硬式野球部

前半龍大ペースもまさかの惜敗

4月26日、ほっともっとフィールド神戸において、2015年関西六大学春季リーグ戦第4節2戦目が行われた。相手は大院大。一時は龍大優勢だったが後半にミスが目立ち、3-6で惜敗した。

 

2回裏、1死一、三塁の場面で7番主将の山内(社4)。外のストレートに狙いを定め犠飛を放ち、龍大が先制する。4回裏、1死満塁のチャンスで8番中村辰(社2)が適時打を、続く9番桑山(社3)が犠飛を打ち、3点リードし龍大ペースで試合は進んでいく。しかし7回表、1死一、三塁から2本の適時打、犠飛を打たれてしまう。結果、この回一挙3点を返され同点に追いつかれる。さらに8回表、龍大の失策が絡み3点を奪われる。点を奪い返したい龍大だったが、一歩及ばず悔しい結果となった。

写真1 (1)

【写真1 先制打を放った山内】

 

主将の山内は「自分たちのミスで流れが変わってしまった」と振り返る。また、先発の瀧中(社3)は「この春チームに全然貢献できていないので、貢献できるようにしたい」と語った。次節はいよいよ龍産戦。伝統の戦いが幕を開ける。

写真2

【写真2 適時打を放つ活躍をみせた中村辰】

 

<山本監督>

「後半のミスが響くのは野球の象徴。ピッチャーにはピンチをしのぐテクニックを身に着けてほしい」

 

<山内主将>

「今日の負けは誰のせいでもない。もう負けられないので、龍産戦どうこうよりも1つ1つの試合を勝ちにいきたい」

 

(龍魂編集室 記事 長谷川真美 / 写真 松本一輝)

龍魂編集室では現在新入部員を募集中!

興味がある方はtokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ