硬式野球部

【硬式野球部】対神院大 形勢逆転で龍大勝利!!

 

    9月19日、2017年関西六大学野球秋季リーグ第3節対神院大2回戦が京都わかさスタジアムにおいて行われた。2回で先制を許すも4回裏、西脇(社2)のツーランホームランで同点に追いつく。8回裏甘利(社3)のソロホームランにより形成逆転、9回を守り切り3―2で見事勝利を飾った。

 

   2回表、相手の本塁打と適時二塁打により2点の先制を許してしまう。しかし4回の裏、西脇の振るったバットが高い音を上げる。右中間の本塁打、ツーランホームランとなり2点を一気に取り返し龍大に試合の流れを引き寄せた。投手の橋山(済3)は走者を出すも要所を締めるピッチングと龍大守備の固さで追加点を許さない。8回裏、甘利が本塁打を放ち得点を追加。龍大本日2回目のホームランとなり形成逆転の展開を見せる。9回表、神院大はチャンスを作るも代走が牽制死、中田(社3)が無失点で抑えた。3―2で龍大の力を見せつけ試合終了。

 投手橋山

【力強いピッチングを見せる橋山】

 

甘利

 

【ソロホームランを決めた甘利】

 

 

    開幕からずっと勝ち点を取れず苦しい展開だった。今節は2連勝で終え、歓喜に湧いた。次は伝統の龍産戦、この勢いのまま勝利を掴んでほしい。

 

〈橋山選手:コメント〉

「立ち上がりが悪く、今日もダメかと思ったが味方を信じ投げ続けた。同点に追いついた後も仲間を信じ投げ続けることが出来た」

 

〈甘利選手:コメント〉

「春も取れていなかったので、ここでやっと勝ち点が取れたことは本当に大きい。8回の本塁打は体が反応した。今リーグから一番で打つようになってやっとチームに貢献できたかなと思う」

 

〈山本監督:コメント〉

「ずっと開幕から苦しい展開でスタートしていたので、昨日なんとか一勝して少し固められたというか。勝ちから遠のいていたので選手のストレスも精神的に楽になったと思う。投手は立ち上がり1回2回とヒット数も多かった、それでも回を追うごとに調子も上がっていた。序盤は不安な立ち上がりを自分でも感じていたと思うが気持ちも楽になっていたと思う、あとは100球を目処にというところで中田も入ってきてくれたので後ろの心配を少し軽減してくれたと思う。中田にはピンチと思う必要はないという事と自分のピッチングに集中しようと話をした」

 

(龍魂編集室 記事/関真由子 写真/青木学登)

 

龍魂編集室に興味のある方は

 

Tokoton_ryukon@hotmail.comまで!!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ