗戦した。

 

写真15

【写真 ヒットを放つ正木】

 

「勝てない」と主将の吉田(社4)が語る。勝ちから遠のいている龍大。残りのリーグ戦、一戦一戦噛み締めて挑むだろう。そんな彼らを最後まで応援し続けよう。

 

〈吉田主将:コメント〉

「残塁が多いなか、得点できない。毎回負けて敗因が出て、解決策を見つけるが勝てないのは、自分たちのできているというラインが低いからではないかと思う。そのラインの質を上げていかないと結果は変わらない。」

 

(龍魂編集室 記事/松本早紀 写真/関真由子)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

 

【硬式野球部】伝統の龍産戦!勝利ならず。

5月の4日、5日にわかさスタジアム京都において関西六大学野球春季リーグ第5節、龍産戦が行われた。伝統の試合で勝利を勝ち取ることができるのだろうか。

 

<1日目>

 

先制点を相手に取られてしまい、なんとか追いつきたい龍大。試合が動いたのは4回裏、吉田のヒットによる出塁により流れをつくる。続いて宮崎(国4)、石井(国3)がヒットを放ち1点を返す。続けて正木(済2)が左中間ヒットを放ち2-1に。流れが龍大にできたと思われたが、ここからミスが連発。2-5と点差がひらいてしまい、反撃なくして試合終了。また5エラーという厳しい結果に。守備の反省点が大きく見えた試合となった。

写真12

【写真 見事なピッチングを見せる古口(社2)】

写真13

 

【写真 二塁打を放つ正木】

 

明日も行われる龍産戦。チーム全体気持ちを切り替え、明日の試合にも臨んでほしい。

 

〈古口:コメント〉

「エラーがあったのでなんとか踏ん張らないといけない場面が多かった。相手打者の対策としてデータは見てきたが実際はやはりやってみないと分からないと感じた。自分の調子としては悪くなかったが5回6回あたりで抜け玉が多くなったのでそこが勿体なかった」

 

 

〈吉田(社4):コメント〉

「自分たちの思うようなプレイができなかった。数字で出ているミスよりも結果に出ていないミスも多くあって大きい差が生まれた。気持ちやメンタルを自分でしっかりコントロールして明日に臨みたい」

 

〈山本監督:コメント〉

「前半古口はなんとかゲームを作ってくれた。これからまだまだスタミナというところが課題となってくる。打線の方もある程度打ったが守備からのリズムが大事になってくる。エラーはやはり試合に影響してきていたしそこでチームが伸びきれない要因だった。打線の方にも悪循環が出てしまった。明日は今日のことを引きずらないように切り替えるしかない」

 

 

(龍魂編集室 記事/松本早紀 写真/関真由子)

 

<2日目>

 

1試合目を2―5で負けを喫し、何としても勝ち3試合目に繋げたい。

 

序盤、点は動かず投手戦という展開になる。5回で石井(国3)の左越え二塁打でチャンスを作るも打線が続かず得点につながらない。先発の塩田(社2)が5回3分の2までを投げ切る。6回の裏で2点を奪われる。8回代打で奈良(社4)が登場、一塁打を放ち好機到来。が、惜しくも得点にならず。昨日よりチームの負けられないという覇気を強く感じたがヒット数が要因となり敗北。

 

写真14

【写真 先発を任された塩田】

 

伝統の龍産戦で負けが続く龍大。何かを変えていかなければいけないと語る主将の吉田。課題を明白にして残りのリーグ戦に臨んでほしい。

 

〈吉田:コメント〉

「これだけ多くの応援やOB含め監督、コーチに勝利という形として恩返しできない所が何よりも悔しい。実力は変わらないと思っていたがこれだけ連敗が続くと技術的な力の差があるのかと思った。この春リーグ戦の短期間で大きく変わることはできるかはわからない。でもどうにかして何かを変えなければいけない。勝つためにどうするのか、原因掘り下げて何が良くて何が悪かったのか考えていきたい」

 

〈山本監督:コメント〉

「ワンチャンスをものにできないというところで取れていたら流れも変わっていたと思う。投手の塩田には二死満塁になってもいいくらいの覚悟決めて勝負を急がないようにと話した」

 

(龍魂編集室 記事/関真由子 写真/松本早紀)

 

龍魂編集室に興味のある方は

 

Tokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

ページの先頭へ

ページの先頭へ