硬式野球部

【硬式野球部】好機生かせず、大経大に連敗

16日に南港中央公園野球場で行われた関西六大学野球春季リーグ第6節、龍谷大対大経大は2ー4で大経大が制した。龍谷大は、1戦目を負けているために連敗は避けたいところだったが、再三の好機を生かせず大経大の先発左腕内林を打ち崩せず連敗となった。

 本日の第2試合目となった大経大との一戦は、第1試合目に神院大が大院大に勝利したため3位京産大、4位龍大の優勝の可能性の完全消滅が決定した後のゲームとなった。

BD6A6A0F-E4F5-427B-80A5-2840AF0CD920【2点本塁打以外は上々の投球だった先発の駿河(政3)】

 3回裏に、先頭の山本(国3)が四球で出塁すると9番柴本(社3)の左前適時打で1点を先制する。5回表に無死一塁から2点本塁打で逆転を許すがその裏に一死満塁から寺崎(社4)の二ゴロの間に1点を返し同点に追いつく。しかし、7回表に一死二塁から中前適時打を打たれると8回表にも一死三塁からスクイズを決められてとどめを刺された。龍大は、次の最終節の大院大との試合で連勝して上位へ割って食い込みたい。

378A5B02-93A9-4AF1-AC2A-5CC9864DF46B【猛打賞を記録した柴本(社3)】

【杉森監督コメント】

駿河投手はよく頑張った。エラーの後のホームランだけだった。ホームランの次の回も点をとられたがまともに打たれたわけではなかった。次の大院大戦は勝つしかない。

(龍魂編集室 記事/写真 青木 学登)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで!

ページの先頭へ

ページの先頭へ