硬式野球部

終盤でミスが目立ち、惜しくも敗北

5月5日、皇子山運動公園野球場で関西六大学野球春季リーグ戦が行われた。龍大は大阪商業大学と1回戦を戦い、0-2で惜敗した。

この試合の先発は大符(国2)。初回、いきなり2つの四死球でピンチを迎える。しかし、「ランナーがいても1つ1つ大事に落ち着いて投げた」と振り返ってくれたように後続の打者をしっかり抑える。その後も毎回ランナーを出すが、終始落ち着いた投球で、大商打線を0点に封じ込める。だが、5回に鬼門が待っていた。ヒットと2つの四球で2死満塁となり迎えるバッターは5番。しかし大符、「無失点で切り抜けようと思って投げた」と語ってくれたように、気持ちの乗ったボールはキャッチャーのミットに吸い込まれた。見事このピンチを三振に切ってとった。

好投する大符

好投する大符

両チームなかなか点が取れない中、迎えた8回。龍大にとってこの試合最大のピンチの場面を迎える。2本のヒットとパスボールで1死2,3塁とされる。ここで山本監督が勝負にでる。好投してきた大符に代え、瀧中(社2)をマウンドへ上げる。両チームに緊張がはしる中、試合は思わぬ形で動き始める。龍大バッテリーが痛恨のワイルドピッチで先制点を謙譲してしまう。これで緊張の糸がきれたのか、この回さらにもう一点を加えられ0-2とされる。しかし、ここで引き下がらないのが今の龍大打線。最終回に粘りを見せる。先頭の今西(文4)から2者連続四球でノーアウト1,2塁とし、ここでバッターは梶田(社3)に代わり代打柴森(社3)。しかし、ここで龍大に痛いミスが出る。今西に代わって、代走に出場した村上(社2)が捕手からの牽制球により2塁ベース上で刺されてしまう。結局、後続の打者にヒットが出たものの、得点には結びつかず試合終了。悔しい敗戦となった。

マウンドに向かい、大符(中央)を鼓舞する山本監督(右)

マウンドに向かい、大符(中央)を鼓舞する山本監督(右)

負けはしたものの、きっちり9回まで試合を作った投手陣。結果としては無得点で終わったものの、何回もチャンスを作った打線など着実に力をつけてきている龍大ナイン。次節はいよいよ伝統の龍産戦。今までの借りを返すのは、今しかない!

 

<大符選手>
前に投げた試合よりも今日は調子が良かった。ランナーがいても落ち着いて投げることができた。ただ、打者への最初の入りが良くなかったのでそこを修正していきたい。あとの2戦に勝って、次の龍産戦に挑みたい。

<今西選手>
「安打は相手よりも多く出るが残塁が多い。チャンスでの一本が出なかった。終盤のライナーバックやバント失敗が勝負を分けた。守備ではワイルドピッチやバント処理などのミスが痛かった。(明日に向けて)優勝のためには追い込まれた状態。勝つしかないので死ぬ気で頑張る」

<山本監督>
「ミスした方が負ける。まさにそういう試合だった。気持ちで負けている。9回の攻撃はまず同点にすることを優先して、柴森や村上を起用した。その時のベスト尽くした起用なので後悔はない。大符も瀧中も良く投げた。この試合でもらった宿題をしっかり解いていきたい」

(記事/写真 龍魂編集室 松本一輝)

ページの先頭へ

ページの先頭へ