硬式野球部

粘り強い野球を見せた。主将の一打でサヨナラ逆転勝ち!

9月7日、南港中央野球場において、関西六大学野球秋季リーグ戦、対神戸学院大学との1回戦が行われた。総力戦で勝つことをモットーにしている硬式野球部は、リードを許し1点を追う最終回、主将の一打で勝利を決めた。

悪い流れを断ち切った中井

この試合先発を任された菊池(社2)は安定した立ち上がり見せる。打線は2回、二死1、2塁の場面で8番の畑(営2)が右前適時打を放ち先制点を奪う。その後、5回まで菊池が好投を見せ、得点を与えずに6回を迎えるが、流れが変わる。味方のエラーで先頭打者を出すとその後制球が定まらず無死満塁。切り替えることが出来ずに2点追加され逆転を許してしまう。状況変わらず、満塁の場面でピッチャー交代。初登板の中井(済3)がマウンドに上がった。「菊池は頑張ってくれたので、助けなければという思いの一心だった」と中井。その言葉通り悪い流れを断ち切り三者凡退。ピンチを切り抜けた中井に代わり7回に川井(営2)、8回に中村允(国3)、そして最終回の大符(国1)と一丸となって相手に追加点を与えずに2対1のまま最終回に入る。

「最終回打ってやろう」。その気持ちで鈴江(国4)は打席に立った。一死1塁の場面で、鈴江は右中間を越える適時二塁打を放ち同点のランナーがホームに返り試合は振り出しに戻る。その後、2アウトと追い込まれ大符がピッチングの準備を始める。打者は、この試合7番と打順を下げた主将の今西(文3)。フルカウントと追い込まれ、後のない第6球目。今西のバットにボールが当たり打球は右越え適時打となり逆転サヨナラ勝ち。主将の顔には安堵の笑みが見られた。

右越え適時二塁打を放ち2塁上で喜びを表現する鈴江

「投手は総力戦で挑んだ。中井はよくやってくれた」。春から大符、西(営2)と一年生投手が活躍していたが、この試合は上級生がチームを支えた。その頑張りに答えるべく、調子を落としていた今西のサヨナラ打。「今西は重圧を感じていたと思う。もっと能力があるので発揮してほしいと思った。今日の試合でプレッシャーをはねのけて欲しかった」。この試合、今西は4打数2安打。山本監督の願いは通じチームの勝利に貢献した。「投手陣の頑張りを知っていたのでどうしても点をとりたかった」。ベース上で見せたガッツポーズには彼の強い思いが感じられた。

<山本監督のコメント>
「今西には昨日打順を下げることを話した。本人は主将の重圧もあったと思うので気楽に考えて欲しかったので7番に落とした。もっと能力のある選手なので発揮できるようにこれをきっかけに調子があがっていってほしい。投手陣はまさに総力戦だった。勝ち投手は大符だが中井には目に見えない勝ち投手はお前だという風に話した。中井がピンチを凌いでくれてよかった。欲を言えば中村で終わりたかったがやむを得ない状況だった。今日の勝ちは大きい。一戦一戦気が抜けないので結果にこだわらず与えられたことをまっとうしてほしい」

<今西主将のコメント>
「最終回フルカウントになった時、どんな球にもくらいつく思いでした。監督さんには気楽に行けと言われたので力を抜けて打てた。今日ヒットが出てだいぶ楽になった。自分のことよりチームのことを考えてチームのためにという思いで試合に挑んだ。打った瞬間頼む、抜けてくれと願っていた。サヨナラ打になってくれてほっとした。今日のサヨナラ勝ちの流れのまま一試合一試合検挙にやっていきたい」

サヨナラ打を放ちガッツポーズを見せる今西

<鈴江選手のコメント>
「今日は下位打線が頑張ってくれた。ピッチャーを助けてあげたかったので最終回決めてやろうという気持ちでいた。1点返せたので良かった。今西はもっている男なので打ってくれると信じていた。自分自身は春万全な状態じゃなかったので今季はベストな状態で試合に臨めていると思う。怪我なくシーズンを終えるように体のケアを怠らないようにしたい」

<中井選手のコメント>
「マウンドにあがった心境は菊池が頑張ってくれたので上級生が助けなければならないと思って自信ついてきたものを発揮させた。ピンチくぐり抜けれたのでチームに勢いも付いたと思う。監督にバッターに向かっていけと言葉をかけられたのが自信につながった。実戦から離れていたので不安がよぎったが気持ちを切らさずに投げるのをこころがけた。これから期待に応えられるように頑張っていきたい」

(記事 龍魂編集室 林蘭子/ 写真 松本一輝)

ページの先頭へ

ページの先頭へ