硬式野球部

【硬式野球部】投手陣粘投も、代打攻勢実らず遠かった1点

23日、関西六大学野球春季リーグ第4節京産大戦が行われた。1試合目を2-1で制している龍大はこの試合も勝って勝ち点を獲得したいところだったが、7回に投手陣が粘り切れずに逆転を許し、2-1で敗れた。

 

向井義IMG_3459【好投を見せた向井義】

 

龍大は、先発の向井義(社1)がマウンドに上がる。初回は、エラーでランナーを出すが、後続を併殺打で打ち取り、無失点で立ち上がりを終える。1回裏、龍大は二死から安打と相手のエラーで二死一、二塁を作ると、前日に2ランを放った西脇(社3)がライト前にタイムリーを放ち1点を先制する。向井義は走者を許すもののストレートと変化球のコンビネーションで、いい当たりこそ飛ばされるものの、決定打を許さない粘りの投球で、6回を投げ切った。

 

西脇さん【タイムリーの西脇】

 

7回表に、一死三塁のピンチを招くと、二番手竹村(文1)から三番手の中田(社4)へと継投される。しかし、京産大1番山本は会心の当たりではなかったものの一二塁間をしぶとく破るタイムリーを放つと、二死一塁から3番杉野にも右中間へのタイムリースリーベースが飛び出し、この回2点を奪われ逆転される。この試合で今節勝ち越しを決めたい龍大は、7回裏、5番西脇がヒットで出塁すると、二死二塁から代打大西(社3)が死球を受け、二死、一、二塁を作ると、代打別府(社3)がファールで粘った後に、ライトへのヒットで二死満塁と好機を広げる。しかし、後続が続けずこの回は無得点に終わってしまう。中田が8、9回を無失点で切り抜ける。9回裏も二死から寺崎(社4)ヒットで出塁するも、得点に結びつかず、龍大は2-1で敗れた。今節の行方は23日の3戦目に持ち越された。

 

別府さん【代打でヒットを放った別府】

 

(龍魂編集室 記事/青木学登 写真/松本早紀・青木学登・渡部恭大)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ