硬式野球部

序盤の失点が響き、敗北。龍産戦での勝ち点を逃す

5月6日、わかさスタジアム京都において関西六大学野球春季リーグ戦、第5節が行われた。龍大は京産大と3回戦を戦い、序盤に大きくリードを奪われ、その後1点を返すも反撃及ばず1-7で敗北した。

 

この試合、龍大は序盤から苦しい戦いを強いられる。初回、先発の菊池(社4)が2死満塁から連続適時打を許し一気に4点を先制される。さらに3回、2番手で登板した大符(国3)も流れを止められず、2点を追加され、6-0と大量リードを許してしまう。しかし、その後の大符は「イニングを重ねるごとに自分らしさを出せていた」と山本監督が語るように、4回以降は得点を許さず8回まで快投する。

1写真1

【写真1 落ち着いた投球をみせる大符】

 

一方の打線は、相手先発の津田の前にチャンスこそ作るものの、得点には結びつかずなかなか反撃ができない。しかし5回、1死一、三塁のチャンスを作るとここで迎えるのは3番の桑山(社3)。狙い球のストレートを振り切った打球は、詰まりながらもセカンドの後ろに落ち、適時打となり1点を返す。試合後、桑山は「外にシュートしたので芯で捕らえられなかったが落ちてよかった」と振り返った。しかし、反撃もここまで。その後はチャンスをものにすることができない。また、最終回にはさらに1点を追加されそのまま試合終了。1―7で敗北した。試合後、山内主将(社4)は「龍大のここ一番が出ない弱さが全面に出た試合だったと思う」と悔しさをみせた。

2写真2 (2)

【写真2 適時打を放った桑山】

 

この春の龍産戦は1勝2敗と惜しくも負け越した龍大。次で最終節を迎えるのだが、桑山は「4年生と一緒に戦うのも最後なので気持ち良く終わりたい」とこの春で引退する4年生のために勝利への意欲をみせた。また主将の山内も「絶対に勝ちたい」と意気込んでいる。最終戦を勝利し、有終の美を飾るために彼らの戦いはまだ終わらない。

 

〈山本監督〉

「立ち上がりの4点が重かった。大符はイニングを重ねるごとに良くなったので自信につながると思う。次が最後の試合なので勝って価値のある試合にしたい」

 

〈山内主将〉

「ここ一番で打ってほしいところで打てなかったのが自分も含めて今後の課題になると思う。次の試合で4年生は最後なので絶対に勝ちたいと思う」

 

〈桑山選手〉

「(5回の打席について)ここで返したいと思っていた。当たりは良くなかったが落ちて良かった。もう優勝はできないが、4回生と一緒に戦えるのも次が最後なので勝って気持ちよく終わりたい」

 

(龍魂編集室 記事 松本一輝/ 写真 松本晃平、隠岐智夏)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ