硬式野球部

伝統の龍産戦 悔しい初戦黒星。

9月28日、わかさスタジアム京都で京都産業大学との秋季リーグ第一戦が行われた。先発した大符(国1)は走者を出しながらも粘りの投球を続ける。しかし3回に同点、5回に逆転されると、8回には2点を加えられる。奮起したい打線は7安打を放つも得点となったのは初回の1点のみ。龍大は5対1で初戦を落とした。

春に続いて龍産戦の初戦のマウンドに上がったのは大符(国1)だった。足の故障により、先発として登板したのは17日ぶり。初回から援護点をもらうも制球力に苦しみ、走者を背負いながらの投球が続いた。3回に自身のエラーで同点とされると、5回には相手打線につかまり2失点。大符は8回途中でマウンドを降りた。山本監督は中村(国3)と西(営1)にピンチを託すもスクイズと適時打で2点を失い、ピッチャー陣は踏ん張りきることができなかった。

久しぶりの登板となった大符

先制したのは龍大だった。プロ注目の好投手、岩橋の立ち上がりを攻め木村(文3)のライト前タイムリーで初回から得点を奪う。打線は7本のヒットを放つも、得点となったのは初回の1点のみ。巧みな投球術を前に得点のチャンスを活かせず、岩橋を打ち崩すことは出来なかった。しかし梶田(社2)が2本の二塁打を放ち、チャンスを作るなど若手の活躍も見えた。

「絶対勝ちます」。明日の試合の抱負を、そう一言で力強く語った今西キャプテン(文3)。チームの成長を切り替える力だと挙げたように、その言葉からは今日の敗戦を引きずる様子はない。勝ち点奪取のために、明日からの巻き返しを誓う。

2本の二塁打を放った梶

<山本監督のコメント>
「相手投手のピッチングがうまかった。要所でいいボールが来ており、うちの打線が対応できなかった。大符は足の故障から一時期より良くなった。ピンチに強いところが彼の売りだが、今日は万全ではないという不安がピンチにつながり弱気になったのだと思う。(自力優勝が無いため)自分たちは一試合一試合をどう戦っていくかが大切。打線は左ピッチャーを攻略し、ピッチャーはいかに踏ん張れるかに意識を置いてやっていく」

<今西主将のコメント>
「相手投手がここぞという場面で決め球をしっかり投げ込んできた。神院大戦に負け、チームの流れが悪くなるかなと思ったが、みんなが切り替えていい開き直りをしてくれた。(明日の意気込みは)絶対勝ちます」

<大符投手のコメント>
「前より調子は良かったが制球力が無かった。チェンジアップを左右のバッターに使うことが出来た。相手がどのチームでも負けないという気持ちは常に持っていたので、今回もそのように試合に臨んだ。どんな状況でも登板機会があれば全力で投げたい」

(記事 龍魂編集室 隠岐智夏/写真 松本一輝)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ

ページの先頭へ

ページの先頭へ