硬式野球部

【硬式野球部】龍産戦!投手戦の末に…!

9月19日わかさスタジアムにおいて第4節1回戦、対京産大との試合が行われた。先発した瀧中(社3)は9回まで0を並べて味方の援護を待ったが、10回表に得点された。その裏の攻撃で意地を見せたい龍大打線だったが反撃とはならず0―1で敗れた。

 

伝統の龍産戦に先発したのは瀧中。1回表にランナーを出すも後続を打ち取り、立ち上がりを無失点に抑える。しかし味方打線が相手投手に苦しみ、瀧中は我慢の投球が続く。すると瀧中の好投に野手が応えた。7回表、2死二塁のピンチの場面で二遊間に打球が飛ぶ。その打球に反応したのは遊撃手の田頭(社1)。ダイビングキャッチでボールを収めると飛び出したランナーを見てボールを三塁へ。挟殺プレーでアウトとし、好プレーを見せた。

 

写真1 (1)

【好投を続ける瀧中】

 

打線は先制点が奪えないまま9回裏2死からチャンスを作る。好守をみせた田頭がセンター前にヒットを放つ。続く石濱(社1)はサードにセーフティーバント。走る石濱は一塁にヘッドスライディング。きわどい判定はセーフとなり龍大に流れを呼び込んだ。2死1、2塁のチャンスにバッター梅田。しかしファーストフライに打ち取られサヨナラとはいかなかった。

 

9回を投げぬいた瀧中は10回表もマウンドへ。しかし味方の失策でランナーを出すと

1死3塁のピンチを迎える。粘りを見せたい瀧中は続く打者をファーストゴロに打ち取る。しかしバウンドが高い打球となり三塁ランナーはホームイン。これが決勝点となり、龍産戦初戦は0―1で敗れた。

 

投手戦となった龍産戦初戦。先発した瀧中は10回を一人で投げた。試合後「瀧中に関しては満足する内容だった」と山本監督は瀧中の好投を称えた。しかしそれ以上に好投をみせた相手投手を打ち崩せなかった龍大打線。それでもバントヒットが2本出るなど小技が光った。龍産戦はまだ始まったばかり。残りの試合、打線の奮起に期待したい。

 

 

〈山本監督のコメント〉

「先発の瀧中は去年の春から見ても出来は最高のパフォーマンスだった思う。瀧中に関しては満足する内容だったと思う。打線に関してはここ4試合打線のほうで勝利を導いてくれている。この一回打てなかったからといって責めるわけにはいかない。打てないときはピッチャーが守る、打てるときは打線が援護して勝つ、そのへんのバランス。うちの打線以上に相手ピッチャーの津田くんの出来が素晴らしかった。誰を責めるというわけでもなく津田くんを称える試合だった思う」

 

〈桑山主将のコメント〉

「完敗だった。津田さんは良かったと思いますし、チャンスも1個か2個だった。ピッチャーの差だと思う。瀧中には悪いことをしたと思う。最近、ずっと瀧中は点を取られて、今日はいいピッチングをしてくれたと思う。悔しいがしょうがないかなとも思う」

 

〈瀧中選手のコメント〉

「今季全然いいピッチングができていなくて野手に助けてばかりいたので、そろそろピッチャーで勝ちたいと思っていた。監督さんにもずっと言われていたのが試合中にどれだけ自分の球を投げられるかだったので、今日は開き直って自分の球が投げられたのかなと思う。それがいい結果になったので良かったと思う」

 

 

(龍魂編集室 記事 向川 佳佑 / 写真 長谷川 奏珠)

龍魂編集室では現在新入部員募集中!!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ