硬式野球部

若手の活躍光り勝利!

9月1日に皇子山野球場で関西六大学野球秋季リーグ戦、対大阪商業大学との2回戦が行われた。先発西(営1)は1回に先制を許すも威力あるボールを投げ込み、7回2安打1失点の好投。打線は4回表、二死満塁から木村(文3)の押し出し四球で同点に追いつく。7回表に代打畑(営2)がヒットで出塁すると、9番山内(社2)が右中間を破る適時三塁打で勝ち越しに成功。1番近藤(国2)もショート内野安打でつなぎ、もう1点を追加した。試合は激しい雨により7回雨天コールドで終了。3対1で勝利をおさめた龍大は、対戦成績を五分に戻した。

7回を好投した西

7回表の攻撃。1対1のまま静かに進んでいた試合を、指揮官は先手を打って動かしにかかる。「いつでも試合に出られるよう準備していた」という畑(営2)が代打に告げられた。畑はバットを振り抜き、センター前ヒットで出塁。犠打で一死二塁とすると、9番山内(社2)に打席が回る。「今西さん(文3)の姿を見て、自分もなんとか塁に出て1点でも取りたいと思った」。前の攻撃時にヘッドスライディングをみせた主将の闘志を受け、山内は思いを奮い立たせていた。ボールの真芯をとらえた打球は、鋭く右中間を破る適時三塁打になる。三塁へ滑り込んだ山内は塁上で笑顔を見せた。その後も1番近藤(国2)がショート内野安打でつなぎ貴重な適時打とするなど、若手たちが試合の均衡を破った。

勝ち越しの走者として生還し笑顔を見せる畑

守備では先発した1年生、西の投球が冴えわたる。なかでも直球の球威は「いい感覚で気持ち良く投げることが出来た」と自身で語るほど。課題であるスタミナも安定し、テンポよくボールを投げ込んだ。負けられないこの試合で7回2安打1失点という素晴らしい活躍をみせた。また昨日課題として挙げた守備の乱れも今試合ではエラーは1つだけに軽減され、守備からもチームは立て直されていた。

「チーム総力戦で勝つ」。チームの一丸性を高めるため、山本監督が選手に呼び掛けている言葉だ。代打や代走などで若手選手の起用も増えており、選手全員で試合を戦うという意識付けが今日の勝利を引き寄せた。刺激し合い高め合うチームが次戦も全員野球で勝利し、勝ち点を掴んでくれるだろう。勝ち点を懸けた3回戦は9月11日、皇子山野球場で午前10時試合予定です。

三塁上で笑顔を見せる山内

<山本監督のコメント>
「(西投手について)丁寧な投球ができたと思う。相手を2安打に抑えたことは評価したい。(8回の攻撃について)均衡したゲームの流れはなかなか変わらない。しかしそんな時は自らが流れを変えに動かねばならない。先に動くことは勇気のいることだが、今日は龍大有利に試合を動かせたことがよかった。選手層の厚さが試合に影響してくる。チーム総力戦であることを意識づけ、全員で勝つ姿勢を見せたい」

<西投手>
「秋リーグ初戦だが気持ちは楽に臨めた。自分の出来ることをしっかりやったことが結果につながったと思う。スタミナの持続を課題としているが、今日は悪くなかった。直球の一番調子がよく、いい感覚で気持ち良く投げることが出来た。投げるからには結果を残せるように投げたい」

<畑選手>
「昨日チャンスで打てなかったので、塁に出たい気持ちで打席に入った。選手全員が持ち場を守り試合に出る準備をしている。チームはとてもいい雰囲気の中で試合に臨めている。勝ち点を取ってこそ本物だと思う。明日負ければ今日の勝ちも意味がないので、チーム総力戦で全員で勝ちにいきたい」

<山内選手>
「(7回の勝ち越し適時三塁打について)なんとか塁に出て1点でもほしいという気持ちで思いっきりいった。打球を打った時は(右中間を)抜けてくれと思った。下級生である自分がチームの足を引っ張らないようにと思っている。自分の役割をこなし、明日も脇役らしく頑張っていきたい」

<近藤選手>
「(7回の追加点の場面)昨日今日と1番打者としてチームに貢献できなかったので、必死にやるだけだと思い打席に入った。ヒットになり安心した。結果的にいい場面で秋季初ヒットが出て安心した。優勝のために勝ち点は落とせないので、チームが勝つために自分に出来ることをやるだけ」

(記事 龍魂編集室 隠岐智夏/写真 堀浩治)
龍魂編集室では新入部員を募集中!
興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ


ページの先頭へ

ページの先頭へ