硬式野球部

2012春季キャンプin高知県室戸

3月2日から13日まで毎年恒例の高知県室戸で行う春季キャンプを密着した。春季キャンプでは基本的なことの確認から、試合を想定し様々なケースでの打撃、守備、走塁などを繰り返す。時には選手同士で意見を言い合い悪いところを直していく。

 また今年で勇退となる椹木監督にもお話を伺った。「今年は何としても全国で1勝したい」と目標を尋ねるとそう熱く語った。昨年、春の全日本大学野球選手権ではタイブレークの末敗退し全国6連敗。雪辱を誓った秋は神院大の勢いに屈しリーグ2位。監督・コーチ・部員全員が今年こそと意気込んでいる。「井口(社4)と杉上(法4)の2枚が軸。打撃は古本の前に走者をどれだけ溜められるかというところ」と4年生の名を3人挙げた。井口と杉上の調子が万全ならリーグ優勝は固い。そしてドラフト候補にも上がる古本は昨秋ケガにより出場は2試合にとどまったが、今春は復活を果たしチームを勝利に導く。

 4年生に主力に多い今年の硬野。経験豊富な彼らがチームを引っ張ればリーグ優勝はもちろん全国での一勝も手にするはずだ。勝利を掴むその時まで選手達は練習に励む。

春季キャンプの様子

主砲の古本にチームの優勝は懸かっている。

 

(記事 龍魂編集室 佐藤和季/写真 龍魂編集室 宮本恵介)
 龍魂編集室では新入部員を募集中!
 興味を持たれた方はtokoton_ryukon@hotmail.comへ 

ページの先頭へ

ページの先頭へ