硬式野球部

投打噛み合い、2連勝。勝ち点1を奪う

4月13日、南港中央野球場で関西六大学野球春季リーグ戦、第2節が行われた。龍大は神院大と2回戦を戦い、3―1で勝利。見事、勝ち点1を手に入れた。

龍大は初回、2つの四球と送りバントで 1死2、3塁のチャンスを迎える。ここで打順は、今季から4番を務める宮城(社3)。「前の球をファールにしたとき、タイミングは合っていたのに力みが出てしまったので、修整した」と宮城。次の球を確実に捉え、打球はレフトを大きく越し、走者一掃の2点タイムリーとなる。さらに、相手の送球ミスの間に自らもホームインし、一挙3点をもぎ取った。このプレーを宮城は「取れるときにもう1点取っておきたかった」と語り、勝利への必死さを見せた。

適時打を放った宮城

4番から貴重な先制点をもらった今季初先発の大符(国2)。「昨日の勝利の流れにのって、今日も勝ち点をかけて戦っていこうと思った。 けれど、序盤に直球が荒れてしまった」 と語ったように初回から1点を取られる苦しい立ち上がりに。しかし、2回以降はランナーを出しても終始落ち着いた投球でゲームを作り、8回1失点の好投ぶりを見せる。そして最終回、大符に代わって前の試合で完投勝利をあげた菊地(社3)がマウンドに上がる。菊地は連投の疲れを感じさせない安定した投球で打者を三者凡退に抑え、ゲームを締めた。

今季初登板で、好投する大符

この2試合で、相手打線を合計2点に抑えた投手陣。そして、チャンスをものにする4番の一振り。昨年の秋から着実に実力を伸ばしている選手たち。これからの活躍に目が離せない!

<山本監督>
「2連勝して開幕ダッシュできたことは監督としてもうれしい。だが、初回に取った3点以降、チャンスがあっても点に結びつかなかった。選手たちにはチームの一員として貢献するように意識させている。宮城は大事なところで1本が出ている。彼は、練習が終わっても、学校に残って、明かりが点いているところを見つけて練習しているなど努力している。なので、もっと自信をもって落ち着いてプレーしてほしい」

<大符投手>
「今季初登板なので少し緊張した。今日は変化球でストライクカウントを取れたのが良かった。総合的には70点くらいのでき。投球中、体が前傾になってしまっていたので、試合中にフォームを修正していた。次は100点のピッチングができるよう、調整していきたい」

<宮城選手>
「試合前に監督から、大符のために先制点が欲しいと言われていたので、点がとれて良かった。この2試合、まだ自分のバッティングが出来ていないのでもっと練習して自信をつけたい。そして、このチームで神宮に行きたい」

(記事 龍魂編集室 松本一輝/写真 隠岐智夏)

ページの先頭へ

ページの先頭へ