硬式野球部

【硬式野球部】打線が2ケタ安打の活躍で開幕戦に勝利

8月29日、皇子山総合運動公園野球場で関西六大学野球秋季リーグ戦、第1節が行われた。龍大は大経大と1回戦を戦い、打線が2ケタ安打と奮起し6-5で開幕戦に勝利した。

 

 序盤は龍大ペースで試合が運ばれる。初回に2死三塁の場面で中村崇(社3)が右前適時打で龍大が先制する。さらに中村崇は3回と8回にも適時打を放ち、この試合4安打3打点と大暴れした。また中村崇だけでなく、この日は合計13安打と開幕戦から龍大打線が実力を見せつけた。試合後、中村崇は2ケタ安打の打線について「皆積極的に打っていったのが、良い流れになったと思う」と振り返った。

 

写真1

【3本の適時打を放った中村崇】

 

 一方、春リーグに続いて開幕のマウンドを任された瀧中(社3)も躍動する。力強い投球を披露し8回まで3失点に抑え、先発の役割を果たす。しかし最終回、龍大がピンチを迎える。連続適時打で1点差に詰め寄られ、さらにピンチが続く苦しい展開に。だが、最後は瀧中から変わった菊池(社4)が意地をみせ、このピンチを乗り切りゲームセット。6-5で開幕戦の勝利をもぎ取った。

 

 

写真2

【力投する瀧中】

 

 ほとんどの4年生が引退し、この秋から新チームになった龍大。新主将の桑山(社3)は「去年の秋から開幕戦を落としていたので、勝ててよかった」と試合を振り返った。初戦に勝利し最高のスタートダッシュをきった龍大。この勢いそのままにチームは、優勝を目指して次の試合に挑む。

 

<山本監督>

「最終回はちょっとしたエラーで流れが変わってしまった。だが、結果的に勝ててよかった。反省するところは反省して次に備えたい」

 

<桑山主将>

「去年の秋から開幕戦を落としていたので、勝ててよかった。キャプテンとして自分ができることをして、春リーグ以上の結果を出したい」

 

<中村崇選手>

「大振りではなくコンパクトを意識して一打席を打った。目標は優勝。今日打ったからではなく明日からもつなげていきたい」

 

<瀧中選手>

「最近、開幕とれてないので、チームに勢いをつけようという気持ちで投げました。0点に抑えられた回があって良かった。逆に抑えられなかった回もあったので、もっと楽にしていきたい」

 

 

           (龍魂編集室  記事 松本一輝 / 写真 長谷川真美、関真由子)

                      龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

                   興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com

 

ページの先頭へ

ページの先頭へ