硬式野球部

【硬式野球部】伝統の龍産戦敗れる

5月5日、わかさスタジアムにおいて第5節2回戦、対京産大との試合が行われた。1回戦を3-6で負けを喫しもう後がない龍大。なんとか勝ちきり3日目を迎えたい。しかしリードを許し、点を返すも届かず惜敗した。

 

初回に4点を許し序盤から苦しい展開となり、0-5で3回表をむかえる。菊池(社4)が出塁し流れを作る。一死満塁のチャンスで梅田(社4)の犠飛により1点を返す。勢いに乗った龍大は続く中村崇(社4)の長打によってさらに1点を追加する。だが、その後相手に4点の追加を許し、2-9で5回を終える。6回表、中村崇(社4)の適時2塁打によって好機到来。「ここで一本出してなんとしても一点を取ろうと思って打席に入った」と語った桑山が3塁打を放ち1点をおさえる。しかし反撃はここで終わり、3-10で試合終了。今回、投手陣の交代が多く課題が残る。

 

写真1

【写真】適時3塁を放った桑山

 

春季リーグはまだ終わっていない。残りの試合をすべて勝利で収めてほしい。そして秋季リーグ、今大会の課題を修正し一回り成長した龍大戦士の活躍に期待したい。

 

〈桑山主将:コメント〉

「初回の4点がひびいた。抑えないとだめなところで打たれていた。相手は狙い球絞って確実に打ってきていた、龍大はそれができなかったことが今回の京産との違い。今後はできるだけ上位をねらってひとつでも落とさないようにしていきたい。」

 

〈山本監督:コメント〉

「チームのコンディションは見ての通り。投手陣の交代は考えていなかった。大符で行けるとこまでいこうと思っていたが代えざるを得なくなった。打線の方はある程度点をとれているが、守備をもっと強化して見直さないといけない。次の試合まで、できることをやるしかない」

 

(龍魂編集室 記事/関真由子 写真/長谷川真美)

 

龍魂編集室では新入部員を募集中!

 

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで‼

ページの先頭へ

ページの先頭へ