硬式野球部

【硬式野球部】伝統の龍産戦!無念の2連敗に

9月24日、25日にわかさスタジアム京都において関西六大学野球秋季リーグ第4節、龍産戦が行われた。龍産戦とは京産大との間で行われる伝統の一戦。5季連続敗戦の状態で挑んだ今季、1回戦目は0―7で、2回戦目は1―7で敗れ、今季も龍産戦を制することは叶わなかった。

 

〈1回戦〉

龍産戦の大事な1回戦の先発を任されたのは瀧中(社4)。山本監督が「エースだから」と絶対の自信をおく投手である。1回、四球で甘利(社2)が出塁すると、その後4番西脇(社1)のヒットで一三塁に。しかしその後が続かず得点のチャンスを逃す。2回も相手の暴投の隙を狙って三塁までは進むものの得点にはならず。3回、4回は攻防戦が続いたが、瀧中がしっかり抑えて失点を防ぐ。だが5回、相手打線にもまれ2点を先制される。続く6回には龍大の失策が絡み、一気に5点を相手に追加され、7点差となる。後半7、8、9回は塁に出るも得点には結びつかず、0―7で試合終了となった。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f5

【写真 先発を任された瀧中】

 

〈2回戦〉

1回戦を0―7で負けを喫し、もうあとがない龍大。なんとしても勝利を収め、3回戦に持ち込みたい。

初回、投手陣による攻防戦が続いた。3回で瀧井(社2)が出塁しチャンスを作るも点につながらない。4回相手の連続安打と龍大の失策を加え一気に7点先制を許してしまう。7回寺崎(社2)が二塁打を放ち、続く橋爪、瀧井の犠打によりなんとか1点を返す。その後ヒットを放つも打線がつながらず4回相手得点がひびき悔しくも1―7で試合終了。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f6

【写真 二塁打を放つ寺崎】

 

秋季リーグも折り返し地点に突入。桑山が「もう一つも落とせない、チーム皆で切り替えてもう一度優勝目指して頑張りたい」と語ったように秋季リーグもう一戦も落とせない。

 

 

〈山本監督のコメント〉

「期待せずに送るホームピッチャーはいない。野球は弱い方が負ける、弱いから負けた。それを追及して修正していくしかない」

 

〈桑山主将のコメント〉

「龍産戦はチームのダメな部分が出ていると思う。チームが龍産戦に対していいイメージを持っていないので守備の面で硬くなったように感じた」

 

〈瀧中選手のコメント〉

「勝ちきれなかった。バッターが点を取れないなかでどうやって抑えるか、それが自分の課題になってくる。チーム一丸となって一戦一戦勝っていくしかない」

 

 

 

 

(龍魂編集室 記事/写真 長谷川真美、関真由子 /写真 松本早紀)

 

龍魂編集室では新入部員を募集中!

 

興味のある方はtokoton_ryukon@hotmail.com.まで

ページの先頭へ

ページの先頭へ