硬式野球部

大符が完投完封!優勝決定戦に先勝!

5月24日、皇子山総合運動公園野球場で関西六大学野球春季リーグ戦、第8節が行われた。この節で勝ち越した方が優勝という重要な一戦を迎えた龍大は、大院大と1回戦を戦い3―0で勝利した。

龍大が初回からゲームを動かす。四球で出塁した近藤(国3)を二塁において、4番の宮城(社3)が放った強烈な打球は相手のエラーを誘う。その間に近藤が二塁から一気にベースを駆け抜けてホームイン。なおも攻撃は止まらず、二死満塁で主将の今西(文4)が相手の意表をつくプレーを見せる。「相手の守備を見て、いけると思った」とセーフティバントを仕掛け、見事成功。追加点をもぎ取った。また3回には、5番木村(文4)の犠牲フライで3点目を取る。だが、それ以降は相手投手を打ち崩すことが出来なかった。

好投の大符

好投の大符

大符投手をリードで支えた木村

大符投手をリードで支えた木村

しかし、今日の大符(国2)には3点で十分だった。「ストライク先行でいくように意識した」と語るように、序盤からリズム良く打たせて取るピッチングを披露する。その後も危なげない投球で相手打線にヒットすら与えない。そんな大符の好投に、野手も応えた。5回裏、センターに抜けようかという打球をショートの坂本(文4)がダイビングキャッチ。そして座ったまま1塁へ送球し、相手のヒットを防いだ。「このプレーが非常に大きかった」と捕手である木村も語るように、この守備がさらに大符の投球にリズムを与える。結局この回もノーヒットで相手を封じ込めた。

しかし8回、2本のヒットを打たれ、この試合初めてのピンチを迎える。ここで捕手の木村がマウンドへ駆け寄る。「疲れが見えてきたので、間をとった」と木村。打の活躍だけでなく、大符の女房役としてもきっちりと役割をこなす。木村の支えをうけた大符は力のあるボールでレフトフライに打ち取った。大符は9回を103球で投げ切る圧巻の無四球完封で大事な初戦を勝利で飾った。

8回のピンチに大符のもとへ駆け寄った木村

8回のピンチに大符のもとへ駆け寄った木村

ついに優勝への王手をかけた龍大。今西主将は、「王手をかけて浮かれる選手もいると思うが、明日も普段通りのプレーをできるように気を引き締めていきたい。明日必ず勝って監督を胴上げしたい」と頼もしい言葉を残した。初戦に勝った勢いそのままに、明日は待ちに待った優勝という歓喜の瞬間を掴んでもらいたい。

<山本監督>
「今日の試合は大符が打たせてって、そして坂本の好プレーなどまさに守り勝ちという試合だった。ただ先制できたのは良かったが、中押し、ダメ押しがとれなかったのが良くなかった。攻撃が後半にいくにつれ淡泊になっていったので明日までに修正したい。明日もきっちり準備をして隙をみせないようにしていきたい」 <大符投手> 「1戦目という大事な先発だったがプレッシャーはなく、打たせていく気持ちで投げた。コーナーへの投球の修正が試合中にできたところが良かった。今日は守備に助けられた。この春季リーグは完封することができずにいたが、今日やっとなげきることができて良かった」

<今西主将>
「(初回のバントについて)自己判断でセーフティバントを仕掛けた。相手の守備を見ていけると思った。良かった点は相手のミスにつけ込み得点できたことと、大符のピッチング。悪かった点は中盤終盤に得点できなかったこと。王手をかけて浮かれる選手もいると思うが、明日も普段通りのプレーをできるように気を引き締めていきたい。明日必ず勝って監督を胴上げしたい」 <木村捕手> 「コーナーを突くのが大符の持ち味。普段のピッチングをして楽に投げてもらうよう心掛けた。先頭バッターを打ち取ることを意識していた。守備では坂本があれだけゴロをさばいてくれたことが非常に大きかった。今日の勝利は大きいが足元をすくわれないように第一戦目の気持ちで臨みたい」

<坂本選手>
「足を痛め、不安の中の出場だった。いつも通りのプレーはできないが、気持ちで守った。守備だけは確実に守れるようにと思っており、5回守備は体がかってに動いていた。今日勝利したが、調子に乗らず初回から攻めていきたい。明日はつなぐバッティングで引き立て役になれたらと思う」

(記事 龍魂編集室 松本一輝/写真 隠岐智夏)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

打線繋がり大逆転!京産大から2年振りの勝ち点奪う!

5月15日、皇子山野球場で関西六大学野球春季リーグ戦、第6節が行われた。京産大と勝ち点を懸けた第三戦を戦った龍大は、6―2で逆転勝ち。龍大は京産大から2011年春リーグ以来の勝ち点1を奪った。

9回表、二死一、二塁。瀧中(社2)が捕手木村(文4)のミットめがけて投げ込んだボールは、セカンドにふわりと舞い上がる。柴森(社3)がフライを捕球した瞬間、スタンドを埋めた応援団の大きな歓声が龍大ナインを包んだ。春秋合わせて6季ぶりに京産大から奪った、「勝ち点1」。2年越しに成し遂げた大きな勝利だった。

試合は5回まで京産大ペースで進む。スコアは劣勢の0―2。6回裏の攻撃を前に、山本監督は選手を呼び集める。「後悔するのは試合が終わってからでいい。試合はまだ終わっていない」。円陣を組んだ選手たちの闘志に火が付いた。

4番宮城(社3)と5番木村の連打で無死一、二塁とチャンスメイク。しかし続く山内(社3)の送りバントが決まらない。ここで頼りになるのが7番今西(文4)だ。「(山内を)カバーしてあげたいと思った」という主将の打球は、レフト線へ転がる適時二塁打に。ついに1点差。一気に試合の流れが龍大に傾きだす。

一死満塁から打席に入るのは「ストライクゾーンに来た球は全部振ろうと思っていた」という9番井上雄(社4)。甘い直球をレフト前にはじき返し、ついに同点。試合を振り出しに戻した。

そして13日の第一試合で決勝打を放った近藤(国3)に打席が回る。「4年生がつないでくれたので何とかしようと思って打った」。大一番の第三戦でも勝負強さを発揮し、左前二点適時二塁打でついに4―2と逆転。鳴りやまない歓声が球場を包んだ。

チャンスの続く一死三塁。ここで2番坂本(文4)がきっちりとスクイズを決め、この回一挙5得点。龍大は打者11人、5安打の猛攻をみせた。選手と監督、そして応援団員の勝利への執念がひとつになった。

本塁に生還した井上雄を笑顔で迎える龍大ベンチ

本塁に生還した井上雄を笑顔で迎える龍大ベンチ

先発大符(国2)に代わり、5回途中から登板した瀧中(社2)は燃えていた。「気を引き締めていきました」と特に気合を入れたのは、得点した次の回である7回表。味方のエラーで走者を出すものの自慢の直球で相手をねじ伏せ、得点圏に走者を進ませなかった。

力強い投球を見せ今季初勝利をあげた瀧中だが、昨年5月に施したヒジの手術により、全く投球できない時期が5か月間続いたという。リハビリを重ね、実戦的な投球を始めたのは今年5月のオープン戦から。ヒジとの不安と闘いながらの登板にも、「試合に出させてもらっている以上ヒジうんぬんは言っていられない」と、今季最長イニングを投げ抜いた。彼の投手としての精神的な強さが、チームを勝利へ導いた。

気迫の投球を見せた瀧中

気迫の投球を見せた瀧中

8回には木村の適時二塁打でダメ押し点を追加、試合は6―2で龍大の逆転勝利を収めた。勝ち点を3に伸ばし、ついにリーグ1位に躍り出た龍大。次節の大院大戦に勝ちこせば、2年ぶりの関六王者に返り咲く。「残りの試合も気を抜かずにプレーして、神宮出場を果たしたい」という近藤の一言は、今チーム全員が抱く思いだろう。優勝まで、勝ち点はあとひとつ。全員野球で頂点まで駆け上がる。

<山本監督>
「(6回の円陣について)『後悔するのは試合が終わってからでいい。試合はまだ終わっていない』と声をかけた。これがよいきっかけとなり打線が力を発揮してくれた。普段からコツコツとやってきたことが芽を開きつつある。瀧中のピッチングには圧力がある。打者を押し倒すという気持ちが投手のベースとなる。彼のメンタルの強さは信頼している」

<瀧中投手>
「(今季初勝利だが)チームが勝ったことが嬉しい。(1年前にヒジの手術をしており)ヒジの不安はあるが、試合に出させてもらっている以上ヒジうんぬんは言っていられない。今は自分の思い描く球には五割にも届いていない。そんな中で今日投げられたのは、木村さんのリードを信頼していたから。気持ちでは誰にも負けない」

<今西主将>
「(チャンスでの打席で)山内がバント失敗したのでカバーしてあげたいと思った。打ったのはインコースのスライダー。インコースを意識していたので反応できた。うしろへつなぐ意識が得点につながった。ずっとやられてきた京産大に勝てたのでチームも乗ってくると思う。大院大戦まで時間があるので、細かい修正をしていきたい」

<井上選手>
「打ったのは甘いまっすぐ。ストライクゾーンに来た球は全部振ろうと思っていた。チャンスがあると信じて一丸となって攻撃できたことが5点につながった。次の試合でもスタンドにいる4年生の思いを自分が背負い諦めないプレーをしたい」

<近藤選手>
「2年ぶりの龍産戦での勝ち点は素直に嬉しい。三戦目の緊張するようなカードだったからこそ、平常心を心がけて試合に臨んだ。(6回を振り返り)チャンスで回ってきたことを喜んで打席に入った。打ったのはスライダー。4年生がつないでくれたので何とかしようと思って打った。残りの試合も気を抜かずにプレーして、神宮出場を果たしたい」

(記事 龍魂編集室 隠岐智夏/写真 松本一輝・日髙朱花)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

主砲宮城が4安打の活躍も接戦に敗れる

5月14日、皇子山野球場で関西六大学野球春季リーグ戦の第六節が行われた。勝ち点を懸け京産大との2回戦を迎えた龍大だが、惜しくも5―6で敗退した。

4―2とリードし、迎えた5回表。一塁走者を背負った先発菊池(社3)の脳裏をよぎったのは、初回の送球エラーだった。自身の課題であるバント処理でミスが出てしまい、失点につながっていた。「初回のミスで気持ちが弱くなり、落ち着きたいという思いが焦りにつながった」。この回にも、バント処理の場面で立て続けに送球ミス。精神面から崩れ、6―4と京産大に逆転を許してしまう。「野手が流れを作ってくれたのに、全部返す形になり申し訳ない」。菊池は悔しさをにじませた。

第二戦に先発した菊池

第二戦に先発した菊池

龍大は素晴らしい形で初回に2点を先制していた。1番近藤(国3)が初球を叩き右前二塁打で出塁すると、続く2番坂本(文4)も一球目にきっちり犠打を決める。試合開始からわずか2球で一死三塁とチャンスを作ると、3番畑(営3)がセンターへ犠飛を飛ばし先制。その後も6番山内(社3)の中前適時打でもう1点を追加していた。

9本のヒットを放った打線。そのなかでも4打数4安打2打点の活躍を見せた宮城(社3)の存在がひときわ光った。「いつも菊池に助けられているので今日は自分が助けられるよう頑張った」。5回に右越え適時三塁打、7回には1点差に迫る右中間適時二塁打を放ち、持ち前の長打力で4番の役割を果たした。

打撃好調な宮城

打撃好調な宮城

菊池に代わり5回途中からマウンドを託された川井(営3)は、「ピンチを楽しめた」というように堂々とした投球で調子の良さを見せつけ、味方の援護を待った。川井の好投に応えたい打線は、最終回に同点の走者を三塁まで進めるもあと一歩及ばず。龍大は5―6で第2戦に敗れた。

「今日の負けは大きいが、引きずると前の自分やチームと変わらない」と試合後菊池は語った。2年ものあいだ、京産大に勝ち点を明け渡してきた龍大。このままではいられない。ライバルから勝ち点を掴むため、そして目標である優勝を果たすため、全員で第三戦に挑む。

躍動感ある投球を披露した川井

躍動感ある投球を披露した川井

<山本監督>
「ミスが絡むと試合には勝てない。(バント処理のエラーがあり)菊池は気持ちの面で投球に影響してしまった。交代した川井は尻上がりに調子を上げ、試合を立て直してくれた。(第3試合に向けて)気持ちを切り替えるしかない。挑む気持ちで戦う」

<菊池投手>
「野手が流れを作ってくれたのに全部返す形になり申し訳ない。課題であるバント処理でミスが出てしまい、自分の弱点が出てしまった。初回のミスで気持ちが弱くなり、落ち着きたいという思いが焦りにつながった。今日の負けは大きいが、引きずると前の自分やチームと変わらない。勝ち点を取れば優勝に近づくので、反省して目の前の試合を頑張れるように切り替えたい」

<川井投手>
「調子がよく今日の試合に出たいという気持ちで投球練習をしていた。応援も力になり、ピンチを楽しめた。チームの雰囲気はよいが今日の負けを切り替えられるかが鍵。明日は勝つだけ。マウンドに上がったら勝利に貢献できるようにどんな場面でも全力で抑えにいく」

<宮城選手>
「打線はつながっていたが、ここぞという場面で一本が出なかった。いつも菊池に助けられているので今日は自分が助けられるよう頑張った。不調の時、監督に一から指導してもらったことで当たりが戻り始めた。長打狙いのバッティングを捨て、チームの4番としてつなぐ意識でプレーしている。このチームで神宮に行きたいので、残りの試合に勝利し優勝したい」

(記事 龍魂編集室 隠岐智夏/写真 松本一輝・平松里彩)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

近藤、大符の活躍で龍産戦の初戦を制す

5月13日、皇子山総合運動公園野球場で関西六大学野球春季リーグ戦第6節の一回戦が行われた。龍大は京産大と対戦し1―0で勝利した。

伝統の龍産戦、大事な初戦のマウンドを託されたのは大符(国2)。「重要な1戦目を任されたが、落ち着いて投げることができた」と語ってくれたように序盤は相手打線を封じ込める。しかし、そうそう上手く事が運ばないのが龍産戦。5回表に2死一、三塁のピンチ迎える。だが、この場面を迎えても大符は動じない。見事三振に抑え龍大に流れを引き寄せる。大符の力投に応えたい打線は、その裏2死一、三塁のチャンスを作る。ここで迎えるのは近藤(国3)。「スライダー待ちだったが、ストレートが甘く入ってきたので、振り切った」と語った近藤の打球は三遊間をきれいに抜けるタイムリーヒットとなり、京産大から先制点をもぎ取った。しかし、このままで終わらないのが伝統の龍産戦。6回表にまたもや2死一、三塁のピンチを迎える。何とか抑えたい龍大。だが大符が投じた球は、捉えられ打球は左中間へ。しかし、ここでも近藤が輝きを放つ。「無我夢中に追いかけた」と語ってくれたように、全力で打球を追いかけ、見事キャッチし京産大の得点を奪う好プレーを見せた。

落ち着いた投球を披露する大符

落ち着いた投球を披露する大符

試合はこのまま膠着状態に入り、いよいよ最終回を迎える。ここで、大符に代わり中井(済4)がマウンドへ上がる。そして中井は安定した投球で2人をピシャリと抑える。2死からは中井から瀧中(社2)へバトンタッチ。瀧中はランナーを出すものの最後はレフトフライに打ち取りゲームセット。初戦を勝利で飾った。

大事な1戦目を完封リレーで勝利し、龍産戦を最高のスタートで切ることが出来た投手陣。打線も全く当たりがないわけではなく、チャンスは何回も作っていた。そして何より今の龍大には初戦を勝った勢いがある。この調子で龍産戦を勝ち越し、このまま神宮への切符も掴んで欲しい。

適時打を放つ近藤

適時打を放つ近藤

<山本監督>

「大符に助けられた。本調子ではなかったが、8回まで0を並べられたことは自信になるかと思う。2戦目より1戦目のほうが大符にとって良いピッチングができると判断し、先発投手に起用した。中井や瀧中にも信頼を寄せているため、選手を信用して送り出した。明日は勝敗に関わらず内容を重視した戦いをしたい」

 

<今西主将>
「監督からは自分を信じていかに楽しめるかが鍵だと言われた。選手それぞれが場面に応じた自分の役割を果たしており、みんな試合を楽しめていたと思う。大符は苦しい登板が続き悔しかったと思うが、今日の一戦目ではのびのび投球ができたと思う。明日も、今日勝った流れに乗り、連勝したい」

<近藤選手>
「伝統の龍産戦で、先に1勝できたのは良かった。5回の打席はスライダー待ちだったがストレートが甘く入ったので振り切った。大符は調子があまり良くなさそうだったので、なんとかバックで助けられたらと思っていた。次の試合は菊池が投げるので2連勝して勝ち点を奪取したい」

(記事 龍魂編集室 松本一輝/写真 日髙朱花)

ページの先頭へ

ページの先頭へ