硬式野球部

【硬式野球部】相手守備の隙突く、打線爆発で第三節勝ち越し

 

17日、関西六大学野球秋季リーグ第三節大院大戦がわかさスタジアム京都で行われた。今節の成績は一勝一敗のタイで、両チームとも攻守に拮抗した展開であったが、三戦目は相手の隙を逃さなかった龍大がビッグイニングを作るなど、打線が繋がり快勝。投手陣も、先発駿河(政3)が6回を投げ切り大学初勝利を飾った。

 

駿河さん WEB【大学初勝利の駿河】

 

試合は同点の6回裏、6番秋山(社2)がライトへのツーベースで出塁すると犠打と四球を挟み一死二、三塁から9番田淵(社2)のレフトへのタイムリーで勝ち越し。さらに、一番滝野(社3)は四球を選ぶと続く二番堀口(理4)の打席で相手投手がワイルドピッチをし、もう1点を追加。ダメ押しに、二死満塁から代打寺崎(社4)がタイムリースリーベースを放ち、大院大投手陣を打ちのめした。龍大投手陣は、先発駿河が6回6被安打1失点5奪三振と粘りの投球を見せ、7回表からは、二番手上谷(文2)が3イニングを無失点で大院大打線を抑えた。対する大院大は、守備の乱れから失点をして、リズムを崩した形となった。

龍大は、第4節で京産大と対戦する。

 

WEB記事寺崎さん【代打タイムリーの寺崎】

 

〈コメント〉

杉森監督「勝ててよかったです。先発の駿河が捕手の石田とともによく抑えてくれたのが大きかった。(代打タイムリーの)寺崎は良く打ってくれました。(春と比べて)投手陣が3,4点で抑えてくれているのが大きい。序盤で5、6点取られてしまうと主導権を握れない。ピッチャーの踏ん張りが(大きい)。(次節は京産大との対戦だが)序盤で、投手が最少失点で抑えてくれれば(良い)。(春は二連勝できたが)まぐれとは言わせないように」

 

寺崎主将「(狙い球は)真っすぐを絞っていた。(手ごたえは)打った瞬間超えたと思った。春は、ひとつ勝って、二つ目で落として、三つ目も落とすことが多かったが(勝てたので)成長しているところだと思う。(夏の間は)投手陣は、徹底した走り込みをした。バッター陣はシートバッティングやバントなどに(春よりも)力を入れてきた。(次節の龍産戦は)春は足で崩していったが、相手も研究して警戒してくると思うので、そこは思い切ってかき回していきたい。春もそうだが、ミスをしたほうが負けるのでしょうもないミスはしないようにしていきたい。(京産大は)春と比べたら打撃が上がっていると思う。川辺君も復活しているので研究していきたい。力の差はないと思うので、見えないミスをなくしていきたい」

(龍魂編集室 記事・写真/青木学登)

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ