硬式野球部

【硬式野球部】6季ぶりのリーグ制覇へ、全員野球で白星発進

関西六大学の春季リーグは、昨秋リーグ王者の大商大、2位の京産大が第1節にそれぞれ大経大、神院大に負け越すと言う波乱の幕開けとなった。龍大は6日に南港中央野球場で行われた第1節の神院大戦を2-0で快勝。杉森新監督就任後、初の公式戦を白星で飾り幸先の良いスタートを切った。

龍大は、公式戦初先発の波多野(社2)が登板。3回まで1人のランナーも許さず序盤を終える。4回裏に、ヒットと四球で一死一・二塁のピンチを招くも後続を打ち取り先制点を許さない。龍大は、5回表に一死一・二塁のチャンスを作ると柴本(社3)のプッシュ気味の一塁側へのバントは相手のエラーを誘い、その間に1点を先制する。7回表にも山本(国3)がレフトへ公式戦初のソロホームランを放ち点差を2点に広げる。7回裏の守備でも、レフト線へのライナーをレフトの寺崎(社4)がダイビングキャッチで取り、相手に流れを渡さなかった。先発した波多野は、味方の好守備にも助けられ9回を被安打4、奪三振7で初登板を初完封で飾った。

波多野さん2

【力投する波多野】

 

寺崎さん

【守備での好プレーが光った寺崎】

 

yamamoto

【ソロホームランを放つ山本】

杉森監督「勝ちたい一心で臨みました。チーム一丸となって戦った結果がファインプレーや相手のミスを引き出せたりできた。ベンチ、スタンドの選手全員の思いが結実したと思います。(波多野投手について)力はあるので思い切っていけと伝えました。(山本のホームランについて)あれはみんなの気持ちが彼に乗り移ったホームランでした」

寺崎主将「僕たちは野球をする以前の全力疾走であったりに力を入れてきて練習してきたので、全力でプレーすることを意識した。(波多野投手には)思い切って投げることと、打たれてもバックでしっかり守っていくと言うことを伝えた」

波多野投手「(初先発だったが)余力を残さないで、全力で投げ切ることを意識した。ピンチの時も野手に助けてもらい、力を入れて投げることができた」

(龍魂編集室 記事/青木学登 写真/藤井八雲)

龍魂編集室では現在新入生を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

【硬式野球部】「強い龍大」復活へ、銀行員出身の杉森新監督就任

2月28日、本学深草学舎紫英館において硬式野球部の新監督就任会見が行われた。新監督に就任したのは本学卒業生であり、硬式野球部出身の杉森実氏(52)。7季連続で優勝を逃している硬式野球部は、昨春には最下位に沈むなど低迷が続いている。チームの立て直しは急務であり、新監督の手腕に期待がかかる。

 

IMG_7998 【写真撮影に応じる杉森新監督】

 

杉森氏は、上宮高校を卒業後、本学に入学。大学時代は、二塁手としてプレーし主将も務めた。また、ベストナインを3回獲得し、日米大学野球全日本代表チームの第一次候補選手にも選ばれた実績を持つ。社会人野球では、大和銀行でプレーし、コーチの経験もある。銀行員出身の杉森氏は、自身の経験を踏まえ、「野球で学んだことを、社会で生かすことが大切」と述べた上で、「人間としての内面ができていないと、野球も上手くならない」と語った。約30分の会見で、社会で活躍できるための人間育成や人材育成の大切さに多くの時間を割き、松永敬子学生部長兼スポーツ・文化活動強化センター長も、「愛され、応援されるチームとなることが大切」と語り、野球をする以前の土台作りが重要であると述べた。 実際のプレー面の話になると、守備面でエラーが多い現状について「1人ひとりのノックの本数を増やし、センターラインを中心に守備率向上を目指している」と述べ、打撃面では「つなぐ野球」を掲げ「点数に対して1点でも2点でも執着心を持って取り組む」と述べた。

4月から始まる春季リーグが監督として初めての公式戦となる。春季リーグが始まるまでの約1ヵ月、悲願のリーグ優勝達成のため選手と監督そしてコーチが一丸となって今日からの練習が始まる。

(龍魂編集室 記事/青木学登 写真/勝間晴香)

龍魂編集室では現在新入生を募集中!

龍魂編集室に興味のある方は

Tokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

【硬式野球部】対大経大 敗北

 

10月8日、関西六大学野球秋季リーグの第6節対大経大が南港中央野球場において行われ、0―6で大敗を喫した。

 

初回、甘利の左中間ヒットによりチャンスを作る。続く堀口がバントでつなげるが牽制死と盗塁の失敗により得点につなげることができない。6回表、相手の左中間ヒットと龍大の失策が絡み先制を許してしまう。0―3で7回を迎える。菅根の右越ヒット二塁打によりチャンスを作るが打線が続かず得点を取ることができない。9回表で相手の追加点をされ0―6で敗戦を喫してしまう。

 

リーグも最終に差しかかり一つでも多く勝ち点がほしい龍大だったが、勝利を掴むことができなかった。

 

 

中田

 

 

【先発を投げた中田(社3)】

 

〈主将 吉田選手:コメント〉

「ここまでくるとどう取り組んできてどういうことしていくかが大事になってくる」

 

〈山本監督:コメント〉

「チャンスも多かったが先発の経験になったのではないか。徐々に球数を増やして投げる方向を動かしていかなければいけない」

 

 

(龍魂編集室 記事/関真由子 写真/松本早紀)

 

龍魂編集室に興味のある方は

 

tokoton-ryukon@hotmail.comまで!!

【硬式野球部】伝統の試合、龍産戦!白星ならず

 

9月23・24日、関西六大学野球秋季リーグ第4節対京産大2回戦がわかさスタジアム京都で行われた。

 

1日目

 

2回表、相手の本塁打と適時二塁打により2点の先制を許す。3回裏で菅根(国3)のソロホームランにより1点を返すもその後相手の打線が続き追加点を許してしまう。6回で寺崎(社3)が左前適時打を放つも打線が繋がらない。最終回裏で二死二三塁のチャンスを作るも得点することはできなかった。結果は5―1と負けを喫した。

10菅根

【ソロホームランを放つ菅根】

 

15古口

 

【力強いピッチングを見せる古口】

 

 

2日目

 

龍産戦での連敗が続くなか1日目を1―5と敗北に終わる。なんとか2日目を勝利で飾りたがったが京産大の壁高く0―4で敗れる。

 

先発を任された橋山(済3)は走者を出すが2回までを無失点に抑える。また相手の攻撃を封じるよう堀口(理3)と北尾(社3)のダブルプレイが決まり得点を許さない。試合が動いたのが3回、今期好調の菅根(国3)のヒットが決まる。中井の犠打で一死二塁とチャンス到来。しかし打席続かず得点にはならなかった。裏には相手のタイムリー、盗塁と失点を許してしまい1―0と雲行きが怪しくなる展開に。巻き返したい龍大だがエラーや暴投が続き得点することなく試合終了となった。

 

京産大との伝統の試合である龍産戦。観客の応援も熱く湧くなか悔しさが残る結果に終わってしまった。連敗が続く中、来期に向けての課題を選手自ら見つけたのではないだろうか。そんな彼らの活躍を期待したい。

 

〈山本監督:コメント〉

「少ないチャンスをものにできなかった。勝ちがついていけてないので、最後の試合を勝利で飾りたい」

 

〈吉田主将:コメント〉

「試合の結果ではなく、連敗しているなか原因がしっかり掴めていないから勝ちに繋げられていない。選手みんなの勝ちに対する気持ち、諦めない気持ちがあれば何かが変わると思う。最終節は一戦目と同じ気持ちでしっかり戦い、勝ちで終われるようにしたい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 関真由子 松本早紀 青木学登 勝間晴香)

 

龍魂編集室に興味のある方は

 

Tokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ