硬式野球部

【硬式野球部】無念の敗退 次戦に挑む!

5月14日南港中央野球場において関西六大学野球春季リーグ戦、第6節対大院大1日目が行われた。リーグ戦も残り少なくなってきたなか、なんとか勝利を掴みたい龍大。しかし1-7で敗れてしまった。

 

初回から相手の猛攻に押され満塁になるが、しっかり抑え得点させない。先制点を2回表に取られてしまう。だが、裏にチャンス到来。瀧井(社3)、正木(済2)のヒットにより無死1,2塁。正木の盗塁も成功し1,3塁と得点に大きく近づくが、打線が続かず2回終了。しかし黙っていない龍大。正木が適時二塁打を放ち1点返し5回前に1-2と点差を縮める。これ以上得点を許せないなか、相手のペースに押され1-7と圧倒されてしまう。最後まで粘り続けたが反撃無くして1-7で敗戦した。

 

写真15

【写真 ヒットを放つ正木】

 

「勝てない」と主将の吉田(社4)が語る。勝ちから遠のいている龍大。残りのリーグ戦、一戦一戦噛み締めて挑むだろう。そんな彼らを最後まで応援し続けよう。

 

〈吉田主将:コメント〉

「残塁が多いなか、得点できない。毎回負けて敗因が出て、解決策を見つけるが勝てないのは、自分たちのできているというラインが低いからではないかと思う。そのラインの質を上げていかないと結果は変わらない。」

 

(龍魂編集室 記事/松本早紀 写真/関真由子)

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

 

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ