硬式野球部

開幕戦の雪辱を果たし、今季初勝ち点を獲得!

4月6日、南港中央野球場において関西六大学リーグ戦、第1節3戦目が行われた。相手は神院大。小雨が降りしきる中、開幕戦の雪辱を果たすべく挑んだ龍大が見事4-1で勝利し今季初の勝ち点を獲得した。

鮮やかに二塁打を放った梶田

鮮やかに二塁打を放った梶田

2回裏、1死二、三塁のチャンスで9番梶田(社4)。「チャンスだったので先制点を取ろうと思って打席に入った」と振り返るように、宣言通り左適時二塁打を放ち2点を先制する。その後3回表に1点を奪われるも、試合は攻防戦が続く。さらに6回裏の押し出し、8回裏の2死一塁の場面での1番近藤(国4)の右適時三塁打で追加点をあげ、神院大に白星を付けた。

粘りの投球をみせた瀧中

粘りの投球をみせた瀧中

今試合の先発は開幕戦での惜敗を晴らすべく、自ら志願して登板した瀧中(社3)。「心のどこかで点を取られる不安はあったが自分で言い出した以上、責任をもって投げた」と語るように、1点こそ取られるものの丁寧かつ大胆な投球で9回まで完投した。

今後は強豪との対戦が控えているが、山本監督の「ピンチの時こそ遊び心を持て」という言葉を胸に今シーズン果敢に挑んでほしい。

〈山本監督〉
「同じ失敗は許されない。ピンチをピンチだと思わないことが大切。今回の勝利は最低ノルマですからね」

〈瀧中選手〉
「十分に休めていない状態での登板で点を取られる不安はあったが、自分で言い出した責任もあるので、キャッチャーを信頼して投げ込んでいった。今後は自分が投手陣を引っ張っていきたい」

〈梶田選手〉
「神宮に行くために何とか勝ち点を取ろうと頑張ったので良い結果につながった。気を抜かずに次の試合に臨みたい。目標は神宮大会ベスト4」

(龍魂編集室 記事 長谷川真美 / 写真 松本一輝)
龍魂編集室では現在新入部員を募集中!
興味がある方は tokoton_ryukon@hotmail.comまで

ページの先頭へ

ページの先頭へ