硬式野球部

【硬式野球部】先制するも逆転許し連敗、龍産戦の勝ち点奪えず

9月20日、わかさスタジアム京都において2015年関西六大学野球秋季リーグ戦、第4節が行われた。龍大は京産大と2回戦を戦い、初回に幸先良く先制するも3回に逆転を許し1-7で敗北した。

 

初回、いきなり龍大がチャンスを迎える。1番の田頭(社1)がレフトへ二塁打を放つと、続く石濱(社1)が犠打でランナーを進め1死三塁の場面を作る。そして、3番の梅田(社3)が二塁ゴロを放ちその間に田頭が生還し先制点を奪う。そして3回、またも田頭が安打を放ち出塁する。田頭の勢いはまだ止まらない。2番の石濱の打席で、すかさず盗塁を決めチャンスを演出した。試合後、田頭は「練習で先輩方に教えてもらったことを試合で出せるように意識している」と打撃好調の要因を振り返った。

 

写真1

【2安打の活躍を見せた田頭】

 

この日の先発は菊池(社4)。「このリーグで最後なので自分の全力を出す」と気持ちを入れた菊池。ランナーを出すものの、要所を締め1、2回を無失点で切り抜ける。しかし3回裏、2死二塁から適時打を許すと続く打者には本塁打を浴び、一気に逆転を許してしまう。「あの本塁打が全てだった」と菊池は試合後に悔しさを見せた。反撃したい龍大だったが、後半はチャンスを作れず初回にとった1点止まり。また、終盤には追加点を許し結果1-7で敗戦した。

 

 

写真2 (1)

【先発した菊池】

 

この秋の龍産戦は2連敗で勝ち点を取れなかった龍大。しかし、まだ優勝争いをしていることに変わりはない。このリーグで引退となる菊池は「色んな人に恩があるので、自分が良い結果を残すことで恩返しになればなと思う」と次節へ意気込みをみせた。優勝目指して、残り試合も頑張れ龍大!

 

 

<山本監督のコメント>

「勝負どころの弱さが出た。相手が良い投手なので、2、3回のチャンスをものにするかが大事だった。菊池は最後のリーグなのでチームに貢献しておわってほしいという期待を込めて投げさせている」

 

<田頭選手のコメント>

「練習で先輩方に教えてもらったことを試合で出せるように意識している。連敗は悔しいなんとか気持ちを切り替えていきたい」

 

<菊池選手のコメント>

「あのホームランが全てだった。今まで、打線に助けられていたのでもっと投手が踏ん張らないといけない。色んな人に恩があるので、自分が良い結果を残すことで恩返しになればなと思う」

 

 

(龍魂編集室  記事 松本一輝 / 写真 長谷川真美)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com

ページの先頭へ

ページの先頭へ