硬式野球部

雨に泣いた龍大、龍産戦の初戦は黒星

5月4日、南港中央野球場において2015年関西六大学野球春季リーグ戦、第5節が行われた。龍大は京産大と1回戦を戦い、序盤は龍大ペースで試合が進むも後半に逆転を許してしまい、2-4で敗北した。

 

小雨が降りしきる中始まった伝統の龍産戦。ゲームは初回から動く。1回裏、1死満塁のチャンスを迎えるとバッターは5番の中村崇(社3)。「皆が作ってくれたチャンスをものにしたかった」と意気込みスイングした打球は右中間を破る適時二塁打を放ち、龍大が2点を先制する。

写真1

【写真1 先制打を放った中村崇】

 

一方、大事な初戦のマウンドを託されたのは、石田(社2)。「先制点をとらないようにと思って投げた」と語るように、1回の攻撃を3者連続三振に打ち取る最高の立ち上がりをみせる。その後も力強い投球を披露し、6回まで1点に抑える。しかし7回、急激に強くなった雨が石田を苦しめる。2死3塁のピンチを背負うと、ここで適時三塁打を打たれ同点に追いつかれる。さらに次の打者の場面でストレートが抜けてしまいワイルドピッチで、逆転を許す。これが決勝点となり龍大は逆転負けを喫した。

写真2 (1)

【写真2 力投をみせる石田】

 

試合後、石田は「全体の投球は悪くなかったが、7回の場面に粘り切れなかった」と悔しさをにじませた。優勝するには、もう負けは許されない龍大。「1つでも多く勝つようにしたい」と中村崇が語るように、龍大の逆襲はまだまだこれからだ!

 

 

〈山本監督〉

「今日は雨に負けてしまった。状況に合わせて対応することができなかった。石田は投げるたびに内容が良くなっていたので、先発の1人になってくれるようにと期待を込めて今日の先発を託した。細かいミスがあったので、もっとミスを減らしていきたい。」

 

〈石田選手〉

「今日は自分のスタイルを出せたので投球の出来は悪くなかった。ただ、7回で粘り切れずに逆転を許してしまった。次また投げさしてもらえる時があったらその時は0点に抑えたい」

 

〈中村崇選手〉

「(1回裏の打席について)皆が作ってくれたチャンスをものにしたかった。狙い球などは特になく、とりあえずフライをあげようと意識していた。もう負けられないので、1つでも多く勝つようにしたい」

 

(龍魂編集室  記事 松本一輝 / 写真 長谷川真美)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.com

ページの先頭へ

ページの先頭へ