硬式野球部

【硬式野球部】伝統の試合、龍産戦!白星ならず

 

9月23・24日、関西六大学野球秋季リーグ第4節対京産大2回戦がわかさスタジアム京都で行われた。

 

1日目

 

2回表、相手の本塁打と適時二塁打により2点の先制を許す。3回裏で菅根(国3)のソロホームランにより1点を返すもその後相手の打線が続き追加点を許してしまう。6回で寺崎(社3)が左前適時打を放つも打線が繋がらない。最終回裏で二死二三塁のチャンスを作るも得点することはできなかった。結果は5―1と負けを喫した。

10菅根

【ソロホームランを放つ菅根】

 

15古口

 

【力強いピッチングを見せる古口】

 

 

2日目

 

龍産戦での連敗が続くなか1日目を1―5と敗北に終わる。なんとか2日目を勝利で飾りたがったが京産大の壁高く0―4で敗れる。

 

先発を任された橋山(済3)は走者を出すが2回までを無失点に抑える。また相手の攻撃を封じるよう堀口(理3)と北尾(社3)のダブルプレイが決まり得点を許さない。試合が動いたのが3回、今期好調の菅根(国3)のヒットが決まる。中井の犠打で一死二塁とチャンス到来。しかし打席続かず得点にはならなかった。裏には相手のタイムリー、盗塁と失点を許してしまい1―0と雲行きが怪しくなる展開に。巻き返したい龍大だがエラーや暴投が続き得点することなく試合終了となった。

 

京産大との伝統の試合である龍産戦。観客の応援も熱く湧くなか悔しさが残る結果に終わってしまった。連敗が続く中、来期に向けての課題を選手自ら見つけたのではないだろうか。そんな彼らの活躍を期待したい。

 

〈山本監督:コメント〉

「少ないチャンスをものにできなかった。勝ちがついていけてないので、最後の試合を勝利で飾りたい」

 

〈吉田主将:コメント〉

「試合の結果ではなく、連敗しているなか原因がしっかり掴めていないから勝ちに繋げられていない。選手みんなの勝ちに対する気持ち、諦めない気持ちがあれば何かが変わると思う。最終節は一戦目と同じ気持ちでしっかり戦い、勝ちで終われるようにしたい」

 

(龍魂編集室 記事/写真 関真由子 松本早紀 青木学登 勝間晴香)

 

龍魂編集室に興味のある方は

 

Tokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ