硬式野球部

【硬式野球部】春季リーグ開幕 対大経大

4月9日、明石トーカロ球場において関西六大学野球春季リーグ第2節2戦目対大経大が行われた。1戦目を3―8で負けを喫し何としても3戦目に持ちこみたい龍大だったが、3―4とあと一歩のところで勝利を逃す。

 

先発は古口(社2)の活躍により2回までを抑える。点が動いたのは3回、大経大に1点を許すも龍大は固い守りを見せ追加点を防ぐ。3回裏、田頭(社3)の一塁打に続き石井(国3)が打線を繋げる。一死一三塁のチャンスを北尾(社3)のヒットで2点を獲得。5回表、2点を奪われ2―3で8回を迎える。二死一二塁の好機を堀口(理3)の長打により1点を追加し同点に追いつく。

しかし、9回で失点、取り返そうと最後まで粘るもあと一歩届かず悔しくも3―4と負けを喫する。

 

写真10

【写真 先発の古口】

 

開幕戦、惜しくも白星を逃した龍大。しかし春季リーグは始まったばかり、ここから巻き返して欲しい。頑張れ龍大!!

 

山本監督

「よく頑張っていたが残念だった。チームの雰囲気も悪くはなかった。取りきれなかったところは結果として受け止めて、そこを課題にして鍛えていきたい」

 

吉田主将(社4)

「これまでは点数を取られてからの追い上げが薄かったが今日の試合では逆転できるイメージが出来た部分をプラスに考えたい。それを次の大商大との戦いに活かせるようにしていきたい。自分達のミスから生まれる相手の流れっていうのがあるので昨日今日の試合をしっかり反省したい。」

 

(龍魂編集室 記事/関真由子 写真/松本早紀)

龍スポ148号 発行中!

龍魂編集室では新入部員を募集中!

興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.com まで!

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ