硬式野球部

白星で飾った最終戦 4位で秋リーグ終了

10月23日、皇子山総合運動野球場で秋季リーグ戦が行われた。大阪学院大学と2回戦を戦った龍大は、初回から4番鈴江の前適時打などで2点を先制。4回と6回にも追加点を重ね5―3で勝利し、大院大から勝ち点を奪った。龍大は今年の秋季リーグを4位の成績で終えた。

「先行逃げ切り」の勝利を掲げた今試合。積極的な攻撃が初回から実を結んだ。一死から坂本(文3)が四球で出塁すると、仮谷(社4)が右前二塁打を放ち二、三塁とチャンスを広げる。ここで鈴江(国4)が中前適時打を放ち、理想的な形で先制する。「チャンスで4番である鈴江さんが相手を叩いてくれたのでチームが乗っていけた」と今西(文3)が語るように、チームを勢いづけるポイントとなった。続く5番木村(文3)の中犠飛でもう1点を追加すると、3回にも相手のパスボールと木村の左犠飛で2点を奪い試合の流れを龍大が掴んだ。

適時打を放った鈴江

先発した大符(国1)は安定した投球を続けるも、4回に四球から崩れ2失点。6回に攻撃陣から1点をもらい踏ん張りを見せるが、8回に二者連続で四球を与えてしまい降板する。継投した中井(済2)は適時打を打たれるも後続を打ち取り二死とする。代わって菊池(社3)が三振で三つ目のアウトを奪い、3人の投手リレーでピンチを最少失点で切り抜けた。

そのまま9回のマウンドに上がった菊池。しかし安打で無死一、二塁のピンチを背負う。マウンドに駆け寄った山本監督は「2人(本塁へ)還っても同点だ」と言い聞かせる。菊池は「いい意味で開き直った」と言うように、力みが取れ打者を三振2つと遊ゴロに仕留め5―3で勝利した。

ピンチを抑えた菊池

秋季リーグ最終戦となった今試合。監督は「ここぞという場面でのミスや失点に注意し、修正していきたい」と今後の戦いを見据えた。しかし2季連続4位という成績には悔しさがつのる。「Bクラスを抜け出すためには練習しかない」と後輩に言葉を送るのは渡邉(社4)だ。この試合で大学野球を終えた4人の4年生。あえて厳しい言葉を贈るのは、後輩に大きな期待を寄せているからだ。若手が経験を積んだ今季を成長の秋とし、王者復活へ返り咲いて欲しい。

<山本監督のコメント>
「(秋季リーグ6勝6敗という成績に)負け数をどう減らしていくかが課題。ここ一番という試合で詰めの甘さが出た。競った試合をものにしていくかどうかが鍵を握る。ここぞという場面でのミスや失点に注意し、修正していきたい」

<菊池投手のコメント>
「ブルペンから気持ちの準備は出来ていた。(9回のピンチについて)2点差だったので走者が生還しても同点なのでいい意味で開き直った。龍産戦後の練習試合でピンチをしのげていなかったので無得点で抑えたのはよかった。(来季に向けて)もっと走りこんでチームの柱になりたい。野球についてもっと考えていきたい」

<今西主将のコメント>
「今日は監督から『先行逃げ切り』でいこうと言われており、そのような展開に出来てよかった。チャンスで4番である鈴江さんが相手を叩いてくれたのでチームが乗っていけた。(秋季リーグを振り返り)投手力とチャンスで1本が打てるかが課題。けれどチームは粘り強くなった。一丸となるチームを目指してムードづくりに取り組みたい」

<中津選手のコメント>
「(今季を振りかえって)怪我で自分が試合に出ていない間、山内(2)や梶田(2)といった若いメンバーが頑張ってくれてよかった。(4年間を振り返って)2年生から試合に出場させてもらい全日本に出場できるなど良い経験もあったが、最後の1年は苦しかった。けれどこれもいい経験をさせてもらった。(後輩に向けて)2期連続4位という結果を受け止めて借りを返し、強い龍大をもう一度見せてほしい」

<渡邉選手のコメント>
「(大学最後の試合であったが)いつも通りを意識した。ヒットが1本打てたので悔いはない。(野球推薦でなく一般入試から野球部に入部したことについて)最初はここまでやれると思っていなかった。4年間好きな野球をやらせてくれ、支えてくれた両親に本当に感謝している。 (後輩に向けて)Bクラスを抜け出すためには練習しかない。自分といかに向き合って取り組めるか。このオフにこれでもかというほど練習に打ち込んでほしい」

<鈴江選手のコメント>
「初回からクリンナップがうまく機能し、理想的な形ができた。いいリズムが作れた。気持ちで打った適時打だった。(4年間を振り返り)怪我が多かったが、客観的に野球を見ることで周りもよく見られるようになった。好きな野球を必死で練習し、4年間全力で野球と向き合えたことは大きな財産となった。(後輩に向けて)3季優勝を逃しているので、強い気持ちをもって練習を頑張ってほしい」

<仮谷選手のコメント>
「(4年間を振り返り)去年の全日本では怪我でスタンドにいたので、スタンドにいるチームメイトの気持ちがよく分かっていた。今度は自分が活躍するんだという気持ちがあった。最後の1年で神宮に行けなかったことが残念だが、4年間で技術的にも精神的にも成長できたので感謝している。(後輩に向けて)みんないい物を持っているのでしっかり自分自身を追い込めば活躍できる。神宮に行って成長した姿を見たい」

(記事 龍魂編集室 隠岐智夏/写真 佐藤一季)
魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

川井リーグ戦初完封!!次戦は勝って秋納めだ!

10月22日皇子山球場において関西六大学野球秋季リーグ戦が行われた。大阪学院大学との一回戦を戦い、龍大は先発の川井のリーグ初完封となる好投もあり1対0で初戦を制した。

リーグ初完封勝利をあげた川井

ターニングポイントは試合終盤に残っていた。1点リードの8回裏、先頭打者に死球を与えるとバントを許し一死二塁。迎えるは倉敷商業高校時代の2つ上の先輩にあたる大院大・新谷。「高校の先輩なのであの場面は気持ちが入った」と川井が語った通りピンチに動じず、低めのスライダーで三振に仕留めた。続く打者も投ゴロに打ち取りチームの勝利、そして自身のリーグ初完封を大きく引き寄せた。川井は9回も3人で締めリーグ初完封勝利を決めた。散発3安打と相手打線に的を絞らせず大事な初戦を白星で飾った。

打線は3回に一死一、三塁から内野ゴロの間に三塁ランナーが生還し1点奪うのみに終わったが、今日の川井の出来ならこの1点で十分だった。しかし、「3対0で勝てる試合だった」と指揮官が語った通りバントのミスも有り、その辺りは次戦以降に改善してほしい。

先制点のチャンスメイクとなるヒットを放った仮谷

明日は勝てば4年生にとって最後となる重要な試合だ。川井が作った流れを活かし有利な展開で勝利に導いてほしい。さあ秋季リーグも残り一戦だ!

<山本監督のコメント>
「川井は合格点の投球でした。課題をあげるとしたら簡単に歩かしてしまうところですが今日はよく投げてくれた。野手はバントを決めなければならないところで決められなかった。今日の展開なら3対0で勝てた試合だった。明日の試合を勝てば(この秋の勝率が)5割に戻る。また、4年生が最後の試合になるように勝って良い形で締めくくりたい」

<川井のコメント>
「ここ最近調子がよかった。その中でようやく結果を出すことが出来た。ランナーを背負うことが多かったが、そういう場面が多いので気にすることもなかった。(来季に向けて)この春は1年生の2人(大符と西)がチームの中心で投げていて、ようやく秋に自分と菊池が投げる機会が増えた。来季からは自分たちがしっかり自覚を持ってチームを支えていけるようにしたい」

(記事/写真 龍魂編集室 佐藤 和季)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

ライバル京産大に連敗。今季も勝ち点奪えず。

9月29日、わかさスタジアム京都で京都産業大学との秋季リーグ第二戦が行われた。龍大は2回に相手のエラーで先制するも、6回と8回に3点ずつ奪われ、6対1で敗戦した。龍大は今季もライバル京産大から勝ち点を得ることが出来なかった。

勝ち点を取るためには負けられない戦いとなった京産大との第二戦。先発投手としてマウンドに上がったのは、秋季リーグ2回目の登板となる川井(営2)だった。「前回よりも気持ちに余裕があったが集中できないところがあった」という言葉のように、初めての龍産戦の雰囲気に押されたのか、走者を背負いながらの苦しいピッチングを強いられる。しかし粘り強い投球を続け、打者のタイミングを外して5回まで得点を与えない。しかし6回に連打で無死一二塁とされる。川井はバントされたボールをサードへ送球するも暴投となってしまう。走者が生還し同点となったところで、菊池(社2)に交代した。菊池は球威のあるボールを投げ込むも、野手の間に落ちる不運な当たりでさらに2失点し逆転を許した。8回にも3点を追加され、試合を決定付けられた。

粘りの投球をみせた川井

終盤は劣勢で進んでいた試合だが、9回表に坂本(文3)のセンター前ヒットなどから二死満塁チャンスを作る。「(満塁で)回ってこいと思っていました」。この日2安打を放っている主将今西(文3)の打席に期待が高まる。今西の初球を捕えた快心の当たりは、無情にもショート正面のライナー。最終回に意地を見せた龍大だったが、6対1で敗戦した。

今季も京産大から勝ち点を奪えなかった龍大。大差をつけられての敗戦に、悔しさはつのる。京産大に借りを返すのは春まで持ち越しとなったが、まだリーグ戦は終わっていない。最終節である大院大戦は、チームの集大成として勝利を掴んでくれるはずだ。

2安打の活躍の今西

<山本監督のコメント>
「山田投手はいいピッチャーだった。うちのピッチャーの失点が大きかった。川井は途中までよくゲームを作ってくれた。投手リレーになるとは予測していた。ミスをした方が負けるのが野球。前半に相手のミスがあったが、後半はうちでもあった。残りシーズンは出来ることをやっていきたい」

<今西主将のコメント>
「(9回裏満塁の場面で)自分に回ってこいと思っていた。初球を狙っていった。当たりはよかったが、飛んだコースが悪かった。どうしても負けたくなかった試合なので、チームには「昨日やられた分を今日やり返そう」と声をかけた。次節はチームの集大成であり、締めの試合になるので春につながるような試合をしたい」

<川井選手のコメント>
「(龍産戦のマウンドは)初めての雰囲気に集中できないところがあった。いつも通りを心掛け、試合で投げていく中で修正できた。2回目の登板だったので前回よりは気持ちに余裕があった。もらったチャンスを絶対に逃さないようにしっかり調整していきたい」

(記事 龍魂編集室 隠岐智夏/写真 松本一輝)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

 

伝統の龍産戦 悔しい初戦黒星。

9月28日、わかさスタジアム京都で京都産業大学との秋季リーグ第一戦が行われた。先発した大符(国1)は走者を出しながらも粘りの投球を続ける。しかし3回に同点、5回に逆転されると、8回には2点を加えられる。奮起したい打線は7安打を放つも得点となったのは初回の1点のみ。龍大は5対1で初戦を落とした。

春に続いて龍産戦の初戦のマウンドに上がったのは大符(国1)だった。足の故障により、先発として登板したのは17日ぶり。初回から援護点をもらうも制球力に苦しみ、走者を背負いながらの投球が続いた。3回に自身のエラーで同点とされると、5回には相手打線につかまり2失点。大符は8回途中でマウンドを降りた。山本監督は中村(国3)と西(営1)にピンチを託すもスクイズと適時打で2点を失い、ピッチャー陣は踏ん張りきることができなかった。

久しぶりの登板となった大符

先制したのは龍大だった。プロ注目の好投手、岩橋の立ち上がりを攻め木村(文3)のライト前タイムリーで初回から得点を奪う。打線は7本のヒットを放つも、得点となったのは初回の1点のみ。巧みな投球術を前に得点のチャンスを活かせず、岩橋を打ち崩すことは出来なかった。しかし梶田(社2)が2本の二塁打を放ち、チャンスを作るなど若手の活躍も見えた。

「絶対勝ちます」。明日の試合の抱負を、そう一言で力強く語った今西キャプテン(文3)。チームの成長を切り替える力だと挙げたように、その言葉からは今日の敗戦を引きずる様子はない。勝ち点奪取のために、明日からの巻き返しを誓う。

2本の二塁打を放った梶

<山本監督のコメント>
「相手投手のピッチングがうまかった。要所でいいボールが来ており、うちの打線が対応できなかった。大符は足の故障から一時期より良くなった。ピンチに強いところが彼の売りだが、今日は万全ではないという不安がピンチにつながり弱気になったのだと思う。(自力優勝が無いため)自分たちは一試合一試合をどう戦っていくかが大切。打線は左ピッチャーを攻略し、ピッチャーはいかに踏ん張れるかに意識を置いてやっていく」

<今西主将のコメント>
「相手投手がここぞという場面で決め球をしっかり投げ込んできた。神院大戦に負け、チームの流れが悪くなるかなと思ったが、みんなが切り替えていい開き直りをしてくれた。(明日の意気込みは)絶対勝ちます」

<大符投手のコメント>
「前より調子は良かったが制球力が無かった。チェンジアップを左右のバッターに使うことが出来た。相手がどのチームでも負けないという気持ちは常に持っていたので、今回もそのように試合に臨んだ。どんな状況でも登板機会があれば全力で投げたい」

(記事 龍魂編集室 隠岐智夏/写真 松本一輝)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

ページの先頭へ

ページの先頭へ