硬式野球部

【硬式野球部】序盤の失点が響き、敗戦

10月18日、舞洲ベースボールスタジアムにおいて2015年関西六大学野球秋季リーグ戦、第7節が行われた。龍大は大院大と2回戦を戦い、序盤に4点のリードを許すも終盤に追い上げを見せ1点差に迫ったが、あと一歩及ばず惜敗した。

 

試合は3回表に大院大の猛攻にあう。この回だけで4点を奪われ龍大は序盤から苦しい展開に。その後、両チームとも2点ずつを取り合い2-6で迎えた7回裏。2死から山口(文3)がエラーで出塁すると、ここで4番の中村崇(社3)が適時二塁打を放ち、点差を縮める。しかしその後は得点につながらず、試合はいよいよ9回裏へ。意地を見せたい龍大は先頭の代打上辻(経済1)が四球で出塁するも、ランナーを進められずあっという間に、2死一塁となってしまう。ここで打順は2打席連続で適時打を放っている中村崇を迎える。「開き直って打席に入った」と狙っていたスライダーを振りぬいた。打球は本人も感触がなかったと振り返るほどの特大アーチを描いた本塁打となり、5-6と1点差にまで詰め寄った。試合は惜しくもこのまま終わってしまったが、中村崇はこの試合、3安打4打点と圧巻の活躍を見せた。

 

写真1

【写真 3安打4打点の活躍を見せた中村崇】

 

これで1勝1敗となったため、勝ち点をかけて翌日行われた3戦目に挑んだ龍大だったが、負けてしまい4位でリーグ戦を終えた。しかし、個人成績では中村崇が首位打者争い、宮崎(社2)は打点王争いを繰り広げる活躍を見せた。どちらも僅差でタイトルを取れなかったが、他にも北尾(社1)がベストナインに選ばれるなど、堂々の結果を残している。着実に力をつけてきている龍大硬式野球部。「次の春リーグは優勝して神宮にいきたい」と主将の桑山(社3)がコメントしてくれたように、来年の春こそ王者奪還を目指す。

 

写真2

【写真 打点王争いをするほどの活躍を見せた宮崎】

 

<山本監督のコメント>

「やるべきことがやれていない。取れるアウトが取れなかった。投打のバランスが上手くいかなかった。勝負強さがこれからの課題」

 

<桑山主将のコメント>

「相手のミスが多かったのに勝てなかったのはもったいない。打線がもっと早く援護しなければいけなかった。課題を直して優勝して、神宮に行きたい」

 

<中村崇選手のコメント>

「(9回の本塁打について)相手がスライダーでカウントをとってきたり、空振りをとっていたので4番として叩いておきたかった。来年の春は、チームは優勝。個人としては首位打者をとれるよう頑張りたい」

 

(龍魂編集室  記事/ 写真 松本一輝)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com

ページの先頭へ

ページの先頭へ